スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻原浩さん著 『愛しの座敷わらし』を読んだよ!!

2009年03月08日
座敷わらしって、妖怪?幽霊?神様?
よく分かりませんが、子供の姿をしていて、座敷わらしのいる家には
福がくるとも言われているそうです。
この本の中でも出てきますが、座敷わらしが生まれた理由は
悲しいものです。。。

そんな座敷わらしがいる家に引っ越すことになった5人の家族。
もちろん座敷わらしがいるなんて知ってたわけではないですけど。
お父さんの転勤で東京から田舎に引っ越すことになった高橋家。
おばあちゃんの澄代、お父さんの晃一、お母さんの史子、娘の梓美、息子の智也。
バラバラだった家族が、ここに引っ越してきたことで変わっていく。
家族の温かみ、人と人とのつながりを感じる事の出来た作品でした。

この物語に出てくる座敷わらしが本当にとてもかわいらしくて、
家族みんなが最終的には、座敷わらしを怖がらずに受け入れたのも
分かるような気がします。
ほっとできる最後もよかったです♪(*´ω`*)

高橋家が住むことになった座敷わらしのいる家はなんと築130年!!
囲炉裏もあるそうで、素敵だなぁとは思うけど、
便利になれちゃった私は1日で音をあげちゃうだろうなぁ。(^^;;
装丁もこの話に合っていて素敵でした。
舞台となっている古民家の絵で、ちょこっと座敷わらしが顔を出しているのが
とても愛らしいです♪


amazonアソシエイトプログラムに参加させていただいてます。(*- -)(*_ _)ペコリ

↓ポチっとよろしくお願いします♪(=´ー`)ノ ヨロシク
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

- from
管理人の承認後に表示されます [Read More]

コメント

まゆびが話するの?
いっぱいお話したいことあるんだけどねー。
なかなかねー。(^^;;
拍手&応援ポチ☆
うさびのコメントが(*´艸`)

座敷わらしの誕生話をテレビで聞いたけど
やはり悲しい話だったような…
それなのに幸せにしてくれるんだよね…
温かいお話に仕上がった本なんだね♪
あれれ?名前が?(;^_^A アセアセ・・・
コメントありがとうございます!!
レス遅くなりましてごめんなさい。(*- -)(*_ _)ペコリ

座敷わらしに関する話は何点か読んでいるんですが、
どれも悲しいお話ばかりですね。
誕生話は悲しいのに、座敷わらしが出てくる物語は
ほんわか温かいものが多いです。
この作品もよかったですが、
他のも読んでみたいものです♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。