FC2ブログ

アンソロジー小説 『「ABC」殺人事件』を読んだよ!!

2006年06月23日
最近図書館でよく見かけるのが、アンソロジー小説。
いろいろな作家さんの作品をまとめた本です。
もちろん以前からたくさんあったのだと思うのですが、
もともと同じ作家さんの本ばかりを読むまゆびの目には
入っていませんでした。
この頃いろんな本を読んでみようと思って図書館でもいろんな棚を見るのですが、
その時に見つけたのがこの『「ABC」殺人事件』という本でした。
有栖川有栖さん、恩田陸さん、加納朋子さん、貫井徳郎さん、法月綸太郎さんの
作品が1冊に収められています。
まゆびは恩田陸さんの作品が読みたくて借りたのですが、
もちろん他の4人の方の作品も気になります。
有栖川有栖さんは、以前綾辻行人さんと2人で
読者への挑戦という形で「安楽椅子探偵」というテレビの原作を作られているのを知って
興味を持ち、何冊か読ませていただきました。
ちなみに綾辻さんもこのとき初めて知り、
本を借りてみて読んで、ファンになりました。
法月綸太郎さんは名前だけ、加納さん、貫井さんは全く知りませんでした。
こういったいろいろな作家さんの作品を読めると言うのは
新しい作家さんに出会える可能性が広がりいいかもしれませんね。
まゆびが一番気になったのは法月綸太郎さんで
作品の1ページ目に主な著作が載っているのですが、
「密室教室」「雪密室」などなど名前からしてミステリー好きには
たまらないって感じがしたのです。
何冊か他の作品も読んでみようと思っています♪

5つの話全部の感想は書けないので、
2つの話をピックアップさせていただきます。

まず恩田陸さんの「あなたと夜と音楽と」の感想です。
こちらはなんと2人の会話のみで話が進んでいきます!!
ラジオ番組「あなたと夜と音楽と」のDJである
大森マサトと池尻ミナのラジオ中にどんどん話が展開していきます。
まず初めの放送で放送局内で起こったある事件が話題になります。
ビルの入り口に雛人形が置かれているというものでした。
そして次週の放送のときには地球の形のビーチボール!!
その次の週も続きます。さぁ、一体何のメッセージなのか?
とても楽しめたお話でした!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン

次は法月綸太郎さんの「ABCD包囲網」へ♪
警視庁捜査一課の久能警部のところに
鳥飼俊輔と言う名のサラリーマンがある女性を殺したと
自首してきます。ところがその事件はもう警察内では
他の男の犯罪としてほぼ調査を終えていました。
久能警部は念のため鳥飼の話を聞きますが、
殺しとは無関係と判断し、帰します。
ところがまた一週間後、他の事件の犯人だと自首して来ます!!
この事件にも無関係だったためそのまま帰しますが、
一体この男の目的は何なのか???
少し気になった部分もありましたが、面白かったです。
アンソロジーもなかなかいいじゃん!って思ったまゆびでした。(笑)

↓ 読んでくださってありがとうございましたー♪
応援よろしくお願いします♪ヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読書メモ:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんにちはー。まゆびさん。
わーい一番乗りかなぁー??

アンソロジー小説。
あるねー。私も読んだことないよー。でも、、、恩田さんはやっぱり気になるー。
いつもレンタル中なんだもん。図書館・・・。
何冊かは買って読んで、、、気づいたら4,5冊は読んでるかも♪
私もまゆびさんのお陰ですっかりはまっちゃったよー。

実は他の作家さんたちは知らないの・・。
でも読んでみたくなったよー・・・。
ミステリー紹介してもらうと、どうしても結論が書けないから、、、気になる気持ちもぐんぐん。
あ、、、さっさと、いまの読んでまた借りに行かなきゃーーー!!!
まゆびさん、こんばんはー♪
アンソロジー小説。 確かに図書館だけでなく増えたような気がしますよ。
「安楽椅子探偵」は興味があったのですが、
実は放送日をまちがってしまって、見れませんでした。(苦笑)ε- (´ー`*) フッ

>法月綸太郎さんの「ABCD包囲網」
なんかとても気になりますね。おんなじように自首してくるなんて・・・
ってちょっと法月さんを気にするようにしますね。(笑)

