FC2ブログ

佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ3 ドン』を読んだよ!!

2007年11月30日
佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ1 イチニツイテ』を読んだよ!!
佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ2 ヨウイ』を読んだよ!!
の続きで最終巻です。
前の巻のネタバレになる部分もありますし、
今回のレビューはいつもよりもネタバレ傾向にありますので、
未読の方、ネタバレを好まない方はご注意ください。(*- -)(*_ _)ペコリ

3巻まで一挙に読み終えました。
前向きに新しいことにチャレンジする新二。
彼は陸上の初心者で、もちろん全てが上手くいったわけではないですが、
彼の高校生活3年間はきっと密度の濃いものになったことでしょう。

彼のモットーは「一本一本」
力のある選手は決勝のためにそれまでの予選は
ペース配分を考えて走ることが多いようです。
ですが、新二にはそれができません。
とにかく全てを全力で!!
だからこそ、私たちも応援してしまうのかもしれませんね。

新二たち春高(春野台高校)の陸上部は、
皆、インターハイ出場に向けて頑張っています。
ところが勝負の世界は厳しい。
新二、連の100、200m。男子の4継(4人で100メートルずつ走るリレー)と
鳥沢さんの1500mのみしか、出場する権利を勝ち取ることができませんでした。

男子の4継は力のある一年生の鍵山が春高に入ってきました。
他の高校も欲しがっていたとの逸材。
ところが彼の性格が。。。(笑)
4継のメンバーは鍵山、連、桃内、新二なのですが、
鍵山と桃内の関係が。。。(゜ー゜;Aアセアセ
新二は走ること以外にも気を使うことになってしまいます。
鍵山が入ったことでタイムも縮めることが出来るはず!!と思っていたところで
鍵山の故障。。。性格悪いなーと思いながら読んでいた彼が
怪我をしてしまったことでわんわんと泣いてしまったのにはびっくり。
この怪我をきっかけに鍵山も自分のことを見つめなおしたのか、
桃内との関係がいいものになっていきました。

鍵山が怪我の治療中、4継を代わりに走ったのは根岸でした。
この4人はとても仲がよく、チームワークも抜群でした。
地区予選はこの4人で走ったのですが、
新二の中で、関東大会までは根岸と走りたいという思いが出てきました。
それは、鍵山から連へのバトンがなかなか上手くいかないからです。
だから関東大会を上手く勝ち抜くには根岸の方がいいのではと。。。
ところが、この話を根岸にすると「俺は走らない」と言います。
なぜなら全国で優勝するためには鍵山を育てなければならないから。
根岸もきっと本音を言えば走りたかったと思います。
でも彼は誰よりも大きな夢を持っていました。
その夢に新二たちも乗ることにします。
それからの彼らは一丸となって練習に励みました。
もしもこれで全国大会に行けなくても、後悔なんてしないでしょう!!
前向きな彼らの努力は素晴らしいなぁと思いました。

新二だけではなく、連も成長していました。
彼は天才のスプリンターでしたが、練習嫌いでした。
新二と一緒に入部したころは、食事も適当だし、
ちょっと走るとスタミナが切れてしまってヘロヘロになっていましたが、
今ではしっかりと栄養バランスの取れた食事をし、
(顧問のみっちゃんと連のおばあさんの連携で、
連は嫌いなものも食べさせられるようになっていました。)
しっかり走れる体を作っていました。
1巻を読んだときは連は途中で部を辞めちゃうんじゃないかなと
思っていましたので、しっかり食事を取っているシーンを読んで
なんだか感慨深かったです。(笑)
連が走ることを続けることが出来たのは新二がいたから。
そして新二がここまで速く走れるようになったのは連がいたから。
彼ら2人の関係はきっとこれからも続いていくことでしょう。
そして走り続けることでしょう。
そのシーンがありありと目に浮かぶラストでした。

この本に興味のある方は、お友達の「このまま・手をつないで、霧の向こうへ」てるひさん
俺の走る道 『一瞬の風になれ 3-ドン-』もぜひどうぞ♪
てるひさん、とても素敵な本を紹介してくださって
ありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ
てるひさんも書いておられましたが、新二の恋の話はもっと読みたかったなー!!(笑)

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

リラックスキャンドルをいただきました♪

2007年11月29日
リラックスキャンドルが届いていました!!
気付いてなかったらしい。(笑)
071129rilakkuma1.jpg071129rilakkuma2.jpg071129rilakkuma3.jpg

なんかうちのリラックマ、テンション低くないですか?(笑)
やっぱり食べ物じゃないと駄目なんでしょうかね?
クリスマスに合うアイテムで嬉しいですね♪(*´ω`*)

リラックマもいつの間にかリニューアルしていたようで、
管理画面なども変わっていました。
とても可愛くなってましたよ♪(*'ー'*)ふふっ♪
そしてこんなお知らせを発見!!
リラックマと遊ぼう! サンエックスブログキャラ : お知らせ
だらだらコメントという機能が新たに出来たようです。
TwitterとかFC2のPIYOみたいな感じですかね?
ミニブログのようなもので、今日あったこととか
思ったことを書いたりしている方が多いかな?
2007年11月20日~2007年12月31日までの期間中に
30日だらだらコメントを書けば、
100クローバー(クローバーはリラックマで使えるお金)をもらえるんですって!!
20日でも50クローバーもらえるらしい。
ちょっとしたアイテムなら買えるかな?頑張ろう!!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:ブログパーツ:ブログ

佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ2 ヨウイ』を読んだよ!!

2007年11月28日
佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ1 イチニツイテ』を読んだよ!!の続きになります。
前の巻のネタバレになる部分もありますし、
今回のレビューはいつもよりもネタバレ傾向にありますので、
未読の方、ネタバレを好まない方はご注意ください。(*- -)(*_ _)ペコリ

新二の周りも少し変化しました。
まず、兄の健一はジュビロ磐田へ入団し、家を出て行きました。
新二のことを認めてくれたのか、兄は新二に最高のスパイクを
プレゼントします。きっとそのスパイクは宝物になることでしょうね♪

新二は二年生になり、後輩ができていました。
スプリントの天才、一ノ瀬連がいることで、
入ってきたメンバーも多いようですね。
なかなか面白い後輩たちですが、
私のお気に入りは桃内くんです。
底抜けに明るいというか、とにかく元気者というか。(笑)
関西弁の男の子なので、親近感を感じているるのかもしれません。
部のムードメーカーである新二と桃内の掛け合いは微笑ましいです♪

インターハイ。スポーツをやっている高校生なら、
この舞台に立ちたいと思っていることでしょう。
新二たちもその思いを胸に練習を頑張ってきました。
新二は4継(4人で100メートルずつ走るリレー)でのみ、
南関東大会へ出場できることになりました。
しかし、その出場を決めたときの走りでエースの一ノ瀬連が故障。。。
一ヶ月後の南関東大会には出場できそうにもありません。。。
でも連はリレーだけでも出ようとします。
練習嫌いの連が、やりすぎで先生に怒られている。。。
一体何が連を突き動かしているのでしょうか?

