FC2ブログ

北森鴻さん著 『触身仏』を読んだよ!!

2006年05月21日
北森鴻さんという方は知りませんでした。
お友達の「夢見るととろ日記」ととろさん
「深淵のガランス」の記事で北森さんは専門的な分野の作品が多い気がすると
書かれていたのですが、その中の民俗学者というものに魅かれて
本をお借りしました。

3作出ているとのことで予約を入れたのですが、
なんと間違って2作目を借りるというドジを。。。
借りてきたときに「フィールドファイル2」と書かれていたので
もう一度借りなおそうかとも思ったのですが、
短篇集であったので大丈夫だろうと読んでみました♪
特に問題はないようです。多分。
もしかしたら1作目にはもっと詳しい人物紹介があるのかもしれませんが、
そのあたりは初めて読む人でも問題ないように書いてあります。

蓮丈那智という方は女性なのですが、
まゆびは先入観(今まで読んだ本の民俗学者は男性だった。)と
その口調からずっと男だと思って読んでしまったので
途中の彼女という記述にビックリでした。
イメージを切り替えるのに時間がかかってしまいました。(笑)

蓮丈那智という大学教授とその助手の内藤三國がいろいろな謎にとりくむのですが、
この本には「本格民俗学ミステリ」という名前がついています。
民俗学というものには明確な答えがありません。
いろいろな資料を読んで、あちらこちらの伝承などを集めたりして
考証していくのですが、蓮丈那智という人は学会でも大学でも異端と呼ばれるほど
柔らかい頭を持った人なのです。
伝承を集めたり、実際の仏像などを見に行くために大学の授業を休講にして(おいおい!!)
実地検証にのりだすのです。

こちらは全部で5つの短編が入っています。
それぞれに民話や伝承などなどが楽しめるのですが、
まゆびは「死満瓊(しのみつるたま)」が一番面白かったです。

蓮丈那智から内藤にこんなメールが届くところから始まります。
「煙草をやめることにしたから、灰皿を片付けておいて」
ところが、研究室では煙草はご法度だった。
そのため灰皿はもともと置いていない。
このメールは一体なにを意味するのか?
そして蓮丈自身がある殺人事件に巻き込まれていきます。

民俗学の上での謎にも挑みながら、周りで起こるいろいろな事件を
解決していく。ダブルで面白いです♪
神話の謎や民話の謎に新しい切り口で挑むところが
とても楽しめますよ♪

ととろさん、とても素敵な本を教えていただきありがとうございました♪
次こそは第1作目を読みたいと思います♪

↓いつも応援クリックありがとうございます。<(_ _)>
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本の紹介:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんは!
なんと北森さんを読まれたのですね。記事を読んでどうやらまゆびさまもお気に召されたようでうれしいです。民俗学ってなかなか普段の生活には関わりがなさそうで実はそういう生活を研究する学問なんですよね。
私は風習とか民話とかそういう中から想像して立証していく「フィールドワーク」という作業がとても気になります。ミステリ好きはきっと好きですよね♪
一作目も面白いですよ。3作目は随分とキャラクターも定着している感があるので出来れば最後に読まれるといいと思います。でも、こちらは先に読んでも大丈夫だったと思います。
北森さんは連作集がお得意です。「メビウスレター」以外はととろは大丈夫でした。あっ、でもまゆびさまはそれも大丈夫かもしれませんので、先入観を持たせちゃいけないですよね(^^;
それにしても那智先生を男性と思っていたとは・・・爆
確かに喋り口調は男性的ではある。きっとそのせいですよね!
ととろさん、こんばんは♪(^▽^)/
本当にまゆびのツボにはまる本でした。民俗学だなんて名前も内容も知らなかったのに今では楽しくて楽しくて♪と言っても本当に内容を理解しているかと言われると、「・・・」ですけど!!(笑)
>私は風習とか民話とかそういう中から想像して立証していく「フィールドワーク」という
>作業がとても気になります。ミステリ好きはきっと好きですよね♪
そうですよね。犯人探しと似たところがありますものね。この説は成り立つのかどうかいろんな資料を考証しながら結論にたどりつくあの作業が好きです♪
>でも、こちらは先に読んでも大丈夫だったと思います。
良かったー。またやっちゃったかと思いました。(笑)
1作目の予約を早速入れてこようと思います♪
北森さんのほかの作品もとっても気になるところですね。
まずはこちらのシリーズを読んだら次のシリーズに入ろうかな?(o^-^o) ウフッ
>それにしても那智先生を男性と思っていたとは・・・爆
>確かに喋り口調は男性的ではある。きっとそのせいですよね!
ちょっとまゆびもショックでした。(笑)途中で気がついたときにもう一度初めに戻って読み直してしまいましたわー!!あの口調は男だと思いこんだのでしょうね。(苦笑)
まゆびさん、こんにちはー♪

>3作出ているとのことで予約を入れたのですが、
>なんと間違って2作目を借りるというドジを。。。
あらあら・・・でも問題なしでよかった♪よかった♪

>神話の謎や民話の謎に新しい切り口で挑むところが
>とても楽しめますよ♪
へぇ~♪それはおもしろそうですね。これもφ(・ω・ )かきかき
民俗学というのも結構ツボですよー♪(全然知らないけど興味あり・・・笑)
短編集というのもyozoにはラッキーかもね(爆)
yozoさん、こんにちは♪(^▽^)/
借りてきて2作目と分かったときはかなりのショックでした!!
でも本当問題なしでよかったです♪
以前の恩田陸さんの「黄昏の百合の骨」の二の舞になるかと思いましたわ!!(笑)

>民俗学というのも結構ツボですよー♪(全然知らないけど興味あり・・・笑)
まゆびも全く知識なしでしたよー。でも読んでみるとスサノオやアマテラスに関する謎に挑んだり、民話は一体何のことを言っているのかを考証したりなどなど、頭の固いまゆびには面白いことだらけでした。短編なので少しずつ読めるのもよかったです♪
ぜひ機会があれば読んでみてくださいね♪ヽ(=´▽`=)ノ
こんにちは。ああ、、、どんどん読みたい本が増えていくぅ。しかしさっぱり読書は進まない。。。ううーーん。でも、民族学って面白いかも。
私は全然詳しくはないのですが、興味あるなぁー。

何冊かルポやエッセイのような形で民俗学の本を出されてる作家さんの本は何冊か読んだことはありますが。ミステリーとあわせるなんて!!!すごい。
むしろ堅苦しく書いてあるよりも、私のようにあまり知らない人は楽しめるかも知れないなぁーとおもって、読んでました。

あさって、、、図書館に行く日。
あああ。。。読み終わるかなぁ・・・。
enuさん、こんばんは♪ヽ(=´▽`=)ノ
読みたい本が増えていく嬉しい悲鳴はまゆびも毎日あげてます。(笑)
まゆびも民俗学だなんて本当に何を研究しているのかも知らないし、
(今も細かいことは知らないけど。)自分の趣味には合わないと思っていたのですが、
読んでみると本当に面白いの♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
実際に研究されている方たちはなかなか証拠となるものが見つからないし、
推論を軽々しく口に出せないのでしょうが、
小説はそれができますからね♪だからこそ面白いと思います♪
もしも機会があれば読んでみてくださいね♪
ちなみに北森さんのこの民俗学者シリーズの
第1作目は「凶笑面」という本だそうです♪
まゆびも予約に行ってこようと思ってます♪(o^-^o) ウフッ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->