スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣さん著 『すべてがFになる』を読んだよ!!

2009年01月30日
森博嗣さんの作品は初めてだっただろうか?
名前はあちらこちらで見たことがあるのだが。(・_・?)
もしかしたらアンソロジーなどで読んだのかも。
よく知らない作家さんなのですが、理系ミステリ作家との呼び名があるようで
この作品にも聞きなれない言葉がいっぱいでした。

超天才工学博士の真賀田四季(まがたしき)は現在孤島のハイテク研究所で
隔離された生活を送っています。
それは14歳のときに両親を殺害した罪に問われたからでした。
ただその時、心神喪失の状態にあったと認められたため、
公判では無罪となっています。
この孤島に行くことになった大学助教授の犀川創平(さいかわそうへい)、
学生の西之園萌絵(にしのそのもえ)はこのハイテク研究所にて
ウェディングドレスをまとった死体に遭遇することに。
そして、その死体は両手足が切断されていました。
しかも、殺害現場の部屋はカメラで監視されており、
誰も出入りしていないはずだったのだが。。。
舞台となる研究所がハイテク技術を駆使した身近にはない場所だったので
そのあたりも楽しめましたし、
密室殺人のトリックにはかなり驚かされました。
ただ私自身は探偵役となる犀川創平と西之園萌絵にどうもなじめなかったなぁ。
犀川創平と西之園萌絵でS&M シリーズとなっているそうで、
これがそのシリーズの一作目だそうです。
全部で十作品あるそうです。
ほかの作品も読んでみたら印象が変わるかしら?


(↑amazonアソシエイトプログラムに参加しています。(*- -)(*_ _)ペコリ)

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

すべてがFになる 森博嗣 from 粋な提案
孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。 彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい... [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんは

森作品の中ではやっぱりこのS&Mシリーズともう一つVシリーズというのが二大巨頭だと思います。
二人に馴染めない・・・ となるとすすめにくいのですが、
できればこの二つのシリーズを読んでもらいたい気持ちで一杯です。
最後に必ず「!!!」 となるはず だと(思います)

この「すべてが・・・」が私的には森作品のベスト1です。
これ以上に驚いた作品はなかった記憶です。

なほまるさん、こんばんは♪(*・ω・)ノ
Vシリーズというのもあるんですねー!!"φ(・ェ・o)~メモメモ
>二人に馴染めない・・・ となるとすすめにくいのですが、
あ、何といったらいいのでしょう?
多分この二人の話し方になじめなかったのかな?と
思っているのですが、なんだか完全に感情移入することができなかったのです。
萌絵がお金持ちだったからか?(笑)
でも話はすっごく面白かったので、続けて読もうかと思っています♪
なほまるさんおすすめならきっと私もはまりそうな気がします♪
>最後に必ず「!!!」 となるはず だと(思います)
そうなるといいな!!ワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワク

>この「すべてが・・・」が私的には森作品のベスト1です。
オオーw(*゜o゜*)w 本当に素晴らしい作品でしたもんね♪
こんにちは。
ごぶさたです~。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックお待ちしていますね。
藍色さん、こんばんは♪
トラックバックありがとうございました!!
こちらからも入れさせていただきました♪(*- -)(*_ _)ペコリ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。