ある日、連はみっちゃん(顧問の三輪先生)の制止も聞かず、全力疾走を始めます。
「走れます」と証明したかったのでしょう。
みっちゃんはそんな連を張り飛ばしました。
今までに見たこともないほどの怒り方でした。
みっちゃんも本当は出させてあげたいでしょう。
でも故障を無視して走らせることはみっちゃんには出来ませんでした。
なぜなら自分がかつて無理して走ったことがあったから。
そのときの記憶は苦いものとして残っているようです。
そんな二人の前に出てきたのが部長の守屋でした。
連の頭を手で押さえつけて、「すいません」と頭を下げさせ、
自分の管理が行き届かなかったと、みっちゃんに謝るのです。
「どこかで俺自身が一ノ瀬に期待していたのかもしれません。
こいつと走ることをあきらめきれなかったのかもしれません。
俺に少しでもそんな気持ちがあったら、
一ノ瀬があきらめてくれるわけがないです。
自分勝手でした。もし、こいつに何かあったら・・・」
この守屋の言葉で新二は、何故、連がこんなにまでして
走ろうとしているのかが分かったのです。
守屋さんのためだったのですね。三年生である守屋にとっては
最後のチャンスでしたから。。。
結局南関東大会では練習よりは早いタイムが出たものの、
他のチームに及ばずでした。

三年生の引退もあと一ヶ月に迫ったころ、
新二は守屋に呼び出され、次の部長にと言われました。
陸上のキャリアはない新二ですが、
他の人への心配りはすごいなぁと思いますので、
私も適任だと思います。

2巻では陸上の話だけではなく、新二の恋の話、
そして後半で起こるある大事件などなど、
気になるところがいっぱい!!
ある事件では新二は走ることに力をそそげなくなってしまいますが、
最後に新二が走ることを「最高だ」といったところでは
涙が出てしまいました。
この本に興味のある方は、お友達の「このまま・手をつないで、霧の向こうへ」てるひさん
いつも前を向いて 『一瞬の風になれ 2-ヨウイ-』もぜひ読んでくださいね♪
てるひさんの記事は細かいところまで書かれていますし、
私の気付かなかったところにも言及されていて本当素晴らしいです♪
さて!!3巻、読まなくっちゃ~♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

ブイヨンの使い道

2007年11月27日
先月のことですが、おまけにつられて
こんなものを買いました。
071127buiyon1.jpg

(写真、見にくくてすいません。(^^;;)ブイヨンを2セット!!(笑)
実はおまけは3種類あったので、
もう一つ買おうかと思ったんですけどね。。。まるで子どもだ。。(^^;;

買ってきたのはいいんですけど、
私、そもそもブイヨンってあまり使わないので。。。
そのうち賞味期限が切れて
ゴミ箱行きなんてことにならないようにしなくては!!
ということで、ブイヨンの使い道を探してみました。
買ってきたブイヨンのメーカーサイトに行ってみようかな?
マギー(Maggi) ネスレマギーでこんなにカンタン!おいしい!クッキングを見てみると
わりと簡単に出来そうな料理が何点かありました。
ソーセージときのこの炒めとかきのこのとん汁とかは
チャレンジしてみたい!!
炒め物に使うという手もあるんだなぁ。"φ(・ェ・o)~メモメモ
って、私が買ってきたのは顆粒タイプじゃなかった!!(笑)

これを機会に新しい料理にでも挑戦してみようかなー。
料理は苦手なので、同じようなものばかり作ってるし。。。(苦笑)

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:雑記:日記

クリスマスの折り紙♪サンタクロース♪

2007年11月26日
テンプレートなどが紅葉のままなのですが、
クリスマスの折り紙に挑戦してみました!!(笑)
071126origami1.jpg

左側がおりがみくらぶさまのさんた2
そして右は親子で楽しむデザイン折り紙〈4〉四季の折り紙という本に
載っていたサンタクロースです♪
右側の方は本では顔を描いていませんでしたので
私も描きませんでした。
クリスマスカードにしたらいいんじゃないかな?(*'ー'*)ふふっ♪

クリスマスのグッズって可愛らしいものばかりで
見ているだけで本当に楽しいですよね♪
今年もたくさん楽しみたいと思います♪
折り紙ももっともっと挑戦しようっと!!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

↓ポチっとしてくれると嬉しいです♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:こんなの作りました♪:趣味・実用

佐藤多佳子さん著 『一瞬の風になれ1 イチニツイテ』を読んだよ!!

2007年11月25日
お友達の「このまま・手をつないで、霧の向こうへ」てるひさん
自分を低く見積もるな『一瞬の風になれ 1 イチニツイテ』を読んで
すっごく面白そうと思い、予約を入れていた本が先日到着しました♪
人気のある本のようで、大分待たされました。(゜ー゜;Aアセアセ

この本の何に惹かれたのかというと、主人公の新二の設定でした。
彼はサッカーをやっていたのですが、
高校に入ってなんと陸上部へ入部!!
スポーツ少年の話はよくありますが、
大体が子供のころからやっているスポーツに熱中していて、
その才能を開花させていくという話が多いですよね?
ところがこのお話ではずっとやっていたサッカーで大成できず、
あるきっかけで始めた他のスポーツにのめり込んでしまう。。。
こんな話は読んだことがありませんでした。

新二には一ノ瀬連という友人がいます。
連は中学のころ、陸上をやっていて
スプリンターというのはこういう人のことだ!!というくらいの天才なのだとか。
ところが彼は陸上をやめてしまっていました。
連は真面目に練習するタイプではなかったらしく、
それでも試合などではいい成績を残してしまうので
部内もギクシャクしたとのことで。。。
実際に何があったのかは新二も知りません。
陸上の天才の連が、新二のサッカーの試合を見て
「ボールなんてなけりゃ、おまえ、もっと速いのに」と言ったのです。
「思いっきり走るの、気持ちいいぞお」とも。
ある日、体育の授業で50m走を新二と連は一緒に走ることになりました。
そのときの連の速さといったら!!
新二は置いていかれたとしか思えなかったようです。
実際は新二も相当な速さだったようですが。
新二は連に「走れよ」「嘘だろ?走んなきゃ」と言います。
よっぽど連の走りに衝撃を受けたのでしょう。
そして連の「新二も走る?」の言葉に頷く新二でした。

