FC2ブログ

結城光流さん著 『少年陰陽師 うつつの夢に鎮(しず)めの歌を』を読んだよ!!

2006年08月08日
今回は番外編です。
短編が4つ収録されています。
そしてなんと今回はタイトルが命令形ではないのね!!
番外編らしいタイトルをと編集者に求められたそうです。(笑)
下のまゆびの記事の一覧を見ればなるほどですね!!

まずは『窮奇編』
第1巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』を読んだよ!! 」
第2巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け』を読んだよ!! 」
第3巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ』を読んだよ!!」
この3巻で完結です。
(1冊ごとに細かいことは完結していますが、
大きく窮奇編として3巻にまたがっています。)

そして『風音編』は4巻からスタートしています。
第4巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 禍(まが)つ鎖を解き放て』を読んだよ!! 」
第5巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 六花(りっか)に抱かれて眠れ』を読んだよ!!」
第6巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 黄泉(よみ)に誘(いざな)う風を追え』を読んだよ!! 」
第7巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 焔(ほのお)の刃(やいば)を研ぎ澄ませ』を読んだよ!! 」
(こちらも一応一巻ごとに完結してますが、
6,7巻は続けて読むことをおすすめします♪)



6巻、7巻がとても悲しく、辛い巻だったため、
この短編集は本当に気楽に読むことができました。
そしてもっくんの挿絵がとっても可愛いのです!!(///ω///)テレテレ♪

さぁ感想に行ってみようかな?(o^-^o) ウフッ

まず初めのお話のタイトルは「霧の籬(まがき)を吹き払え」
それにしてもこのシリーズは難しい漢字が多いですね。(笑)
コチラは晴明の孫の昌浩ともっくんの出会いの物語です。
登場人物については過去記事を読んでくださいね♪
もっくんと昌浩の出会いは
昌浩が「才能ないよ」と言われて落ち込んでいるときに
降ってきたのだ!!(笑)
昌浩が落ち込んでいたのは陰陽師には絶対に必要な
見鬼(鬼を見る力)の力がないから。
実は、昌浩は子供の頃、見鬼の力が強かったため、
晴明が幼いうちは見えすぎるのもよくないと思い、
昌浩の力を封じていたのでした。そして本人は知らない。
もっくんが降ってきたとき、昌浩は見鬼の力が戻ってきたのかと
喜ぶのですが。。。
その時の昌浩ともっくんのやりとり。
力が戻ったのか確認のために
「な、なぁ、この周りに、お前以外の物の怪とか、いないよなっ!?」
それに対して、もっくん即答。「いるぞ」。。。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ある日祖父の安倍晴明に妖怪退治を頼まれた
(正確に言うなら引き受けさせられた?笑)昌浩は
もっくんに目の代わりになってもらって妖怪退治に挑みます!!
もっくんと昌浩のいつものやりとりがあって楽しめました。
6,7巻が辛かっただけに和みます。

2作目は「朧(おぼろ)の轍(わだち)をたどれ」
こちらの話では今までにも出てきていた車の妖(あやかし)が出てきます。
名前は車之輔(くるまのすけ)。
今までにも遠いところまで乗せてもらったりしています。
とっても気のいい妖なのです。
この話で昌浩ともっくんが立ち向かうのは
朧車(おぼろぐるま)と言う車の妖怪。
各地で被害にあう人たちが続出しているのです。
車之輔に手助けしてもらって戦います!!

3作目はこの本のタイトルにもなっている「うつつの夢に鎮(しず)めの歌を」です。
今はある理由があって安倍邸にいる藤原彰子。藤原道長の娘です。
安倍邸に彰子がいることは重大な秘密。
そのため年末年始の来客から身を隠すため、ある無人の邸に移ります。
その邸には琴が置かれているのですが、
しばらく放っておかれたはずなのに正確な音色を出すのです。
彰子は類まれなる見鬼の力の持ち主。
何かあれば見えないはずはないのですが。。。
一体この琴にはどんなエピソードがあるのか。
この話で面白かったのは彰子が移る家を昌浩が掃除するのですが、
そのあたりにいる雑鬼たちに手伝ってもらうところ。
(昌浩は雑鬼たちに好かれているのです。
とは言っても餅目当てらしいですが。笑)
昌浩、もっくん、雑鬼たちの大掃除を思い浮かべたら笑ってしまいました!!

