スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋克彦さん著 『蒼(あお)い記憶』を読んだよ!!

2006年08月13日

今までにも何度かご紹介してきた高橋克彦さんの本です。
今回の「蒼い記憶」という本は
直木賞受賞作「緋(あか)い記憶」、「前世の記憶」に続く第3弾です。
こちらは短編集ですし、続きものでもなんでもないので、
どこから読んでもOKです。
この記憶シリーズは人の記憶をテーマにした本なのです。
誰にでも子供の頃の曖昧な記憶が残っていると思いますが、
この本の主人公はあることで自分の過去の記憶のおかしなところに気付き、
その記憶を辿っていき、ある真実を突き止めるという物語なのです。
ホラー小説ですので、本当にぞくっとさせられます。


先ほども書いたようにこちらは短編集ですが、
「蒼い記憶」には12の短編が収録されています。
そのうちの何点かについて感想を書きたいと思います。


まずは「幽(かす)かな記憶」
主人公は40代の男性。
主人公は幼い頃に父が自殺、母が失踪していて
養父母に育てられていたので
実の父の墓のあるところさえも知りません。
友人と、実の父母の話をしていて記憶を整理していくのですが、
その当時の電話番号を覚えていたため、
その当時の住所を調べ、実際に行って見ることにします。
行ってみると当時のままの家が残っており、
実際に家を見た主人公は父の自殺、母の失踪についての
真実を思い出します。
オーソドックスな幽霊話ですが、ぞくっとさせられました。


次は「欠けた記憶」
こちらの主人公は50を過ぎたラジオのパーソナリティです。
友人と高校生のときの文化祭のことで盛り上がっていると、
当時、3人の歌手と写真を撮ったことを思い出します。
そして、その写真を探してみると、
貼ってあったアルバムのページが抜き取られていることに
気付きます。
一体誰が何のためにその写真を盗んでいったのでしょうか?
さらに、その当時の写真の中に今仕事でお世話になっている人に
よく似た人が写っているのを発見します。
これは偶然なのでしょうか?かなり短い作品でしたが楽しむことが出来ました。


この記憶シリーズを読んでいると、
そうそう、そんなきっかけで昔のことを思い出すことってあるよねと
思います。とても上手な描写だと思います。(o^-^o) ウフッ


↓ポチッとしてくれるとまゆびが喜びます!!ィェーィ!o(▽^v)v(゚▽^)v(v^▽)oィェーィ!
banner_02.gif
スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

おおっ、ととろは図書館でまゆびさまよりお奨めの「緋(あか)い記憶」を探したのですが見つからずじまいでした。こちらの作品はあるのですがやはり緋から行きたいと思って・・・でもどこから始めてもいいのね。だったらあるのから始めてみようかしら。
ホラーの短編って夏向きですね(^^)
はっ!まだ積読がたくさん・・・冬になっちゃったりして(爆)
ととろさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
そっかぁ。緋(あか)い記憶見つかりませんでしたかぁ。
出来れば緋からいって欲しいものですが、
順番はまったく問題ないかと思われます。
記憶シリーズ、ととろさんに合う本だといいなぁ♪
>ホラーの短編って夏向きですね(^^)
ですよね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
寝る前に読んでたり。(笑)
好きなので恐くて寝られないという経験は
あまりないですが。
>はっ!まだ積読がたくさん・・・冬になっちゃったりして(爆)
同じく。(笑)
まゆびさん(*・ω・)ノ~☆コンバンワ♪
何かのきっかけで思い出す事ってありますよね~(・ω・)(._.)(・ω・)(._.)ウンウン♪
こういう話を読むと、いかにいつも自分が物忘れ激しいか(爆
思い知らされるような気がします(笑
ホラーは苦手ですが・・記憶という部分でとても興味ひかれました♪
モンビッケさん、おはようございます~!!(^▽^)/
そうそうちょっとした言葉で思い出したりしますよね!!
学生時代の友人と話してると、自分の覚えていないシーンの話になり、
徐々に思い出していくことがあります。
あれは本当に面白い!!
>こういう話を読むと、いかにいつも自分が物忘れ激しいか(爆
>思い知らされるような気がします(笑
私もです。(笑)
まゆびさん、こんばんはー♪

>「緋(あか)い記憶」「前世の記憶」
この2さつは家にありますよ。そして、この本も結局買っちゃいましたよね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>記憶を辿っていき、ある真実を突き止める
どんな意外な真実をつきとめるのでしょうか。
これはたのしみですね。(*^-゚)vィェィ♪

>父の自殺、母の失踪についての
>真実を思い出します。
( ̄ヘ ̄)ウーン どんな真実なのでしょうか?
本当に早く読みたいなあ~♪ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク
こんにちはー。まゆびさん。
うーん。気になりますねー・・・。記憶がテーマなのですねー。うんうん。
ぞくっとするような話・・。
こんな暑い季節にはいいですねー(とか言いつつかなりの怖がり・・・。)
記憶って確かにとっても曖昧な部分もあるから、共感できたりする事も多いかも知れないですねー・・・。
そしたら・・・。ますますぞくっとしちゃうかもしれませんね。
是非読んで見たいけれど・・・。読みたい本がいっぱいありすぎてどうしましょーーーー!!!
でも楽しみだからいっかー☆いつも面白そうな本の紹介ありがとうございます。
yozoさん、こんにちは♪(*゚▽゚)ノ
おぉ。「緋(あか)い記憶」「前世の記憶」は読まれてるんですね。
蒼い記憶も買っちゃいましたか!!((o(・ω・)人(・ω・)o)) ナ・カ・マ♪

>どんな意外な真実をつきとめるのでしょうか。
記憶って本当に日が経つにつれて曖昧になりますよね。
とくに幼少時の記憶って大人からの言葉で
与えられた記憶が多いので、いろいろと思い出すと
おかしな点が出てきます。
実際に自分自身の記憶を思い出していく感じなので
意外な真実を思い出す様子が、本当に楽しめます。
yozoさんもぜひぜひ読んでみてくださいね♪(*^-^)ニコ
enuさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
記憶というものは本当に面白いですよね。
このシリーズを読んでさらに考えさせられました。
>こんな暑い季節にはいいですねー(とか言いつつかなりの怖がり・・・。)
そうそう、enuさんは怖いの苦手でしたよね。
でもお昼に読む分には大丈夫かも。
>記憶って確かにとっても曖昧な部分もあるから、
>共感できたりする事も多いかも知れないですねー・・・。
本当にそうなんです。
登場人物の思考が本当に上手く描写されているので、
あ、私もこんなことよくある!!とか思ったところが
たくさんありました!!
本当に読みたい本たくさんありますよねぇ。
まゆびもありすぎて困ってます。(笑)
そうそう、本を読むのは本当に楽しいですよね♪(*^-^)ニコ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。