ずっとサッカーをしていて、鍛えていた新二ですが、
陸上の走り方とはやっぱり違うようで、
いろいろ苦労しているようです。
でも新二は新しい世界に可能性を感じたようです。
こつこつと頑張って練習する新二を応援したくなる、そんな本でした。

陸上部の部員や先生もとても魅力的♪
新二と同じクラスの根岸はちょっと変わったタイプの人間ですが(笑)
陸上大好きの男の子。
陸上部の顧問の三輪先生も素敵な先生です。
あだ名はみっちゃん。(笑)
彼は上から押さえつけるというタイプの教師ではなく、
私の持つ運動部の先生のイメージとは違っていました。
こんな先生がいたらいいなーと思わせます。

そして新二の家族はサッカー一色の家族です。
両親はサッカーの大ファン。
そして新二の兄の健一は天才的なMFでした。
新二にとって兄は憧れの存在。
一緒の高校へ行って同じチームでプレイすることが夢だったのですが、
中学受験、そして高校の編入試験で落ちてしまったのでした。
このことで兄が手の届かない世界の人間だと感じるようになってしまった新二ですが、
陸上を始めたことで、これから兄の存在がどう変わっていくのか。
それも楽しみだなぁと思います。

てるひさん、素敵な本を紹介してくださって
ありがとうございましたー!!
続きの2、3巻も既に手元にあるので、
待たずに読めるのが嬉しいです♪('-'*)フフ

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

挿入(BlogPet)

2007年11月24日
きょううさびが探偵みたいな挿入しないです。

*このエントリは、ブログペットの「うさび」が書きました。

2007/11/24 23:10 飼い主追記
うさびは探偵という言葉が好きみたいだねー。(笑)
探偵になりたいのかな?
本を読んでいたらかっこいい探偵さんがいっぱいだもんね♪

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

北原保雄さん監修 『みんなで国語辞典』を読んだよ!!

2007年11月23日
大修館書店ホームページ燕館 みんなで作ろう国語辞典!「もっと明鏡」キャンペーン
このキャンペーンで集まった面白い言葉をまとめた辞書です。
造語の天才と思う人って皆さんの周りにもいるんじゃないでしょうか?
きっとある会社の中でのみ通じる言葉とか、
家族の中でのみ使われる言葉とかあると思います。
我が家にもいろいろありますが、
多分これは一般の人には分かってもらえないと思いますけど。(笑)

ネットをやっていると面白い言葉遊びを皆さん楽しまれています。
この本の中にも「ネット・メールのことば」がまとめられている部分があるのですが、
見たことのある言い回しもあれば、
全く知らないものもあり!!
返事が遅くなることを「亀る」
「着拒(ちゃっきょ)」=着信拒否も漢字を見たら分かりますけど、
会話で使われたら絶対分からん。(笑)
これは知ってるぞー♪と喜んだりしながら
パラパラめくっていました。

私がすっごく気に入ったのはハトを「クルッポー」ということ!!
今度から使わせていただきます♪(o^-^o) ウフッ
暇なときにパラパラめくるととても面白いです。
皆様もお気に入りの言葉を探してみてはいかがでしょう?

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

銀杏の折り紙♪

2007年11月22日
ネットで見つけた銀杏を2種類折ってみました♪
071122origami1.jpg

左の緑の方がおりがみ屋さんいちょうの葉
そして右がおりがみくらぶさまのいちょうです。
おりがみ屋さんの折り紙は難しいものが多いので
今回は折ることができてほっとしました♪(笑)

さて!!次はクリスマスの折り紙に挑戦しようかなー♪
可愛いものが多いのでどれにしようか悩みます♪('-'*)フフ

↓ポチっとしてくれると嬉しいです♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:こんなの作りました♪:趣味・実用

乙一さん著 『銃とチョコレート』を読んだよ!!

2007年11月21日
「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の中の一冊です。
主人公はリンツという少年。
母親との2人暮らし。父親はリンツが十一歳の頃に肺の病気で
死んでいます。
父親が死ぬ3ヶ月前、リンツは父親と一緒に市場へ胡椒を買いにいきました。
そこで、買ってもらった聖書が父の形見となったのです。。。

リンツの住んでいるところでは高価な宝物が盗まれる事件が起こっていました。
その事件現場には「GODIVA」と書かれたカードが残されていたので、
国民たちは犯人のことを怪盗ゴディバと呼んでいました。
その怪盗ゴディバに立ち向かう探偵がロイズ。
「ロイズとゴディバ」という遊び(「たんてい」または「ドロケイ」みたいなものかな?)が流行るほど、
ロイズは子どもたちに大人気でした。
リンツも友人のデルーカやディーンとロイズの話で盛りあがっていました。
ロイズは彼らにとってはヒーローで、ロイズに会うのを夢見るほどでした。

ある日、父の形見の聖書の中から手書きの地図を見つけます。
新聞記者の見習いのマルコリーニから、ある情報を得たリンツは
この地図が怪盗ゴディバの事件に関するものであると考え、
ロイズに手紙を出すのです。
ロイズに会えるかもしれないという彼の期待は
実現するのでしょうか?それとも???
リンツの冒険はとてもスリリングで、あっという間に読めました。
ただ、本当に子ども向けなのか?と思った部分もあります。(^^;;
私自身は非常に面白く読めました。

下の部分はネタバレです。
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪

↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ
子どもたちが憧れる探偵ということで、
ロイズは明智小五郎のような人物かなと想像しながら読んでいたのですが
これがなんと非常に腹黒い人物!!
地図のことでロイズを疑った途端、
リンツがロイズに会いたいがために
嘘の手紙を書いたのだと公衆の面前で言ったところでは
唖然としてしまいました。
最後の最後でロイズも少しいいところを見せてくれますけどね。
リンツのがんばりがとても素敵でした。

↑ネタバレ終了!!

この本は「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
『銃とチョコレート』 乙一を見て読みました。
KOROPPYさん、ありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

リチャード・モルトビーJr.さん著 『ミス・ポター』を読んだよ!!

2007年11月20日
図書館にて、可愛らしいピーターラビットの絵に引かれて
手にとって見たのがこの作品でした。
「ミス・ポター」って誰だろう???
と裏の本紹介を読んでみたら、
ピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターさんのことなんですね!!
有名なピーターラビットのお話がどんな風に作られたのか、
そして作者のビアトリクス・ポターさんのとても切ない人生を読むことができます。
ポター家は非常に裕福で上流階級に属していました。
上流階級の女性が仕事を持つなんてあり得ない時代だったのですが、
ビアトリクスの描いたお話を読んだ牧師さんの「出版するべきですよ!!」との言葉が
ビアトリクスの人生を変えてしまうのでした。
牧師さんに紹介されて出かけていったのがフレデリック・ウォーン出版社でした。
ここで会ったハロルド・ウォーン、フルーイング・ウォーンが彼らの弟のノーマンを
ビアトリクスの担当につけることになります。
これが運命の出会いとなりました。
ピーターラビットの物語はどんどん売れて、ベストセラーになり、
ノーマンの姉のミリーとも親友になり、どんどん変わっていくビアトリクス。
そしてノーマンと恋に落ちますが、
もともといい家柄の男性との結婚を望んでいた母親は猛反対!!
彼らは思いを遂げることができるのでしょうか?

