スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田崇史さん著 『QED 百人一首の呪(しゅ)』を読んだよ!!

2009年01月31日
QEDとはquod erat demonstrandumというラテン語を略したもので
「証明終わり」ということだそうです。
QED(桑原崇&棚旗奈々)シリーズということで
起こった事件だけでなく、古文や歴史などの謎も解いていくというシリーズだそうです。
こういう本は好きだ♪

百人一首カルタのコレクターとして有名な会社社長の真榊大陸(まさかきだいろく)が
自宅で何者かに殺されます。
大陸の手にはある一枚の札が握りしめられていました。
これはダイイングメッセージなのか?
その日家にいたのは大陸の2人の娘、2人の息子、秘書、そしてお手伝い。
動機があって疑わしい者もいるのだがアリバイが。。。というお話。
そして今回は百人一首の謎についても解いていくわけなんですが、
正直私には少し難解だった。(^^;;
とはいっても百人一首に関しては全くといっていいほど知らない私でしたが、
へぇ、そんな風に作られた可能性があるんだなどと楽しませていただきましたけど。
百人一首のことをよく知っている方ならもっと楽しめるではないだろうかと思います。

変わり者の桑原崇と普通(?)の棚旗奈々のコンビはなかなかいいと思います。
これからどんな活躍をするのか、2作目以降も楽しみです。


(↑amazonアソシエイトプログラムに参加しています。(*- -)(*_ _)ペコリ)

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。