今日は久しぶりにでっかい子がいますね。(爆)
ちゃんと応援してるよー!凸ぽちっとね(笑)ヾ(*゚ー゚*)ノヾ(。。*)ノ
こんばんは。

タイトルを見て、アガサ・クリスティーかと思っちゃいましたw
アンソロジーなんですね。

>法月綸太郎さんは名前だけ、加納さん、貫井さんは全く知りませんでした。

加納朋子は『ななつのこ』と『ささらさや』
(今続編の『てるてるあした』とあわせてドラマ化されています)がおすすめです。
ほのぼのした中に、日常の謎を組み込んだ作品です。

貫井徳郎は『慟哭』くらいしか読んだことないですが、
なかなかよいミステリでしたよ~。

法月倫太郎は新本格の代表ですよね。
エラリー・クイーンのような推理が好きであれば、
ずばりハマるかと思います。

メンバーも興味がありますし、まゆびさんの感想も好印象なようなので、
機会があったら探してみたいなと思います。
最近はそういう本もあるんですね~。
全く知りませんでした(・ω・;A)アセアセ…世に取り残されてるなww
まゆびさんは本当に沢山の本を読まれるのですね~。
見習わなくっちゃといつも思うのに・・・
仕事関係の未読専門書がすでに隣に山積み。。。凹○コテッ
ワク((o(・ω・。o)(o。・ω・)o))ワクしながら読める本をゆっくりと読みたいものです。
enuさんl、こんにちは♪(*'ー')
一番のりでコメントいつも本当にありがとうございますー♪
アンソロジー小説は本当にいろいろあるみたいですね。
講談社文庫でもたくさんあるみたいでおととい図書館に行ったときに
また1冊借りてきちゃいました。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
恩田さんの本、もう4、5冊読んじゃったのですね。
気に入っていただけてよかったです♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびも今読んでいるのは恩田さんの本なのです。(o^-^o) ウフッ

まゆびも知らない作家さんばかり。
でもおかげで興味が広がりました♪(o^-^o) ウフッ
また他の本を借りてみれば、その作家さんのファンになるかもしれませんし。
図書館で借りるので、合わなければ返せばいいしね。
こういったアンソロジー小説で出合う本もあるかもしれませんよ。
また機会があったらチェックしてみてくださいね♪ヾ(=^▽^=)ノ
yozoさん、こんばんは♪(*'ー')
おお、yozoさんも「安楽椅子探偵」見逃しましたか!!
実はまゆびもなのです。。。1ヶ月くらい前から楽しみにしていたのに。。(苦笑)

>なんかとても気になりますね。おんなじように自首してくるなんて・・・
読んでいてまゆびもいろいろ推理してみたのですが、
結局思いつきませんでした。。。
まぁ、いつも推理しても当たらないのですけどね。(笑)
法月さんの本をこの間図書館で探したら、なんと1冊しか残っていなかった!!
人気のある作家さんなのですね。

いつもいつもでっかい子に応援をありがとうございます。(爆)
KOROPPYさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
>タイトルを見て、アガサ・クリスティーかと思っちゃいましたw
確かに有名ですものね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびも大分前に読んだので読み直したいなぁと思っています。

>加納朋子は『ななつのこ』と『ささらさや』
>(今続編の『てるてるあした』とあわせてドラマ化されています)がおすすめです。
おすすめありがとうございます。<(_ _)>
そうそう、このタイトルもすごく気になっていたのですよね。
なんと続編がドラマ化!!知らなかったなぁ。残念。
また読みたいリストに入れさせていただきます!!
>貫井徳郎は『慟哭』くらいしか読んだことないですが、
今回読んだ短編もなかなか面白かったです。
まぁ、こちらも最後の終わり方はうーんと思ったのですが。(笑)
『慟哭』もチェックさせていただきますね!!
>法月倫太郎は新本格の代表ですよね。
そんな感じですね。エラリー・クイーンは本当に数冊しか読んだことがないのですが
読んだものは面白かったのでまゆびのつぼにはまるかもしれませんね。

短編なので気軽に楽しめました。
機会があったらぜひ読んでみてください♪ヾ(=^▽^=)ノ
モンビッケさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
>最近はそういう本もあるんですね~。
思ったよりもたくさん出版されているみたいです。
短編を集めるから出版社としても作りやすいのかしら?
おととい図書館で見ていたら講談社文庫でもすごくたくさん出てましたよ!!