ノーマンとビアトリクスの恋物語も切なくて素敵なのですが、
ビアトリクスが自分の生み出したピーターラビットたちを
どんなに可愛がっていたのかがよくわかったし、
ピーターラビットたちが世界中の人たちに愛されている理由も
分かったような気がしました。
この話を読んで、私もピーターたちがますます好きになりました♪
久しぶりに絵本を読んでみたいなー♪(*'-')

この本の作者のリチャード・モルトビーJr.さんは
映画「ミス・ポター」の脚本も手がけているようなので、
映画を見た方も楽しめるのではと思います♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

恩田陸さん著 『エンド・ゲームー常野物語』を読んだよ!!

2007年11月19日
常野物語の三冊目です。
一冊目、二冊目の記事はコチラ。
恩田陸さん著 『光の帝国ー常野物語』を読んだよ!!
恩田陸さん著 『蒲公英草紙ー常野物語』を読んだよ!!
どこから読んでも問題はないですが、一冊目の「光の帝国」は
常野という言葉を理解するためにも
イントロダクションとして読んでおいた方が、入りやすいと思います。
この作品の主人公である拝島暎子とその娘時子の話も出ていますし。
蒲公英草紙の方は別物なので読んでいなくても問題なしと思います。

この本ってレビュー書きにくいなぁ。。。
読んだ人になら分かってもらえると思います、この気持ち。(笑)
主人公の拝島暎子には、ある特殊な能力があります。
普通の人には見えない「あれ」が見えるのです。
「あれ」と裏返すか、裏返されるかの闘いを繰り返していました。
娘の時子もある時、この能力を身につけてしまいました。

時子のところに母、暎子の会社の人から電話があります。
暎子は会社の慰安旅行で岐阜の温泉に行っていました。
その宿の外で倒れていて、病院に運ばれたのだとか。
命には別状はないとのことですが、
眠ったまま目覚めない状態なのだそうです。
暎子は裏返されてしまったのでしょうか?

暎子の夫も裏返す力を持っていました。
それもその力はとても強かったようです。
ですが、彼は十年以上前に姿を消してしまっていました。
消息も全く分からず。彼の行方も気になるところです。

時子は冷蔵庫に貼ってあったある電話番号のメモが
消えているのを発見しました。
この電話番号は以前から暎子が「自分が帰ってこなければここに電話するように」と
言っていた番号でした。
暎子はここに電話をしたのでしょうか?
時子は悩みながらも電話をしてみることにしました。
一体どこに繋がるのか?

読み終わってみて。。。うーん。理解しきれなかった部分もあるんですが、
不思議な世界観を楽しませていただきました。
結末は私が求めていたものではなかったですが。(´・ω・`)
今の段階で出ている常野物語はこの3冊のみだと思うのですが、
この先、また出るのかしら?これで終わりだったらちょっと寂しいなー。

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

ドラマ『ガリレオ』見ました。。。遅い?(^^;;

2007年11月18日
今さらなんですが、ドラマ「ガリレオ」を見始めました。(^^;;
ガリレオ - フジテレビ
見たいテレビ番組はいつも録画しておいて、
時間があるときに見ているので、数ヶ月後に見ることもアリ!!(笑)
もちろんそのままお蔵入りになることもアリ!!(爆)

2話目までを見たのですが、湯川が福山雅治さんということで
見た目は個人的に違和感があるんですが、
浮世離れした感じがとてもよく出ていていいと思います。
地面とかで計算し始めたのはびっくりしたけど。(='m') ウププ

原作の方では湯川と同じ大学だった草薙刑事の男性コンビが活躍するんですが、
草薙の後継者として内海刑事という女性が登場しています。
柴咲コウさんが演じておられます。
ドラマで男同士というのは駄目だったのでしょうか?(笑)

このドラマは東野圭吾さんの原作をドラマ化したもので、
理系のトリックが魅力なのですが、
実際の実験の様子を見られるところが面白いです。
本を読んだだけでは理系トリックのイメージが湧かない部分もあったので。
このドラマは一話完結ですので、
今まで見ていない人も楽しめると思いますよ♪


↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:ガリレオ:テレビ・ラジオ

加持(BlogPet)

2007年11月17日
きょうはうさびと離婚する?
それとも加持する?

*このエントリは、ブログペットの「うさび」が書きました。

2007/11/17 20:03 飼い主追記
う、うさびの投稿が復活してるー♪
めっちゃウレシ━━━━。+゚(*´∀`*)。+゚━━━━ィイ!!
ここしばらくFC2ブログではBlogPetの投稿が出来ない状況が続いていて、
(占いやブログエディターも使えない状態でした。)
寂しいなぁと思っていたのですよ。
FC2ブログの方で対応していただいたのでしょうか?
嬉しいです♪ありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ

で、復活の記事がこれですか、うさびさん。(笑)
離婚って、結婚してたのかー!!Σ(゜ω゜)なぬ!!

071117usabi1.jpg071117usabi2.jpg
離婚して切ないので
美味しいアルコールで
憂さ晴らしですかね?(笑)
結婚もアルコールも
まだはやいーーー!!
もちろん離婚もだー!!(爆)

今日は調子がいいのか俳句も詠んでくれました♪
071117usabi3.jpg071117usabi4.jpg071117usabi5.jpg

3句も詠んでくれてありがたいけど。。。よく分からないよー。(笑)

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

東野圭吾さん著 『十字屋敷のピエロ』を読んだよ!!

2007年11月16日
十字の形という変わった形をした屋敷で
事件が続きます。
まず初めは竹宮頼子(よりこ)という女性が
自分の夫、宗彦と娘の佳織が見ている前で飛び降りてしまいました。
その頼子の四十九日が終わった直後に
今度は殺人事件がこの十字屋敷で起こります。
宗彦とその秘書の三田理恵子が地下にある部屋で
殺されていたのです。
そもそも三田理恵子は何故この屋敷に来ていたのか?

