FC2ブログ

綾辻行人さん著 『びっくり館の殺人』を読んだよ!!

2006年07月19日
「アンソロジー小説 『「ABC」殺人事件』を読んだよ!! 」のときに
ちょこっと書いたのですが、
何年か前から、朝日放送で深夜に「安楽椅子探偵」というドラマをやっています。
(詳しくは知らないので、どれくらいの頻度で放送されているかは知らないのですが、
2006年の3月に放送された分は6回目だったようです。)
このシリーズは2回に分けて「出題編」「解決編」という風に放送されるのです。
視聴者への挑戦という形になっており、
真犯人、トリックを見破った方の中から一人に賞金50万をあげるのだとか!!
この「安楽椅子探偵」の原作が綾辻行人さんと有栖川有栖さんなのです。
確か2年ほど前だったと思いますが、番組のことをコマーシャルで知って、
このお二人の名前を知り、本を借りて以来、ファンになったのです。

綾辻さんのシリーズに『館シリーズ』があります。
まゆびもこのシリーズから読み始めたのですが、
本格ものって感じで本当に面白かったのです。
「十角館の殺人」が1作目なのですが、
これはミステリ好きなら面白いのではと思います♪
このあと「水車館の殺人」「迷路館の殺人」とどんどん続いていきます。
まゆびは今のところ全作読んでいます。(*^-゚)v

今回読んだのはこのシリーズの最新作「びっくり館の殺人」です。
こちらの本は講談社の
「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の中の
一冊だそうで、子供向けの装丁になっていました。
まゆびの借りた図書館でも児童書扱いのようです。
なぜか江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを思い出しちゃいました。(笑)
多分小学生4~5年生のころだったと思うのですが、
学校の図書室へ行ってワクワクしながら読んだものです。
今の子供たちもあのころのまゆびのように
この本や少年探偵団シリーズを読んだりしてるのかしら?

『館シリーズ』は、謎の建築家が建てた家にはいろんなカラクリがあり、
そして何故かどの館でも血なまぐさい事件がつきまうといったシリーズなのですが、
今回ももちろん一風変わった館が登場します。
その名も「びっくり館」。
主人公の永沢三知也。彼がある古本屋で出合ったある推理小説が
小学生の頃の記憶を呼び起こします。
当時兵庫県に住んでいた三知也はこの「びっくり館」の近くに住んでいたのです。
小学生の間では持ち主がおもちゃ会社の社長さんで、びっくり箱のコレクターで
家のあちらこちらにびっくり箱が仕掛けられていて客がひっかかるのを楽しんでいて、
客はいつも気が気でなかったというからびっくり館という噂があったのです。
他にもいろいろな噂のあるこの館に住んでいた、
トシオと言う少年と三知也は知り合いになります。
トシオはおじいさんと一緒にびっくり館に住んでいます。
たまにビックリ館に出かけてお話をするようになった三知也と同級生のあおいは
クリスマスにびっくり館に招待されます。
その日トシオの家庭教師の新名さんと三知也とあおいは
トシオのおじいさんが密室で殺されているのを発見します。
部屋には隠れるところもなく完全な密室。
一体犯人はどこに消えたのか?

やはり十角館ほどではないですが、子供向けとはいうものの、
大人のまゆびでも楽しめたし(物足りない気はしますけどね。)、
最後もぞくっとさせられる綾辻さんらしい作品だなぁと思いました。
「なほまる日記(離れ)」なほまるさん
「「びっくり館の殺人」 綾辻行人 」の記事で書かれていましたが、
確かにこの本の結末は館シリーズの終わり方ではないかもしれませんね。
綾辻さんの他のシリーズで、「囁きシリーズ」というぞくっとさせられるシリーズがあるのですが、
(まゆびは1~2冊しか読んでいないのですが。)
確かにそちらのシリーズのイメージだなぁと思いました!!

