FC2ブログ

石持浅海さん著 『扉は閉ざされたまま』を読んだよ!!

2006年07月04日
お友達の「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
「『扉は閉ざされたまま』 石持浅海」の記事でこの本のことは
初めて知りました。
『このミステリがすごい! 2006年版』で2位だとのことですが、
あまり見たことのないパターンの話でした。

まず一番初めに密室殺人の犯行シーンが描写されています。
なので、犯人、密室にした方法、などなどが先に分かるのです。
そして、少し時間が戻り、仲間たちが集まるところから
話が始まります。
この話での登場人物は7人。たったこれだけです。
大学時代の軽音楽部の中の有志7人、別名「アル中分科会」のメンバーのみ。
主人公であり、そして犯人の伏見亮輔、同期の安東章吾、
一学年先輩の上田五月、一学年後輩の新山和宏と、大倉礼子、
二学年後輩の石丸孝平、そして大倉礼子の妹の碓氷優佳の7名。
卒業してから初めての同窓会のため安東の兄が経営する
成城の高級ペンションに集まります。
皆で昼食をして、掃除をしたあと、夕食までの自由時間に伏見は
新山を殺害し、その部屋を密室にします。
夕食の時間になっても現れない新山。
疲れて寝ているのだろうということで先に夕食をとり、
楽しい時間を過ごしますが、何度か起こしにいったにもかかわらず、
反応がありません。
新山は一体どうしたのか?事故でもあったのか?
それとも自分の意思でここに閉じこもっているのか。
友人たちは部屋の外で心配するが、ある事情があり、
ドアを破るわけにも外の窓を割るわけにもいきません。
犯人である伏見はそれぞれの場面でどう対応すれば自分らしいのかを
考えながら疑われないようにしていきます。
その中で、碓氷優佳は疑問を抱きます。
扉が閉ざされたまま、密室の外で頭脳戦が繰り広げられていきます。
最後に、いろいろな疑問を看破していく優佳の姿がお見事でした。
とても楽しめた作品でした。
KOROPPYさん、素敵な本を紹介してくださりありがとうございました♪(*^-^)ニコ

お友達の「yozoのおすすめ本」yozoさん
「『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 著」の記事でレビューを書かれていますので、
興味がある方はぜひどうぞ♪ヽ(=´▽`=)ノ

↓ 興味が湧いたと思った方がいれば、ポチッとしてくださると嬉しいなぁ♪(*'-'*)
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 著 from yozoのおすすめ本
『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 著「鍵のかかった扉を、斧でたたき壊す」本格ミステリの世界にはよくあるシーンです。「そうではない」話を書こうと思いました。閉ざされた扉を前にして、探偵と犯人が静かな戦いを繰り広げる。この本に書かれているのは、そんな物語です. [Read More]

『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 from KOROPPYの本棚
冒頭に犯行シーンがあり、その後、事件当日を犯人の視点で進む倒叙モノ。 明らかに手がかりとすべく犯行手順を詳細に描写しているので、推理を楽しみながら読みました。 『このミステリがすごい! 2006年版』で2位だけのことはありますね。 密室の扉を開けず、警察も呼ばず [Read More]

「扉は閉ざされたまま」 石持浅海 from なほまる日記(離れ)
扉は閉ざされたまま石持 浅海 / 祥伝社(2005/05)Amazonランキング:40,189位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklogただすけがお世話になっている(?)「のんびり前進じたばた生活」のまゆびさんのご紹介本です。この作家さん、... [Read More]

扉は閉ざされたまま 石持浅海 from 粋な提案
イラストはサイトウユウスケ。装幀はSONICBANG CO;。06年版「このミステリーがすごい!」第2位。七人の旧友が集まる大学の同窓会。伏見亮輔は客室で後輩の新山を殺害、現場を閉ざします。疑問を抱いた碓氷優佳は偽装工作の齟 [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんはー♪
犯人である伏見が主人公なので変な倒錯感がありますよね。
犯人らしからぬように振舞うこと、ごまかせたらほっとするなど、
およそ今までの推理小説のドキドキと逆ですよね。
犯人の伏見と一緒になんとか疑われないようにする・・・
ちょっと困った気分になりましたよ(苦笑)

記事で紹介してくださった上に、トラバまでくださって
ありがとーございまっす♪こちらからもお返しさせていただきました m(_ _)m
面白そうな本ですね。他の方のレビューも読んでみました。
さらに面白そうで、図書館ですかさず予約してみました。
「このミス」のわりには予約数が少なかったのですが、新しい作家さんでしょうか?