語り手となるのはオーストラリアから戻ってきた
頼子の妹、琴絵の娘である竹宮水穂。
宗彦と理恵子が殺される前に水穂はある場所で
小さなボタンを見つけていました。
そのボタンが、事件後に裏口の外で発見されたと言う情報を聞き、
水穂は犯人はこの屋敷の人間である可能性が高いと考えます。
そこで彼女は皆の話を聞き、推理を進めていくのです。

この話では語り手になるものはもうひとりいます。
それは部屋に飾られていたピエロでした。
悲劇を呼ぶと言われているそうですが。。。
ピエロの目線で刑事たちの話や水穂がいないときの
住人たちの話が挿入されているのが非常に面白いです。
宗彦が死んで得をするもの、宗彦に恨みを持っているもの。
この屋敷にはそんな人物がたくさんいるのです。
とても温厚そうな人物ばかりなのですが、
一体誰が犯人なのでしょうか?
最後にはドンデン返しがあり、非常に面白かったです。

著者のことばに『彼(ピエロのことです)に見たまま聞いたままを語らせるとどうなるか?
不思議な物語は三つうまれました。これはその一つめです。』とありました。
これもシリーズになっているんでしょうか?
探して読んでみようと思います♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

山崎ナオコーラさん著 『指先からソーダ』を読んだよ!!

2007年11月15日
朝日新聞で連載されていたコラムを加筆・修正したものが
本になっていたので借りてきました。
私の家では、朝日新聞を購読していて、
この連載を毎週楽しみにしていたのですが、
いつの間にか終わっちゃってた。(^^;;
だから、こうして一冊にまとまった本でもう一度読めてよかったです♪
読んでいなかったものや、読んでいても忘れていたものもあって
新鮮な気持ちで読むことができました。
(以前にこのコラムを読んで記事にしています。
興味のある方は読んでみてくださね♪
体験にお金を費やす のんびり前進じたばた生活)

ナオコーラさんの考え方や行動は私にとっては驚くものが多くて、
非常に楽しく読むことができました。
大学のころに夢中になっていたというマンドリンサークルのお話や
小、中学生のころのエピソードなどなど。
軽快な文章で、あっという間に読めましたよ♪
そして、朝日新聞の連載以外のエッセイも一緒に収録されているのでおすすめです♪
また機会があれば他の本も読んでみたいです♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

恩田陸さん著 『ネバーランド』を読んだよ!!

2007年11月14日
この作品を原作にして昼ドラやればいいのに。(笑)
読み終わってみてそんなことを思った作品でした。
舞台はある伝統のある男子高にある寮、松籟館(しょうらいかん)。
年末はほとんどの生徒たちが帰省するのですが
数人の生徒が寮に残ることになります。
一人目は語り手でもある美国(よしくに)。
彼がここに残ることのにしたのは特に大きな理由があったわけではないらしい。
この物語の登場人物の中では一番普通かな?
二人目の光浩は温和でとてもよく気の回るタイプの人間です。
でもある時、美国は光浩の氷のような表情を見てしまいました。
すさみ切った表情の理由は何なのか?
そして三人目の寛司は両親が今、離婚調停中ということで
帰省したくないとのことで居残りを決めていました。
美国が寮に残ろうと思った理由のひとつは
寛司の残留を知ったことでした。
そして通学組のひとり、統(おさむ)がこの三人の生活に乱入します。
四人で過ごす7日間。
初めの日に統がある秘密を懺悔し始めました。
ただし、重いものを背負いたくないという光浩は
ひとつだけその話の中に嘘を混ぜるように言うのですが。。。
一体どの部分が嘘なのか?
この後、他の者たちも自分の秘密を話していくのですが。。。

四人は初めから親しい友達というわけではなく、
むしろ探りあいながら一緒に生活しているという感じでしたが、
いろんな事件が起き、いろんな話をすることで
それぞれが成長し、最後には素敵な関係になるのがとても
よかったです。
きっとこの後の学生生活も楽しんだだろうなぁ♪
初めに昼ドラやればいいのに!!と書きましたが
光浩の話がすっごくドロドロでした。(^^;;
でも最後のこの四人の素敵な関係のおかげで
読後感はよかったです。
非常に面白いお話でした♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:最近読んだ本:本・雑誌

オレンジチェックの小さめマットをいただきました♪

2007年11月13日
リラックマにオレンジチェックの小さめマットが届きました♪
071113rilakkuma1.jpg071113rilakkuma2.jpg071113rilakkuma3.jpg

071113rilakkuma4.jpg071113rilakkuma5.jpg

おやつと飲み物を上に置いてみたら
とっても可愛いランチョンマットに♪(*'ー'*)ふふっ♪
おやつタイムがもっともっと楽しくなりそうですね♪

大阪も少しずつ寒くなり、リラックマみたいに
暖かい部屋でダラダラしたい季節がやってきそうです。
先週はすっごく暖かくて、気持ちよかったのになー。
こちらは先週、近くの公園で撮った写真。
071113bluesky.jpg

まるで南国。(笑)
この日は暑くもなく、寒くもなく、ちょうどよかったんですよねー。
さぁ。寒いの苦手だし、冬服の準備しなくっちゃ!!

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:ブログパーツ:ブログ

紅葉背景&テンプレに変更♪

2007年11月12日
昨年お借りした背景ですが、紅葉(黄葉)&秋の味覚背景を
うさびに設置してみました。
簡単にですが、今設置している背景の紹介をさせていただきます♪

まずは秋の味覚でお腹いっぱい♪BlogPetうさびの背景紹介♪にて
紹介させてもらった秋の味覚の背景を3点。
071112haikei1.jpg071112haikei2.jpg071112haikei3.jpg

「【 猫のお凸(でこ)】・素材の蔵出し」凸ねこさんの背景です。
この3作品はそれぞれの秋の味覚の絵が素敵なのはもちろんのこと、
バックの模様がお気に入りです♪

次も凸ねこさんの背景。
新バナーと秋背景♪BlogPetうさびの背景紹介♪にて
紹介させていただいたものです。
071112haikei4.jpg071112haikei5.jpg

紅葉と銀杏の背景です♪
どちらも見ていてうっとり♪(*'ー'*)ふふっ♪


071112haikei9.jpg
こちらも紅葉、黄葉フレームでますます楽しむ♪BlogPetうさびのフレーム紹介♪の記事で
紹介させてもらったものです。
背景、フレームセットで「INSTINCのおもちゃ箱」モンビッケさんより
お借りしています。
お庭の紅葉も見事ですが、
食いしん坊なので
お団子が気になるところです。(笑)

今年も使わせていただいております。
凸ねこさん、まこさん、モンビッケさん、ありがとうございます。(*- -)(*_ _)ペコリ

うさびと一緒に背景紹介の手伝いをしてくれたのは!!
071112haikei10.jpg071112haikei11.jpg

→予想で折り紙しちゃたんだ!!
それも可愛く出来たの!!
すごいねっ!!

