FC2ブログ

結城光流さん著 『少年陰陽師 焔(ほのお)の刃(やいば)を研ぎ澄ませ』を読んだよ!!

2006年07月27日
7巻目。風音編の完結です。
前回の悲しい結末はどうなるのでしょうか?
6巻でも書きましたが、勾陣(こうちん)と言う素敵な女性の
神将がいるのですが、
予想通り大活躍でしたね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン

今回は太陰(たいいん)、六合(りくごう)、玄武(げんぶ)の出番が多かったですね。
太陰の外見は、とっても可愛らしい少女のようなのですが、
太陰の操る風はとっても荒っぽいらしいのです。(笑)

今回キャラとして面白かったのは
昌浩の兄の成親(なりちか)でした。
もう結婚して相手の家に入っているので、滅多に顔を合わさないのですが、
会った瞬間に「おお、久しぶりだなぁ、弟よ」って
その台詞は何?みたいな。(笑)

この巻も本当に心が痛みました。

まゆびの前の巻までのレビューはコチラ♪

まずは『窮奇編』
第1巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』を読んだよ!! 」
第2巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け』を読んだよ!! 」
第3巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ』を読んだよ!!」
この3巻で完結です。
(1冊ごとに細かいことは完結していますが、
大きく窮奇編として3巻にまたがっています。)

そして『風音編』は4巻からスタートしています。
第4巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 禍(まが)つ鎖を解き放て』を読んだよ!! 」
第5巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 六花(りっか)に抱かれて眠れ』を読んだよ!!」
第6巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 黄泉(よみ)に誘(いざな)う風を追え』を読んだよ!! 」
今回はコチラの続きになります♪



ネタバレせずに書ける部分が少ないのですが。(汗)
昌浩はある苦渋の選択をせまられます。
どちらを選んでも悲しい結果になる辛い選択。
ですが、彼は大きな決意を胸に秘め、
敵の潜む出雲国(いずものくに)へ行きます。
壮絶なバトルがくりひろげられます。
昌浩は、敵を倒すことができるのか?
そして女術士、風音は一体どうなるのか?

ごめんなさい。この巻に関してはこれが精一杯です。
以下はネタバレになりますのでご注意ください。

まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪

↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ


ところどころにすごく悲しいシーンがありましたね。
読み終わってからもう一度読み直したのが、
昌浩と彰子の別れのシーン。
彰子にもらった大切な匂い袋を彰子に持っていて欲しいと
渡す昌浩。
最後の結末を知ってから読むと
相当の覚悟だったのだなぁと改めて感動です。
昌浩すごい!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン

そして六合が今回はすごかったですね。
冷たそうに見えるのに、実は熱いものを持っている六合。
お友達のKOROPPYさんが記事で書かれていましたが、
(ここにリンクを入れると色が変わって見えてしまうので、
下のリンクからお出かけくださいね♪)
人気急上昇しますよね。
かっこよかったです。

そしてラスト。
もっくんが帰ってきたのはいいのですが、
記憶がないなんて!!
でも、きっと思い出すよね。
あんなに深い絆があるのですもの♪


↑ネタバレ終了!!

この本を紹介してくださった「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
『少年陰陽師 焔の刃を研ぎ澄ませ』 結城光流もぜひ読んでみてくださいね。
ただし少々ネタバレになっていますのでご用心を。
(6巻を読んだあとなら全く問題なしだと思います♪)


↓いつも来ていただきありがとうございます。<(_ _)>
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読書メモ:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 7 「焔の刃を研ぎ澄ませ」 from 夢みるととろ日記
少年陰陽師 7 「焔の刃を研ぎ澄ませ」  結城 光流  角川ビーンズ文庫勿論 [Read More]

コメント

まゆびさん(。・ω・。)ノコンチャ☆・゚:*:゚
このシリーズ本を読んでいないので、安心して全てを読ませていただきましたー(笑
記事の上の方に書かれてる「風音」て名前、本の中ではなんと読むのですか?
実は友達の子供がこの名前なのです。
きっと本は読んでないと思うのですが(読書すると聞いた事無い(爆))
偶然にも同じ漢字でビックリしました。彼女の子供は「かのん」と読みます。
変わった名前で可愛いなぁと思ってたので、変な所で親近感覚えちゃいましたよー(笑
まゆびさん、こんばんはー♪
7巻目ですね。まだまだ続くのですよね。すっごいですねぇ~♪
1冊ずつ記事にしていくなんてね。(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

>悲しい結末はどうなるのでしょうか?
熾烈な戦いを続けているのですよね。当然悲しいことは起きてしまうんですね。


>どちらを選んでも悲しい結果になる辛い選択。
これはつらいですね。昌浩の『大きな決意』って
当然自分の命を懸けるんですね。
どんな戦いなんでしょう。そろそろ想像しにくくなってきましたが、
レビューを読み直していくようにしますね (^○^)

もっくんと彰子のことがかかれていなかったんで、
きっといいところでの登場があるんですね。
もっくんファンのyozoとしてはやきもきしますけど・・・(*^-^)
ネタバレを読んで・・・これからに期待ですね。(*^-゚)vィェィ♪
凸ぽちっとね(笑)
こんにちはー。まゆびさん。
シリーズ7弾ですねー♪今回も心が痛む選択を迫られるんですね・・・。そっか・・・。
でもはまりそう♪もう詠みたくてしょうがなくなってきたもん。
でもね・・・。今日ね・・・。図書館に行ったら臨時休館日で・・・。うううう・・・。
せっかくはるばる行ったのにぃーーー。
この本あったら借りたいなぁーって、ワクワクしていったのにぃーーー!!!
悲しい・・・。暑い中疲れて帰ってきました・・・。
enuのミスだけに・・・。怒りのやり場がない感じ・・・。
今度はミスらず借りて来たいです・・・。
モンビッケさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
>このシリーズ本を読んでいないので、安心して全てを読ませていただきましたー(笑
それならどんどんドラッグしちゃってくださいませ!!(笑)
でもネタバレ部分は読んだ人向けになってて面白くないですね。反省!!
読んでいない人にも楽しんでもらえるように書かなくては!!