モンビッケさんはお仕事が大変そうですね。
いつも記事を読んで、頑張ってるなぁなんて思っています。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
くれぐれもお体にはお気をつけください!!
また時間に余裕があるときにでも読書楽しんでみてくださいね♪(*'ー')
はじめまして。

知らない作家とのめぐりあいって感じで、
アンソロジーっていいですよね。

EQ7世さん、はじめまして♪(*^-^)ニコ
コメントありがとうございます。<(_ _)>
>知らない作家とのめぐりあいって感じ
そうですよね。新しい作家に出会えて世界が広がるかもしれませんものね。
また機会があったら読んでみようと思っています♪(o^-^o) ウフッ
アンソロジーってちょっとお得感がありますよね。私は推理作家協会なんかのを読みます。最近はちょっと離れてますが・・・
挙げられてる作家さんでは、有栖川有栖さん、恩田陸さん、加納朋子さんが好きです。貫井徳郎さんは読んだ記憶があるんですが・・・覚えてない!(笑)
実はのりりん(法月さん)には興味があったんですが未読なんですね。エラリー・クイーンは高校時代に思いっきり嵌ったので好みかも~。

安楽椅子探偵は関西限定だったっけ?中部は弱かった気が・・・その綾辻さんは『十角館の殺人』はめちゃ面白かったんですが、その後館シリーズを追いかけようとして『時計館の殺人』で挫折。ゆえに最新作も未読です。彼のはホラーの方が好みです。

それにしても加納さんの作品ドラマ化されてたの?知らなかった。
この作品は面白そうだなぁ。
クリスティーに捧げるアンソロジーですか??

有栖川さんと法月さんはどっちも好きで、ぱらぱらと読んでます。
法月さんの「雪密室」はシリーズものになってます。
「雪密室」→「頼子のために」→「ふたたび赤い悪夢」の3つでセットみたいです。
でもやっぱり「生首に聞いてみろ」が法月さんでは一番インパクトありました。

まゆびさんも恩田さんを結構読んでらっしゃいますね。
私はすっかりはまってしまい必死に読んでます(笑
面白くて、新作が出るとすぐ読みたくなる「恩田陸の次々商法」状態なのです(爆

そして、こっそり(?)
            私も大阪に住んでます♪

ととろさん、こんばんは♪(*'ー')
>私は推理作家協会なんかのを読みます。最近はちょっと離れてますが・・・
おととい借りてきたのはこの協会のものでした!!
よくよく棚を見てみるとたくさんあってどれにしようか悩んじゃいました。
ととろさんも有栖川さんファンでしたか!!まゆびは数冊しか読んでいませんが、
かなり面白かったので機会があれば読んでみたいと思っているのです。
加納さんはKOROPPYさんにおすすめしていただいたので楽しみ♪(o^-^o) ウフッ
>実はのりりん(法月さん)には興味があったんですが未読なんですね。
のりりんって可愛いなぁ。(笑)まゆびもすごく興味津々です。

そうそう、安楽椅子探偵は関西限定で、こちらではイベントもやっていました。
実際に有栖川さんや綾辻さんに会えるというイベントもあったらしい。
綾辻さんの館シリーズ、挫折しちゃいましたか。まゆびは好きなのですが。
確かに「十角館~」がすごく良かったですからねー。
最新刊は予約を入れているところです♪

>それにしても加納さんの作品ドラマ化されてたの?知らなかった。
>この作品は面白そうだなぁ。
もちろん、まゆびも知りませんでした。( ^_^)/\(^_^ )オナカマ
確かに面白そうな作品ですよね!!
なほまるさん、こんばんは♪(*'ー')
>クリスティーに捧げるアンソロジーですか??
そうなんです。全ての話に何らかの「順番」が絡んでいます。
なかなか楽しめましたよ。(o^-^o) ウフッ

法月さんの作品のことを教えてくださりありがとうございます。<(_ _)>
そうかぁ。シリーズ物なのですね!!
前も順番を間違って悔しい思いをしたので助かりました!!
教えていただいた本、読みたいリストに入れておきます♪
「生首に聞いてみろ」はすごく気になります!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
すごーく楽しみー♪(*´∇`*)

そうなんです♪恩田陸さんはブログを始めてから知った作家さんなのですが、
すっかりはまってしまって、図書館に行くたびにチェックしてます。(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
なほまるさんのブログで恩田さんの本のレビューがたくさんあるのを見て
すごく嬉しかったです!!ちょっとずつ読ませていただきますね♪(o'▽')

おお、なほまるさんも大阪でしたかーー!!(*^-^)/\(^-^*)ナカマ!
案外近くに住んでいたりして♪(o^-^o) ウフッ
これからもどうぞよろしくお願いします♪ヾ(=^▽^=)ノ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->