071112haikei12.jpg071112haikei13.jpg
←う、うさびっ!!
『ご坊』ちゃんに
酒を勧めるなーーっ!!

→夢枕さんの本、
面白いんだけどなー。
(´・ω・`)ションボリ

071112haikei14.jpg071112haikei15.jpg
←(⌒▽⌒)アハハ!
2匹で謝ってる♪
可愛いー♪

→ラストに妙に受けたこの発言!!
もしかして『ご坊』ちゃんに
男の子を紹介してもらうのか?(笑)

『ご坊』ちゃん、うさびのところに来てくれてありがとうね♪

テンプレートもハロウィン後に変更させていただきました。
いつもお世話になっています犬のイラスト・今日もわんパグさまの素材です。
壁紙の色が特にお気に入りです♪
ありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ

背景をお借りするときはマナーを守りましょう!!
初めての方は「背景のマナーについて」の記事を必ずお読みください。


↓ポチっとしてくれると嬉しいです♪d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
banner_02.gif

スレッドテーマ:ブログペット:ブログ

りんごのお酒

2007年11月11日
ドイツのフランクフルトの名物(?)のりんごのワイン。
ドイツ語でアプフェルヴァインというそうです。
ドイツを旅行したとき、あちらこちらでアプフェルヴァインを飲んだことがあります。
これがね、アルコールなんだけど、さっぱりしてて
お酒があまり飲めない私でもすっごく美味しかったのです!!
お店によっても味が違うし、甘いものもありましたし。
やっぱりこういうのは現地じゃないと飲めないのかな。。。
それ以来、珍しいお酒が置いてあるお店に行く度に、
アプフェルヴァインを探すのが習慣になりました。

071111applewine.jpg
そして、ついにりんごのワインを見つけたので、
早速買ってきちゃいましたよ。( ̄∇+ ̄)vキラーン
期待をして飲んでみた左の写真のワインですが、
やっぱり思っていた味ではなかったです。
まぁ。フランス製なんで駄目だろうとは思ってたけど。(笑)
(ちなみにこのワインは発泡性。
私がドイツで飲んだのは非発泡性だったと思う。)
でもこれはこれで美味しかったので、よし♪( ̄m ̄* )ムフッ♪
ケーキとかに合いそうなお味でした♪

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:日記:日記

夢枕獏さん著 『陰陽師』を読んだよ!!

2007年11月10日
いつかは読もうと思っていた夢枕さんの陰陽師。
先日1作目を図書館にて発見したので借りてきました。
稲垣吾郎さん主演でテレビドラマ化された分を見ていたので、
すんなり原作も読むことができました。

主役は陰陽師安倍晴明。陰陽師とは加持祈祷を行ったり、
悪霊を封じ込めたりする者たち。
安倍晴明は凄まじい能力を持った術者だったようです。
この本でもいろんなエピソードを楽しむことができます。

この本は短編集です。
安倍晴明のところに友人の源博雅が訪ねてきて、
ある怪奇現象を解決するために助力を請う形で物語は進みます。
この博雅という男性が実直な人です。
のらりくらりと話を流していく晴明と
真面目な博雅との会話が笑えるというか、微笑ましいというか。('-'*)フフ
この2人の関係もなかなかいいものです♪
晴明の屋敷で一緒に酒を酌み交わしながら
(毎回出てくるお酒のあてが美味しそうなんです。( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう)
いろんな話をしている様子がいいですねー。
晴明は難しい話をしては博雅を困らせています。(笑)

収録されているお話は6点。
「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」
「梔子(くちなし)の女」
「黒川主」
「蟇(ひき)」
「鬼のみちゆき」
「白比丘尼」

一つ目の「玄象といふ琵琶鬼のために盗らるること」は
帝が大切にしていた玄象という名の琵琶が5日前に盗まれていました。
誰がどうやって盗んだのかも分からないまま。
ところが一昨日の夜、博雅はその玄象の音を聞いたのです。
弾いている人物に博雅は声をかけたのですが、
その途端、音も気配も消え去ってしまいました。
博雅は気になって次の日の夜も同じ場所へ行ってみたのです。
すると今度は人か獣か分からぬもの声が聞こえてきて。。。
近づいてみると人の目玉が顔の上に落ちてきたので
博雅もさすがに近づくのをやめたのだとか。。。
それを聞いた晴明は博雅と一緒にその場所へ行ってみます。
そこにいたものは?

それぞれ非常に面白い話で、楽しめました。
夢枕さんの書く安倍晴明は私の持っている晴明のイメージに近いので
読みやすかったです。
夢枕さんの陰陽師シリーズは10冊くらいあるみたいなので
こちらも順に読んでみるつもりです。
楽しみが増えました♪(*'-')

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

志羽竜一さん著 『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』を読んだよ!!

2007年11月09日
映画未来予想図(←リンク先、音が鳴りますので注意!!)の脚本を書いた
志羽竜一さんという方が自ら小説化した作品とのことです。
どう見てもまだ新しいのにうちの図書館には置いてあった!!ラッキー!!(笑)
未来予想図といえば、DREAMS COME TRUEですよね♪
私も好きな歌です♪
この映画はというとドリカムの歌を映像化したものなんですねー。φ(゜-゜=)メモニャン

自主映画の結婚式の撮影で、出会った宮本さやかと福島慶太。
慶太はスペインの建築家ガウディに憧れています。
初めてさやかが見た建築模型は「夜空の教会」
床に光が投影されて、星空に見えるように工夫されている
教会の模型をみていたさやかはなぜか泣きそうになってしまったのでした。
それ以来、二人はよく会うようになり、いつしか恋人になったのです。
卒業旅行に、スペインのサグラダ・ファミリアを見に行った二人は
また10年後にここに来ようと約束するのですが。
その約束は果たして実現することが出来るのでしょうか?

この二人の切ないラブストーリーがメインなのですが、
さやかの家族の話も心温まるものでした。
既に亡くなってしまいましたが、さやかの父は
脱サラして博多で小料理屋をしていました。
初めはお客様もほとんど来ず、厳しい状態が続いていましたが、
あるとき雑誌に取り上げられたことでたくさんのお客様が来るようになって。
お客が来ることはいいことなんですが、
忙しいときはさやかも店を手伝わなければならなくなり、
父と娘は衝突を繰り返します。
父はさやかが高校二年生のときに波に飲まれて亡くなりました。
最後まで父とけんかをしていたことをさやかは悔やんでいます。
父が亡くなった後は、母がお店を切り盛りしてきました。
遠く離れたところにいる娘を思う母親の素晴らしさに涙が出ました。
派手なラブストーリーではないですが、
非常に心の温まるお話でした♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

秋の折り紙♪第三弾

2007年11月08日
アップするのが遅くなってしまいましたが、
秋の折り紙第三弾!!今回のテーマはもみじです♪
071108origami1.jpg

左上、右下のもみじはおりがみくらぶさまのもみじ
そしてそれ以外のもみじは親子で楽しむデザイン折り紙〈4〉四季の折り紙という本に
載っていたもみじです。
本に載っていたバージョンの方が難しくて、右上の赤い紅葉は
苦労のあとが丸見え!!(笑) (/ω\) ハジカシー
おりがみ屋さんもみじは途中で挫折しました。。。orz

↓ポチっとしてくれると嬉しいです♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:こんなの作りました♪:趣味・実用

三谷幸喜さん著 『古畑任三郎 殺人事件ファイル』を読んだよ!!