最後は10ページほどの短編。「玉箒(たまはばき)は愁いを祓う」。
こちらは貴船の神タカオノカミと魂を離脱させる離魂(りこん)の術をつかっているので
二十歳前後見える安倍晴明が酒を酌み交わすシーン。
なかなか面白い対決(?)でした。

楽しく読むことができました♪
次は本編に戻って7巻の続きからになるようです♪

この本を紹介してくださった「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
『少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を』 結城光流にも書かれていましたが、
微笑ましいお話でした!!
KOROPPYさんの記事もぜひ読みにいってくださいね♪(*゚▽゚)ノ

↓いつも来ていただきありがとうございます。<(_ _)>
スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

『少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を』 結城光流 from KOROPPYの本棚
シリーズ初の番外編。 痛々しい戦闘シーンがなく、穏やかでほのぼのした話ばかり。 普段はメインで語られない雑鬼や脇役キャラ、隠れエピソードをたっぷり堪能できます。 本編が辛くシリアスな路線に傾いていたのですが、今回は微笑ましく読むことが出来ました。 のほほんと [Read More]

少年陰陽師 8「うつつの夢に鎮めの歌を」 from 夢みるととろ日記
少年陰陽師 8「うつつの夢に鎮めの歌を」 結城 光流 角川ビーンズ文庫さあ、この「少年陰陽師シリーズを楽しむ会(?)」新メンバーも増えたことですし、私も皆さんに追いつくべく他の本は後回しです。ますます楽しく盛り上がる予感。今回の作品は、思い切り本編が過酷な [Read More]

コメント

こんばんは。
トラバありがとうございました。

>6,7巻が辛かっただけに和みます。
もっくんファンは本編の話があれだけに、
この短編集でたっぷり堪能できますね~。

特に章扉がどれも秀逸ですよねw
掃除しているもっくんとか、
酔っ払っているっぽいもっくんとか、
どれもきゅーっと抱きしめたいくらい可愛い(*^o^*)
KOROPPYさん、こんばんは♪
こちらこそトラバありがとうございました!!
もうもっくんファンのまゆびにとってはたまらない一作でした。(笑)

>特に章扉がどれも秀逸ですよねw
ですね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびはやっぱり酔っ払いもっくんが可愛くてよかったです!!
この本だけでも買って手元に置きたいくらいですわ!!
>どれもきゅーっと抱きしめたいくらい可愛い(*^o^*)
本当に!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン

次は天狐編。5冊もあるんですよね!!楽しみです!!d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
こんばんは!
ととろも丁度こちらを読み始めたところです。
ちょっとバタバタしてるのと、短編集ということで、ひと休みしっぱなしですが楽しく読み始めました。

そうなの、やっぱあの設定へ突き進むには、しばしの休養が必要かも・・・
ここで元気をもらって、覚悟の次巻へと突入ってことかな!
まだ一章なのでこれからうふふと楽しみますね♪
ととろさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
短編集なので読みやすいですよね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まゆびも楽しく読み進めましたよ!!

>やっぱあの設定へ突き進むには、しばしの休養が必要かも・・・
先は気になりますが、確かに一休みした方がいいかもしれませんね!!
本当にほのぼのしてしまいました♪
次の天狐編楽しみですね。5巻もあるし!!ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク
まゆびさん、おはよーございまっす♪
短編集ですか?いろんなエピソードがあるのですね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>もっくんの挿絵がとっても可愛いのです!!(///ω///)テレテレ♪
ほう♪もっくん健在ですか?それはいいなぁ~♪
今までは、シリアスな雰囲気が漂ってましたからね。(*^-゚)

