FC2ブログ

恩田陸さん著 『ドミノ』を読んだよ!!

2006年04月04日
恩田陸さんの本は先日『Q&A』という本を読んだのが初めてでした。
(『Q&A』のレビューはコチラ。)
とても面白かったので借りてきたのが『ドミノ』です。
もしかして恩田陸さんの本はこのパターンの書き方が普通なのでしょうか?
登場人物が多く、どんどん視点が変わっていきます。
まゆびが今まで読んだものはわりと登場人物が少ないものが多かったので、
(少ないというよりも決まった登場人物の目線で書かれているといった方がいいかも)
とても新鮮でした。

さてこの『ドミノ』ですが、物語の始まる前のページに
「人生における偶然は、必然である。」と書かれています。
なかなか深い言葉ですよね。
舞台は東京駅周辺。
東京に住んでいる方やよく知っている方はその辺りも楽しめるのかもしれません。
地図も載っていますよ♪
ここに出てくる待ち合わせ場所などはきっと有名な場所なんでしょうね。
先ほども書いたように登場人物は本当にたくさん。
登場人物が絵入りで紹介されているのも面白いです。
生命保険会社の社員たち、舞台のオーディションを受ける子供とその母親たち、
俳句の会のメンバー、大学のミステリ研究会の部員たちなどなど。
それぞれのグループでのトラブルなども楽しめるのですが、
この人たちがどこでどういう風に関係してくるのか。
時間の経過とともに視点が変わりつつどんどん進んでいきます。
あっという間に読むことができましたよ♪
興味のある方は読まれてはいかがでしょうか?
お友達の「KOROPPYの本棚」KOROPPYさんもこの本のレビューを
書かれていますので興味のあるかたはコチラをご覧ください!!
まゆびは読み終わってから読ませていただきましたが、
「うんうん。分かるよ♪」とうなずけるところがたくさんありました。
レビューを読んでから作品を読むというパターンがほとんどだったのですが、
後で皆様のレビューを読んで回るというのも面白いなぁと思いましたよ♪(o^-^o) ウフッ

先日の『Q&A』のコメントで恩田陸さんの本について
他にも薦めていただきましたので予約を入れに行って来ます。

すっかり恩田陸さんの本にはまってしまいました。
次の本が楽しみです♪(*´∇`*)

↓人気ブログランキングに参加させていただいています!!
14:00ごろには新着ランキング51位でした!!
もう少しで新着ランキングの1ページ目に入ることが出来そうです♪
よろしければ今日もポチッとお願いいたします。<(_ _)>
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

トラバ&記事でのご紹介、ありがとうございます。
こうやって時が経ってからも感想を共有できるのが、
ブログのいいところですね♪

>もしかして恩田陸さんの本はこのパターンの書き方が普通なのでしょうか?
>登場人物が多く、どんどん視点が変わっていきます。

複数の人物の回想や会話から、状況が浮かび上がるという手法が、
彼女の得意技という感じがしますね。
私も沢山読んでいるわけではないので、なんとなくですが。

テンポのよさに、ちょっぴり赤川次郎を連想した作品でした。
KOROPPYさん、こんにちは♪ヽ(=´▽`=)ノ
本当に本のレビューがあちらこちらで読めるのは
ブログのいいところですよね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
KOROPPYさんのご紹介で出合えた本もたくさんあるので、
本当に感謝しています。<(_ _)>