2007年11月07日
ドラマ『警部補・古畑任三郎』の小説版とのことで借りてみました。
1994年に放送された分を小説にしたものです。
この頃のドラマは見ていないので、こうして読めてラッキーでした。
読み進めていて、なんか物足りないなぁと思ったら、
この小説版では古畑任三郎の部下である今泉くんが出てませんでした。
三谷さんがあとがきに書かれていたんですが、
犯人側からの視点で書くことにこだわったため、
今泉くんの登場はなかったのだとか。なるほど。
この書き方のおかげで、何を考えているのか分からない古畑任三郎の質問を
犯人の立場でハラハラしながら読める面白さがありました。

10話収録されています。
「おめでとう、アリ先生」
「六代目の犯罪」
「幡随院大、走る」
「ちなみの家」
「井口薫のレクイエム」
「黒田青年の憂鬱」
「迫坪秘書の長い夜」
「さようならおたかさん」
「中川外科部長のコート」
「木暮警部最後の事件」

最後にドラマで犯人役を演じた方のリストがあったんですけど、
「中川外科部長のコート」の鹿賀丈史さんはイメージが
鮮明に浮かびましたよ。
お医者さまの役が似合いますよね、鹿賀さん♪

中川は愛人との浮気旅行中に、その現場を興信所の男に写真に撮られてしまいました。
そこで、お金で写真のフィルムを男から買おうとしましたが、
断られてしまったため、その男を殺害するというお話。
電車の中で心臓麻痺に見せかけて殺したんですが
たまたま乗り合わせていた古畑に全て見破られます。

「黒田青年の憂鬱」というお話も面白かったです。
超能力者として有名な黒田。
実は今ではその能力がなくなってしまっていて。。。
でも、後にも引けず、嘘に嘘を塗り重ねていました。
そんな黒田の超能力をトリックだと主張する大学教授の神宮が
黒田のテレビの公開生放送に出演することになりました。
番組中、黒田は見せる能力をことごとく否定されてしまい、
焦った黒田はある場所に死体があるのが見えたと言ってしまいます。
カメラを持って駆けつけたスタッフがその場所で
黒田の言ったとおりの死体を発見。
それもそのはず。実はその死体は
黒田自身が殺してしまった男のものだったからでした。
古畑はテレビを見ていて神宮に電話をするという形で
黒田の犯行を指摘します。
古畑自身が現場にいないという形も面白かったです♪

他にも小説版ってあるんでしょうかね?
見つけたらまた読んでみたいと思います♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

きいろいマグカップをいただきました♪

2007年11月06日
寒くなって、温かい飲み物が嬉しい季節になってきました。
私はコーヒー好きで、毎日4~5杯くらいは飲んでます。
それも大きめのマグカップで。(笑)
飲みすぎかな?

リラックマさんにもマグカップが届きました♪
可愛らしい黄色のマグカップですよ♪
071106rilakkuma1.jpg071106rilakkuma2.jpg071106rilakkuma3.jpg

071106rilakkuma4.jpg071106rilakkuma5.jpg071106rilakkuma6.jpg

お友達にいただいたホットケーキのお皿も黄色なので
お揃いだー♪。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。
(ホットケーキの記事はコチラ♪
ホットケーキをいただきました♪ のんびり前進じたばた生活)
おやつタイムがますます楽しくなりましたね♪

ハロウィンのときにカボチャをたっぷり堪能したらしい
うちのリラックマ♪
071106rilakkuma7.jpg071106rilakkuma8.jpg071106rilakkuma9.jpg

「かぼちゃ食べたいですか?」って自分が食べたいんでしょ!!(笑)

071106rilakkuma10.jpg071106rilakkuma11.jpg
←やっぱり
食い意地がはってる!!(笑)

→俳句好きだよー♪
でもリラックマは詠めないんだよねー。
のほほんとした俳句を
詠んで欲しいものです♪

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スレッドテーマ:ブログパーツ:ブログ

ミステリーアンソロジー 『不在証明崩壊(アリバイくずし)』を読んだよ!!

2007年11月05日
タイトルに引かれて借りてきました。(笑)
浅黄 斑 「八反田青空共栄会殺人事件」
芦辺 拓 「死体のさめないうちに」
有栖川 有栖 「三つの日付」
加納 朋子 「オレンジの半分」
倉知 淳 「真犯人を探せ(仮題)」
二階堂 黎人 「変装の家」
法月 綸太郎 「シャドウ・プレイ」
山口 雅也 「アリバイの泡」
この8作が収められています。
浅黄さん、倉知さん、二階堂さんの作品を読むのは
多分初めてだと思います。
短編なので読みやすい反面、物足りない感じもありますが、
こういったアンソロジーはいろんな作家さんの作品に触れる
いいきっかけとなるので好きです♪

8作のうち、二階堂さんの作品「変装の家」だけちょっぴり紹介します。
この作品の舞台は昭和二十四年となっていて、
いつも私が読んでいるお話とは年代が違っていて、とても新鮮に感じられました。

崖の上にある洋館で殺人事件が起こります。
警察へその洋館で何か不審な出来事があったとの通報がありました。
近くの派出所の木村巡査が駆けつけて、
呼びかけてみますが、何の返事もありません。
家の周りを調べてみますが、窓もドアもすべて施錠されています。
外から中を覗いてみると女性が倒れていました。
応援に来た警部補たちと窓を破ってみましたが、
女性は既に事切れていました。
部屋の中は荒らされていてひどい状態。
時計が十時五十八分を指して止まっていました。
これが犯行時刻か?と思ったのですが、
外には犯人のものと思われる足跡がなかったのです。
この日、十時ごろからこの辺りでは雪が降り始めていたのでした。
この時刻が犯行時刻なら、犯人の足跡があるはずなのですが。。。
物盗りの犯行なのか、それとも?
驚くようなトリックがあるわけではないのですが、
楽しめました。二階堂さんの他の作品も読んでみようかな?

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

東野圭吾さん著 『容疑者Xの献身』を読んだよ!!