なんと「風音」でかのんちゃんですか!!
とっても素敵なお名前ですねー♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
可愛らしいお名前でうらやましいです♪(*'ー')
この本では「かざね」と読みます♪こちらの読みもいいですよね♪(*゚▽゚*)
yozoさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
>7巻目ですね。まだまだ続くのですよね。すっごいですねぇ~♪
16巻まで続きますよー!!(笑)
毎回コメントいただいてありがとうございます。<(_ _)>

今回はどちらの選択をしても悲しい結果になるという辛い選択でした。
本当に昌浩は頑張ったと思います♪
>これはつらいですね。昌浩の『大きな決意』って
>当然自分の命を懸けるんですね。
そうですね。命がけと言う言葉がピッタリの戦いだったと思います。
未読の人にはちょっと分かりづらいですよね。
ネタバレ部分をもう少しきちんと書くように心がけたいと思います。

>もっくんと彰子のことがかかれていなかったんで、
>きっといいところでの登場があるんですね。
彰子は京で待っているのでほとんど出てきませんが、
もっくんに関しては本当に重要な巻になります。
中身を教えられないのが残念です。
まゆびももっくんファンですのでハラハラドキドキでした!!

いつもポチッとありがとうございます。<(_ _)>
enuさん、こんにちは♪\(^▽^)/
今回は前回の続きだったので、止められずに続けて読んだのですが、
泣いちゃいましたよ。
主人公の昌浩、えらいなぁって思いました!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>でもね・・・。今日ね・・・。図書館に行ったら臨時休館日で・・・。うううう・・・。
ああ、それって辛いですよね!!
本を借りようと楽しみにして行ったのにね!!
まゆびも何度か同じことを経験しました。。。
本当に今回は残念でしたね!!
次回は借りられますように!!(*'-')
毎日暑いですが、お体には気をつけてくださいね♪(*^-^)ニコ
いつも細やかな配慮をありがとう。
ととろはまだまだ、今は手を出せない状態ですが、こちらはちゃんとみてます!
「あうあう~~」って言いながら、その時間もまた、楽し♪

実は昌浩が苦渋の決断をする設定って、めちゃくちゃ好きな鬼畜な私ですので、この6,7巻は今からワクワク((o(゜▽゜○)(○゜▽゜)o))ドキドキ状態ですよ。
さてさて、しばらくおやすみだった読書の時間をちゃんと取ってみようかな(爆)
こんばんは。
トラバありがとうございました。

昌浩ってまだ13歳ですよね。
この苦渋の決断をやってのける芯の強さには、本当にすごいなと思います。
もう最後は涙ですね~。

これは六合が私の中で不動の地位となった巻でしたw
ととろさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
まゆびもこの先の巻を持っていながらなかなか手を出せず。。。
>「あうあう~~」って言いながら、その時間もまた、楽し♪
そうかもしれませんねー。
まゆびもKOROPPYさんの記事を見たり、本の表紙を見たりしながら
早く読みたいなぁなんて思っています♪(o^-^o) ウフッ

>実は昌浩が苦渋の決断をする設定って、めちゃくちゃ好きな鬼畜な私ですので
おぉ、そうでしたか!!この決断って本当に強いから出来るのだと思います。
泣けるシーンもいっぱいです!!
いろいろやりたいことがあって時間が足りないですが、
お互い無理をしないようにしましょうね。(*'ー')
KOROPPYさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
>昌浩ってまだ13歳ですよね。
そういえばそうでしたよね。
年齢を忘れてしまうくらい、
とってもかっこよかったです!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびはボロボロと泣いちゃいましたよー。

>これは六合が私の中で不動の地位となった巻でしたw
確かにこの巻での六合は特にカッコよかった!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびも浮気しちゃうかも。(笑)
こんばんは!
やっと、読了。リンクとTBをさせていただきましたのでどうぞよろしくお願いします。
読了したばっかりなので、心がズキズキ、まとまらないです。
故に、一言書いて後はKOROPPYさまとまゆびさまの方へよろしく~してしまった>ごめんね(▽`*

昌浩、苦渋の決断はあまりの事に言葉が出ません。ととろにとっても辛い運命でした。
でも、こんな話が好きなのも確か・・・ごめん紅蓮!
今後の展開が超期待です。
ととろさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
トラバありがとうございましたー♪<(_ _)>
>読了したばっかりなので、心がズキズキ、まとまらないです。
ですよね!!読んだときはまゆびは泣きまくりでしたよ!!
心が痛いの一言でした!!

最後は本当に辛い選択をした昌浩。
本当にそんな決断が出来たことに感動します!!
この後の展開が非常に気になりますね!!
短編集は読み終わって天狐編、少し読み始めています。
こちらも昌浩、辛そうです。どうなるんだろうなぁ。
どんどん読み進めたいですね!!(*'ー')

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->