やはりそうなのですか!!
いろいろな視点からの状況説明がうまいですよねぇ。
またいろいろ借りてこようと思っています。

>テンポのよさに、ちょっぴり赤川次郎を連想した作品でした。
まゆびは赤川次郎さんの本もかなりたくさん読んでいるので、
さらに楽しく読めたのかもしれませんね!!
こちらにもこんばんは♪
登場人物が、たくさん。いるんですねー。
最近読書とは離れていたのですが、ブログで本を紹介されている方が多くて、久々に読んでみたいなぁーなんて思ってました。
恩田さん、名前は聞いた事がある程度。
登場人物が多いのは苦手ですが(覚えられないの・・・。)日本人ならまだいいかも(外人だともう訳わかんなくなっちゃうので)。
そっかー。でもテンポもよく進んでいくとなると、あっという間に読めちゃうかもしれませんねー。チェックしてみまーす。
enuさん、こちらにもコメントありがとうございます♪o(*^▽^*)o~♪
enuさんはどんな本が好きなのかなぁ?
確かにまゆびも登場人物が多いと混乱して、
初めの方にある登場人物一覧などを読み直したりすることもありますが、
(ない場合は初めの方のページをパラパラしてます。)
このお話はわりとキャラクター設定がきっちりしているので
混乱することはなかったです。
まゆびは図書館派なので、とりあえず借りてきて、合わなかったら
即返却してますけどね!!(笑)
もしも図書館へ行かれることがあったらチェックしてみてくださいね♪ヾ(=^▽^=)ノ
ドミノ、楽しかったようですね。KOROPPYさまが言われるように次々と展開するテンポのよさは赤川次郎を連想させますね。でも、恩田さんはいろんな作風があるようで(ととろもほんの一部しか読めてません)ファンタジーあり、ホラーあり、ミステリあり。
視点が変わるという部分は登場人物の多少に関わらずうまいなあ、と思いますね。
視点が変わる作品の既読本で心に残っているのは『黒と茶の幻想』『木曜組曲』かな。ホラーで好きなのは『月の裏側』。
実は『常野物語』のシリーズに入りたいと思っているところ、未だ手付かず(笑)
また、恩田本を紹介してくださいね。>興味しんしん
ととろさん、こんばんは♪(*゚▽゚*)
この本もあっという間に読むことができました。
>テンポのよさは赤川次郎を連想させますね
本当にKOROPPYさんが言われた言葉で納得でした!!
場面がどんどん変わっていくところもそうですが、
登場人物のユーモラスな会話も良かったです。
>恩田さんはいろんな作風があるようで
そうみたいですね!!
実はととろさんのレビューも読ませてもらったのですが、
(コメントを残さずにごめんなさい。)
作品同士繋がっているものもあるんですよね。
どこから読んだらいいのかちょっと困っている部分もあるのですが。
とりあえず先日てるひさんにご紹介いただいた『六番目の小夜子』を
今日借りてきました。まずはこちらを読もうと思います。
『夜のピクニック』は予約がまだ何件かあるらしい。すごい人気なのね、この本。
ととろさんご紹介の本もチェックさせていただきますね♪
本当にありがとうございました。<(_ _)>
たくさんおすすめしてくださって本当に嬉しいです。(*゚▽゚*)

>恩田本を紹介してくださいね。
もちろん!!図書館にいったら必ず見に行くと思います!!(笑)
まゆびさん、こんばんは♪
今、うさびちゃんに話しかけたら「Q&Aー」ですって!
うさびちゃんも読んだのかな?すごいぞ
視点がころころ変わる書き方・・・わたしは、どちらかと言うと好きではないのですが、恩田さんは、かなりうまく使ってらっしゃるな・・・と思います。
「夜のピクニック」を読んだ友人に、次のシーンが予想できるので、つまらないと言っている人もいました。
うまさの裏返しなので、しかたがないのかもしれませんね。
「人生における偶然は必然である」
まさにその通りですよね。人生に偶然ってないと思います。
てるひさん、こんにちは♪(^▽^)/
うさびは「Q&A」がお気に入りのようですよ♪
ちなみに「ドミノー」もよく叫んでます!!
まゆびといっしょで恩田陸さんファンになったのかな?
ととろさんのところのぴょんちゃんは三浦しをんさんの広報ペットちゃんのようなので
うさびは恩田陸さんの広報ペットに立候補させようかしら!!(笑)

>視点がころころ変わる書き方・・・わたしは、どちらかと言うと好きではないのですが、
>恩田さんは、かなりうまく使ってらっしゃるな・・・と思います。
まゆびはこのタイプの本をあまり読んだことがなかったので、すごく新鮮でしたよ。
他の方のこの書き方はあまり覚えがないのでなんとも言えませんが、
恩田陸さんのこの技法にははまってしまいそうな予感です。(o^-^o) ウフッ

「夜のピクニック」は予約待ちなのでなかなか読めませんが、
(すごい人気の本だったようですね!!)
まゆびはかなり楽しみにしています。
次はお薦めしていただいた「六番目の小夜子」を読みます♪
(昨日借りてきたのー♪(o^-^o) ウフッ )
また、レビュー書きますねー♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->