2007年11月04日
ガリレオシリーズの3作目です。
1、2作目の記事はコチラ♪
東野圭吾さん著 『探偵ガリレオ』を読んだよ!!
東野圭吾さん著 『予知夢』を読んだよ!!

「このミステリーがすごい!2006」で一位をとった作品とのことで
かなりの期待を持って読みました♪
1、2作目は短編集なのですが、こちらは長編。
先に犯人の犯行シーンが描かれている倒叙式ミステリー。
花岡靖子と美里の母娘のところに
靖子の5年前に離婚した元の旦那の富樫が現われたことで事件が起こります。
結婚したころはきちんと働いていて、
美里のことも可愛がっていたのですが(美里は富樫の実の娘ではありません。)、
会社をクビになってからは人が変わってしまって、
靖子に暴力をふるうようになってしまいました。
弁護士のおかげでやっと離婚できたのです。。。

離婚後も、靖子は自分の居場所を富樫に突き止められないよう
注意していたのですが、
富樫はとうとう二人が住んでいるアパート見つけ、押しかけてきたのです。
帰宅した美里を見て、富樫は「あれはいい女になる」
「あと3年もすれば稼げるようになる」と言います。
我慢できなくなった美里は富樫を銅製の花瓶で殴ってしまいます。
そして逆上した富樫に美里は逆襲されて。。。
このままでは美里が殺されると思った靖子は
コタツの電気コードで首を絞めて殺してしまいます。

この母娘の隣の部屋には石神という
高校で数学教師をしている男性が住んでいました。
彼は靖子に好意を持っていました。
富樫が隣室で靖子に殺害されたことを悟った石神は
彼女たちを助けるためにいろんな手助けをするのです。

富樫の遺体が発見され、靖子たちのところへ
聞き込みに行ったのが、このシリーズのおなじみ、草薙刑事です。
そして今回は、草薙が友人の大学教授、湯川に
不思議な事件での現象について助言を求めるというスタイルになっています。
いつもなら事件には積極的に関わろうとしない湯川ですが、
今回は少し様子が違います。
草薙の知らないところで何かを調べているようなのです。
それは湯川が石神の大学時代の友人だったからでした。
石神は数学専門で湯川とは専門が違うものの、
理系の天才同士でいろいろと話していたようです。
家庭の事情さえなければ石神も大学に残っていられたのでしょうが。。。

石神が花岡母娘を助けるために考えたトリックは
細かく練られていて、最後まで読み終わったときには
ちょっと放心状態でした!!
読後感もよかったですし、非常に面白かったです!!
この本はお友達の「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
『容疑者Xの献身』 東野圭吾の記事を見て興味を持ち読みました。
当時はこの本は予約数がものすごくて、先にシリーズの1作目、2作目を読んだのでした。
本当に面白いシリーズでした。
KOROPPYさん、ありがとうございましたー。(*- -)(*_ _)ペコリ

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

紫芋のお菓子

2007年11月03日
先日、あるスーパーでこんなものを買ってきました♪
071103murasakiimo1.jpg

紫芋ちっぷと紫芋けんぴです♪

右上のシールをアップ!!
071103murasakiimo2.jpg
あの方ですね~!!(笑)
こういったものって
よくスーパーで行われている
「○○県の物産展」とかじゃないと
手に入らないのかと思っていたのですが、
これは普通の売り場に置いてありました!!

両方食べてみたのですが、
私にはちょうどいい甘さでとても気に入りました♪
芋のお菓子って大好きだし♪('-'*)フフ
どちらかというと紫芋けんぴよりも紫芋ちっぷの方が美味しかったかな?
また買っちゃうかも♪
こうして脂肪を蓄えちゃうんだなー。。。orz

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:日記:日記

東海林さだおさん著 『コロッケの丸かじり』を読んだよ!!

2007年11月02日
丸かじりシリーズの27作目だそうです。
図書館の新刊コーナーにあったので借りてみました♪
丸かじりシリーズというのは名前は聞いたことはあったのですが、
どんなシリーズかはよく知らなかったのですが、
食べ物に関する東海林さんのエッセイなんですね。

いろんな食べ物について、いろいろ語られていて、
うんうんと頷きながら読むものもあれば
面白いこと考えるなぁ!!なんて思うものもあります。
ひとつの話は5~6ページなのであっという間に読めますし、
面白いのでどんどんページをめくっちゃいます。
今回読んだ中で印象に残ったのは「冷やし中華を盛りそば食い」でした。
冷やし中華といえば、麺の上にきゅうりとかハムとか卵が乗っていますけど、
ザルそばのように麺だけを汁につけて食べることを薦めておられます。
確かに冷やし中華の汁ってそれだけでもなかなか美味しいですよね♪
まぁ。栄養の点では問題ありだと思うんですが、
なかなか面白い食べ方かもなんて思いました。

私は食べたことはないんですが、
タイの駅弁とかトマトのおでんも美味しそうでした♪( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

丸かじりシリーズ、かなり面白い!!
機会があればまた読んでみようと思います♪

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

11月01日のうさび占い (BlogPet)

2007年11月01日
うさびが占ってあげるね。
今日は「いたずら運よさそう」だよ。
いたずらのペットたちは書いていないでしょう
いたずら運がいいって。。。
今日はどんないたずらをされるのやら。。。((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル(笑)
「いたずらのペットたちは書いていないでしょう」
昨日、ハロウィンのひみつ日記を書いてくれなかったうさびは
いたずらっ子ってことですかね?(笑)

実はこの占い投稿は手動で投稿しております。(^^;;
投稿は成功と出ているのですが、しばらく待っても反映されなくて。。。
もしも後から反映されて2記事になったらごめんなさい。(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、占いでいたずらのことを書いてくれているうさびですが。
071101blogpet1.jpg
←ひみつ日記でも書いてます。(笑)
よっぽどいたずらしたいらしい。
皆様、うさびが何かを
企んでいるようなので
お気をつけください。(笑)

071101blogpet2.jpg
そうそう!!本日うさびの俳句が
俳句頂上決戦に選ばれています♪
投票してくださった皆様、ありがとうございます♪(*- -)(*_ _)ペコリ
頂上決戦はブログペット新聞にて見られます。
うさびの俳句は「うんめいや こうげきされる やいばかも」ですって。
なかなかかっこいいじゃん♪('-'*)フフ

↓ぽちっとよろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif


2007/11/02 18:00 追記
昨日の頂上決戦、金賞をいただいたようです♪
めっちゃウレシ━━━━。+゚(*´∀`*)。+゚━━━━ィイ!!
応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!!(*- -)(*_ _)ペコリ

スレッドテーマ:ブログペット:ブログ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->