>もっくんに目の代わりになってもらって妖怪退治に挑みます!!
ふふふ・・・そうだったのですか。昌浩は才能がないって思ってたんですね。
晴明に封じられていたのですか?なぁ~るほど。ちょっと分かってきましたよ。
もっくんと昌浩は名コンビなんですね。φ(^∇^ ) メモナノラ 
yozoさん、こんにちは♪(^▽^)/
短編集とても楽しめましたよー♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>ほう♪もっくん健在ですか?それはいいなぁ~♪
>今までは、シリアスな雰囲気が漂ってましたからね。(*^-゚)
そうなんですよ。ずっと悲しいことばかりでしたからねぇ。
なので、本の内容も楽しめましたし、
挿絵もとても可愛くてほのぼのしてしまいました♪o(*^▽^*)o~♪

>ふふふ・・・そうだったのですか。昌浩は才能がないって思ってたんですね。
>晴明に封じられていたのですか?なぁ~るほど。ちょっと分かってきましたよ。
そうなんですよ。能力を封じられていたときの昌浩は
いろいろと肩身の狭い思いをしていたようです。
>もっくんと昌浩は名コンビなんですね。φ(^∇^ ) メモナノラ 
もちろんです!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
もっくんと昌浩のやりとりが大好きです♪
こんにちはー。まゆびさん。
今日ねーー。(愚痴です)図書館に行って借りようと勇んで行ったの!!!しかーーし。少年陰陽師、少年陰陽師と・・・。作者の名前を思い出せず・・・。結局探し出す事が出来ずに違う本を借りて帰ってきたのでした・・・。ううう。。。
いつもこうなのよーー!!私ってば!!!
というわけで、例のごとく恩田さんの本を借りてきたんですけどね♪(これはこれでいいんだけど)
今度は作者の名前もしっかり覚えて図書館に行こうとココロに決めたのでありました。
で。。。これは、前作が辛くて悲しい作品とのことだったのですが、これは楽しいやり取りもあって、面白く読めそうですね!!
早く借りて、ネタバレも読んで、楽しいお話に参加したいなぁー♪と思ってるenuでした♪(愚痴ってごめんなさーい)
enuさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
少年陰陽師、借りられなくて残念でしたねぇ。
でもまゆびも同じようなことをよくやりますよ!!
お友達のブログで読んだあの本の名前なんだっけ??とかね。(笑)
作者の名前だけでも覚えていればまだ探せる可能性もあるんだけど、
それも思い出せなかったのです。。。orz
メモを取っても持っていくのを忘れたことがある。(笑)
でも他にも読みたい本はあるのでよしとしてます♪
enuさんは今回は恩田さんの本ですね。
もうかなりたくさん読まれていますよね。すごい!!

こちらは本当に楽しく読めました。
ほのぼのするシーンがたくさんあったのですよ!!
>早く借りて、ネタバレも読んで、楽しいお話に参加したいなぁー♪
そうですね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
登場人物についてenuさんともいろいろお話したいです♪(o^-^o) ウフッ
こんばんは!
新メンバーも増えたことですしますます気分も盛り上がる「少年陰陽師シリーズ」です。

先を進まれてるまゆびさまが読む力の源だったりして。今回はとてもほっこりとしたお話でタイミングもよかったです。
もっくんファンには必見の一冊ですよね♪
いつものごとくリンクとトラバをいたしましたのでご報告を。どうぞよろしくお願いします。
ととろさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
>新メンバーも増えたことですし
あの方ですね!!(笑)
>先を進まれてるまゆびさまが読む力の源だったりして。
この件に関しては本当に申し訳ないです。
そちらにコメントも残しましたが、
予約が入ってしまったため本を返却しなければならなくなりました。。。
もう一度予約を入れましたが、来るのは2~3週間後だと思われます。。。
もっと早く読み終えるべきでした!!

>今回はとてもほっこりとしたお話でタイミングもよかったです。
>もっくんファンには必見の一冊ですよね♪
そうそう、まゆびにはたまりませんでしたよ。
絵も可愛いですしね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
この巻だけでも買いたいくらいだわ♪(o^-^o) ウフッ
トラバありがとうございましたー♪(*^-^)ニコ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->