こちらの本は、館シリーズについて全く知らない方でも全く問題なく読めそうですよ。
でもぜひ十角館の殺人を読んで欲しい!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン

↓読んでくださってありがとうございます♪
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読書メモ:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

「びっくり館の殺人」 綾辻行人 from なほまる日記(離れ)
びっくり館の殺人綾辻 行人 / 講談社(2006/03)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog綾辻さんの「館シリーズ」の最新刊であるのだけれども、子供向けの「ミステリーランド」というシリーズの書き下ろしでもある... [Read More]

『びっくり館の殺人』 綾辻行人 from KOROPPYの本棚
ミステリーランドであり、館シリーズの正当な第8作目。 館としてのミステリ性よりも、 [Read More]

コメント

まゆびさん(。・ω・。)ノコンチャ☆・゚:*:゚
びっくり箱の館って楽しそう~ワク((o(・ω・。o)(o。・ω・)o))ワク
そういう館が本当にあったらいいのになぁ。
あ、でも怖い事件はナシで(笑
血なまぐさいの苦手ですが・・・本なら大丈夫(笑
こんにちはー。まゆびさん。
またまた。本の紹介だぁー♪なんかまゆびさんの記事を読んでいると、本に対する愛情が伝わってくるよ♪本当この作品が好きなんだなぁーって、思う、だから!!!!読みたくなるんだろうなぁー。
綾辻さん。。。覚えておこう。うんうん。
私は一人の作者の作品をがががーーーと読みたくなっちゃうので、恩田さんばっかり・・・。気づいたら・・・。
でも違う作品も読んでみたいしなぁー♪
ぞくっとかぁ・・・。わたし。。。怖がりだけど大丈夫かなぁー・・・。
でも。。。怖いもの見たさもあったりしてねー♪
モンビッケさん、こんばんは♪\(^▽^)/
>びっくり箱の館って楽しそう~ワク((o(・ω・。o)(o。・ω・)o))ワク
ですよね!!あまりひどいびっくり箱は困りますけど。(笑)
>そういう館が本当にあったらいいのになぁ。
この「館シリーズ」に出てくる家って本当にいろんなカラクリがあって、
面白そうなのです。
実際にカラクリ館を作って欲しいですよね!!
そしてどこにカラクリがあるか見つけさせてくれるの。
楽しそう♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>あ、でも怖い事件はナシで(笑
そうですよね。まゆびも本ならOKです!!(o^-^o) ウフッ
enuさん、こんばんは♪(^▽^)/
>なんかまゆびさんの記事を読んでいると、本に対する愛情が伝わってくるよ♪
そう言ってもらえると本当に嬉しいです!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
本を読むのは本当に楽しいし、まゆびはわりとお気楽に本を読むので、
細かいことには全くこだわりませんしね。(←ちょっとはこだわれって?笑)
綾辻さんの本は不思議な世界観ですが、面白いです♪
ぜひ一度読んで欲しいです♪
>私は一人の作者の作品をがががーーーと読みたくなっちゃうので、
>恩田さんばっかり・・・。気づいたら・・・。
まゆびも以前はそうだったのですが、最近は皆様のレビューが面白くて!!
いろいろ挑戦してみることにしています♪(o^-^o) ウフッ
図書館で借りているので合わなければ返せばいいので気楽に試せますね♪
>ぞくっとかぁ・・・。わたし。。。怖がりだけど大丈夫かなぁー・・・。
>でも。。。怖いもの見たさもあったりしてねー♪
まゆびは怖い話とか好きなのです。(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
でも今回の話は大丈夫じゃないかな?子供向けだしね。
館シリーズを順調にこなして見えるまゆびさま。
時計館で挫折したととろです。
そうなの、十角館は絶対に面白いの。ととろにとって後は普通でしたが、このシリーズは熱烈なファンがたくさんいるので、単にととろに合わなかったのかも・・・

ミステリーランドは人気の作家さんたちが子供用に書き下ろしされて豪華ですよね。で、大人が読んでも面白いのも多いし。

それにしてもまゆびさまは読むペースが早いです(@0@)
まゆびさん こんばんは

よく見たら、わたくし記事に出演してますね(!) ありがとうございます。
TBもいただいてますし、重ね重ねどうもです。こちらからも送らせていただきます。

綾辻さん、「十角館」からの大ファンですが、
「十角館」の衝撃を超える作品にはなかなか出会えませんねえ。
最後のオチで本当に「あー・・・」と声が出たのは多分初めてでした。