恥ずかしながら全然知らない方です(汗

うさびちゃんの投稿には驚きました。
私は最初「うさびちゃんだー」と思って、あんまり長いので、「あれっ違う?」と思い、
でも、これをまゆびさんが書いてたとしたらそれもおかしい(笑 と思い、
びっくりするやら感心するやら・・・・。
一瞬「ぽちっ」とするのを探してしまいました(爆
yozoさん、こんばんは♪ヽ(*^^*)ノ
>犯人である伏見が主人公なので変な倒錯感がありますよね。
本来なら「犯人はこの中の誰だろう?」と思いながら読むパターンが普通なので、
変な感じですよね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
犯人だと思われないようにするにはどう行動すればいいか。
その思考を楽しむことができました。
>犯人の伏見と一緒になんとか疑われないようにする・・・
>ちょっと困った気分になりましたよ(苦笑)
犯人を応援しちゃうというのもなんだかねぇ。(笑)

トラバありがとうございました♪<(_ _)>
いつもyozoさんの本の記事、楽しませてもらっています♪(o'▽')
なほまるさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
なんと、もう予約を!!すごいです!!
>「このミス」のわりには予約数が少なかったのですが、新しい作家さんでしょうか?
2002年にデビューされた方だそうです。
まゆびもKOROPPYさんの記事で初めて知って、
早速お借りしに行って来ましたよ。
なほまるさんの感想も楽しみにしてます♪(o^-^o) ウフッ

うさびの投稿も見てくださってありがとうございます。<(_ _)>
まゆび自身もすごく長い記事に驚きました。
いつもは一行から三行くらいのとても短い記事なのにね。
今回は言いたいことがたくさんあったのかもしれませんね。
>一瞬「ぽちっ」とするのを探してしまいました(爆
うさびが自分でポチッとするボタンをつけてたら面白いですね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
こんにちは。
トラバ&記事でのご紹介、ありがとうございました。
まゆびさんも楽しまれたようで、嬉しいですv-238

倒叙も嵐の山荘もミステリではよくあるパターンですが、
扉を開けないで推理するのが目新しく、面白いなと思いました。

お酒を飲みながら推理するところは、『麦酒の家の冒険』を思い出したり。
KOROPPYさん、こんにちは♪(^▽^)/
面白い本を教えていただきありがとうございました♪(*'-')
薄い本でしたがすごく楽しめましたね♪

>扉を開けないで推理するのが目新しく、面白いなと思いました。
実際に読んでみて、この不思議なお話を体感できて良かったです。
犯人側の心情と探偵側の心情がぶつかる様子がすごく楽しめました♪

>お酒を飲みながら推理するところは、『麦酒の家の冒険』を思い出したり。
このタイトルは知らなかったので検索してみたら、
西澤保彦さんという方の本なのですね。この方も知らない人だわ。
冷蔵庫に冷えたビールのロング缶96本とジョッキ13個があるとは!!
すごい酒の量ですね!!(笑)
面白そうなので、また機会があったらチェックしてみます♪(o^-^o)
こんにちはーまゆびさん。
あれーーー。この本読んだことある???と思ったら、yozoちゃんのとこで読んでたんだぁー。。。あはは・・・。早とちり。。。

これって。。。確かにあんまりない形だよねー。
そっかー。どう振舞ったら自分らしいのか・・・。なるほど・・・。
なんか妙に納得しちゃった。
犯人と怪しまれずにどうしていたらいいのか・・・。
これは逆スリルかも知れませんねー。
もし図書館で出会えたら借りてこよーー。

あ、昨日恩田さんの本借りられたの♪
読み始めたよー(ダヴィンチ・コード読み終わった)ステキな作家さん教えてくれてありがとう☆
まゆびさん(*・ω・)ノ~☆コンバンワ♪
ホントに沢山の本を読まれてますね♪
おかげで次々と気になるものが増えていってます(笑
この本の出だしは、まるで「古畑任三郎」のような感じでしょうかね?
あれも先に殺人シーンから始まってましたよね♪
その犯人のその後の対応と解き明かしていく方の行動が
なお楽しめるような気がします♪
enuさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
yozoさんの記事でも詳しく書かれてありましたし、
最近の記事なので頭に残りますよね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
本が届くまで、お友達のレビューでいろいろ想像しちゃいました。

犯人が先に分かっているタイプの本って
何冊か(多分10冊もないと思いますが)読んだことがあるのですが、
こういったしっかりと推理を重ねていく話は初めてで、
とても面白かったです♪
怪しまれないようにはどうするかという思考が
普通のタイプにはないですからね!!
機会があったらまた読んでみてくださいね♪(*^-^)ニコ

ダヴィンチコードはどうでしたか?
読み終わるの早かったですね!!面白かったかな?
恩田さんの本は何を読んでいるんだろう?興味津々です♪
enuさんも読書を楽しまれているみたいで良かったわ♪(o^-^o) ウフッ
モンビッケさん、こんばんは♪(^▽^)/
この本はすごく楽に読めますよ!!短いですし。
2時間もあれば十分読めると思います♪
>おかげで次々と気になるものが増えていってます(笑
まゆびもお友達のブログで同じ気持ちになってます。(爆)

そうそう、まさに「古畑任三郎」のイメージですね!!
予想外のことが起こったときの対応や、
探偵役の人間との会話がとても楽しめますよ♪(*'-')

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->