スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪乃紗衣さん著 『彩雲国物語ー漆黒の月の宴』を読んだよ!!

2009年02月05日
彩雲国物語5冊目です。
過去記事はコチラから♪
雪乃紗衣さん著 『彩雲国物語ーはじまりの風は紅く』を読んだよ!!
雪乃紗衣さん著 『彩雲国物語ー黄金の約束』を読んだよ!!
雪乃紗衣さん著 『彩雲国物語ー花は紫宮に咲く』を読んだよ!!
雪乃紗衣さん著 『彩雲国物語ー想いは遥かなる茶都へ』を読んだよ!!
ここから先、前作のネタバレになることが出てきますので
未読の方、ネタバレを好まない方はご注意ください。(*- -)(*_ _)ペコリ

茶州の州牧として指定期間内に着任するべく
州都の琥(これん)へ向かう秀麗たち。
ところが、茶州を仕切っている茶家の人間に妨害されまくり。
前巻ではなんとか金華というところまでやって来たのですが、
無事期限までに到着することができるのか?

前巻では、秀麗が金華にたどり着くために、
茶州の大商人の息子、琳千夜(りんせんや)の侍女として期間限定で働いていました。
実は、千夜は茶家の茶朔洵(ささくじゅん)だったのでした。
次男坊で役立たずという評価をされたいた彼ですが、
実はとんでもない人物。
心の中身が常人とは違います。
そして、その彼が初めて人間的な感情を持ったのが、秀麗に対してだったのです。
ただし、本人にも、その感情はよく分からないようでしたが。
朔洵の心の変化も読んでいて面白いところですよ。
もしも・・・もっと早くに秀麗に出会えていたら・・・。
朔洵は人間らしい心を取り戻せていたのでしょうか?
それぞれのキャラが元気よく動きまわってくれたおかげか、
悲しいシーンがいっぱいにも関わらず、楽しく読むことができました。

2巻(だったはず)で出てきたちびっ子義賊の翔琳(しょうりん)と曜春(ようしゅん)が
再登場したのも嬉しかったです。
元気もいいし、バカっぷりが可愛いし!!(笑)
でも、彼らって本当に運動能力は優れているし、
野性的な勘が鋭いのか、無茶な行動のわりには何でもうまくこなしているし、
ほんと素晴らしい!!(⌒▽⌒)アハハ!

そういえば、秀麗が茶州への旅に出てから、視界の隅っこを何かがかすめると言っていたのを
私はネズミとかかな?と思っていたのですが、
「人ならざるもの」なんですって。
日常的に出てきたら怖いよねー。((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

アニメでちょこっと見ていたのが、ちょうどこの巻の内容だったようです。
この巻を読んだことで、それまでのモヤモヤがスッキリしました。
でも、春姫のキャラがアニメと原作では違っていた気がするのですけど・・・。

【本編】





【外伝】

(↑amazonアソシエイトプログラムに参加しています。(*- -)(*_ _)ペコリ)

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。