それにしてもこの「ミステリーランド」のシリーズは豪華執筆陣ですよね。
こちらも読破したい という気持ちがむくむくと湧いてきますが、
とーっても手がまわりそうにありません。


ととろさん、こんばんは♪\(^▽^)/
>時計館で挫折したととろです。
時計館かぁ。確かに賛否両論がありそうだなぁ。
まゆびは単純に感心しましたが。(笑)
十角館は読んだときの衝撃が忘れられません。
なんで早く読まなかったのだろうと思いましたもの。

>ミステリーランドは人気の作家さんたちが子供用に書き下ろしされて豪華ですよね。
>で、大人が読んでも面白いのも多いし。
そうですよね。まゆびも作家一覧を見てビックリしちゃいました。
字が大きいのでかなり違和感を感じましたが。(笑)

>それにしてもまゆびさまは読むペースが早いです(@0@)
こちらの本は量的にはかなり少ないですよ。
あとは早く少年陰陽師に入りたかったからかも。(爆)
なほまるさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
>よく見たら、わたくし記事に出演してますね(!) ありがとうございます。
囁きシリーズの終わり方だという記述にすごく納得したので、
記事に書かせていただきました。
こちらこそトラバをありがとうございました。<(_ _)>

>「十角館」の衝撃を超える作品にはなかなか出会えませんねえ。
>最後のオチで本当に「あー・・・」と声が出たのは多分初めてでした。
そうですよね。まゆびもワクワクしながらページをめくったのを覚えています。
読んだのは大分前なので再読してみようかな?

>それにしてもこの「ミステリーランド」のシリーズは豪華執筆陣ですよね。
そうですね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
気になる本がたくさんあります♪
まゆびも時間があったら読破してみたいです♪
まずは興味のある作家さんから予約してみようかしら?(o^-^o) ウフッ
まゆびさん、こんばんはー♪

>一体犯人はどこに消えたのか?
またまたいいところで止めますねぇ~♪(笑)
これだから、いいのかも知れませんけど・・・気になるなぁ~♪(*^-^*)

少年探偵団シリーズの文庫本があって、ちょっと読んでみると懐かしいぃ♪
って目が輝きましたね。もちろん読んでみるまでほとんど忘れていたのですが、
小学生の頃を思い出しましたよ。今の子どもたちもこの館シリーズを懐かしく思い出す日がくるといいですよね。少年探偵団シリーズもね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
yozoさん、こんばんは♪(^▽^)/
>またまたいいところで止めますねぇ~♪(笑)
>これだから、いいのかも知れませんけど・・・気になるなぁ~♪(*^-^*)
ネタバレしないのがまゆびの方針ですからね♪
本当は書きたくて書きたくて仕方がないのですが。(爆)

まゆびの小学校では、少年探偵団シリーズをわりとたくさんの子が読んでいた
ような気がします。先日図書館でちょこっと見たときは
本当に懐かしかったですよ!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>もちろん読んでみるまでほとんど忘れていたのですが
子供の頃に読んだ本って細かいことは覚えていなくても印象は覚えているので、
実際にパラパラめくるといろいろ思い出しますよね♪(*'-')
おはようございます。
トラバありがとうございました。

>綾辻さんの他のシリーズで、「囁きシリーズ」というぞくっとさせられるシリーズがあるのですが、
>(まゆびは1~2冊しか読んでいないのですが。)
>確かにそちらのシリーズのイメージだなぁと思いました!!
あー、確かに!
ぞわっとくる終わり方だし、明かされた過去の諸々も、
子供向けにはちょっとダークだなぁなんて思いました。
KOROPPYさん、こんにちは♪(^▽^)/
こちらこそトラバをありがとうございました♪ペコリ(o_ _)o))

やっぱりKOROPPYさんも囁きシリーズだと思われますか!!
なほまるさんの記事を見たときに「あ、そうそう!!」って激しく同意しました!!(笑)
>ぞわっとくる終わり方だし、明かされた過去の諸々も、
>子供向けにはちょっとダークだなぁなんて思いました。
ですよね~。背筋に緊張が走る感じのあの独特の雰囲気がありましたし、
ダーク路線だし。確かに子供にはダークすぎかも。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->