スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸星大二郎さん著 妖怪ハンターシリーズを読んだよ!!

2006年08月27日

こちらは漫画です。
以前「北森鴻さん著 『凶笑面』を読んだよ!!」の記事での
コメントで「夢見るととろ日記」ととろさん
お薦めしていただいたのです。
これがまた、図書館にあったところが素晴らしい!!(笑)
さて、まず絵を見て。。。うーん。すごい絵だ!!(笑)
でも民俗学のイメージに合っているような気がします。


こちらの漫画は民俗学の研究をしている稗田礼二郎が主人公です。
あちらこちらで住んでいる人の話などを聞いて
民話について調べていき、いろんなことに出合います。


私が借りてきたのは「海竜祭の夜」と「天孫降臨」。
もしかしたら他にもあるのかもしれませんが、
図書館にはこの2冊のみでした。
いろんな種類のお話があったのですが、
面白かったのは「瓜子姫」に関するお話。
天邪鬼(あまのじゃく、またはアマンジャク)が出てくるお話です。
私自身は瓜子姫のお話は大人になってから読んだ(と思う)のです。
「本当は恐ろしいグリム童話」を読んだときに
日本昔話バージョン(作者等は忘れてしまいました。)も読んだのですが、
その本でいろんなバージョンがあることを知りました。


「円環伝承」さま「瓜子姫」のページにハッピーエンド型と
アンハッピーエンド型がまとめられていますので、
興味がある方はどうぞ♪ヽ(=´▽`=)ノ
物語を読むことが出来るページもありますよ!!


こちらの妖怪ハンターシリーズでの瓜子姫に関する考察も楽しめました!!


他にも「花坂爺」や童謡「通りゃんせ」についてのお話も
あって楽しめましたが、漫画のわりには難しい。<(; ^ ω^) マイッタマイッタ
返却期限が来てしまったので返さなければなりませんが、
機会があればもう一度読みこみたいです!!


ととろさん、ご紹介ありがとうございました!!(='▽')


↓ポチッとよろしくお願いします♪<(_ _)>
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

おおっ!まさかこの人の漫画を読んでいただけるとは思ってなかったので感激です。まゆびさまが民俗学に興味がおありだと伺ってのご紹介だったのでした。
なかなか書店では目立ってないかもしれませんが素晴らしい空想力と分析をお持ちの方だと思ってます。
SF出身の方だと思うので「暗黒神話」等がそれですね。集英社が多そう。あと中国ものも面白いです。今回少年陰陽師に「巫コ(コ毒)」てのが出てきますが、この辺がリアルに(隠避で恐ろしい表現で)作品になってます。→あぁ、どうやっても女性に勧める漫画じゃないわ・・・
妖怪ハンターシリーズも最近漫画文庫化されてます。積み本ですがしばらくは読めそうにありません(笑)。イザナギ・イザナミ神話を基にしたものも多いです。あと、ニューギニアと日本の民話を絡めた「マッドメン」が面白かった~。
ネムキ(朝日ソノラマ)のシリーズだけは好みじゃないですが・・・
長くなってしまった。多分、絵柄に引いちゃったんではないでしょうか・・・ひんしゅく?
リンクの「円環伝承」さまはとても興味深いサイトでした。ブックマークをしちゃった♪ありがとうございました。
ととろさん、こんばんは♪\(o⌒∇⌒o)/
ととろさんのおすすめコメントで気になって仕方がなくて。(笑)
名前をメモしておいたのですが、まさか図書館で発見できるとは
思ってもいませんでした!!ラッキー♪(*^-゚)v
>素晴らしい空想力と分析をお持ちの方だと思ってます。
ですよね!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
そんな考え方もあるんだと、驚かされました。
おぉ?他にもおすすめが!!(笑)
そういえば図書館で「諸星大二郎」を検索してみたら
他の本もある感じでした。
妖怪ハンターシリーズはこの2冊のみみたいでしたが。
中国ものかぁ。面白そうだなぁ。
他の本がどんな作品なのかチェックしてみることにします!!

>妖怪ハンターシリーズも最近漫画文庫化されてます。
そうなんですか!!もう最近本屋に滅多に立ち寄らないので、
全然知らないです。
>イザナギ・イザナミ神話を基にしたものも多いです。
おぉ♪読みたい!!
>ニューギニアと日本の民話を絡めた「マッドメン」が面白かった~。
あぁ、こちらも気になる~。(爆)

>絵柄に引いちゃったんではないでしょうか・・・ひんしゅく?
いえいえ、あの絵のおかげで話が盛り上がったと思います。
ああいうタイプの絵の漫画も結構読んでますので♪(笑)
おぉ!!「円環伝承」さまに飛んでくださったのですね!!
私も検索で発見したのですが、面白かった~!!
まだ全部見てないですが、常連さんになりそうです♪(o^-^o) ウフッ

ではでは本当に面白い本を紹介してくださって
ありがとうございました♪(*^-^)ニコ
まゆびさん、こんにちはー♪
諸星大二郎さんのこのマンガは、ととろさんのところで見かけて、
yozoもこっしょり読みましたよ。(^○^)
yozoは黄泉の国の話がとても興味深かったです。
土蜘蛛はとっても気味悪かったですね。ちょうど旅客機の墜落事故の話と絡めて、奇跡的に助かった(?)というか生き還った兄妹の話はとてもおもしろかったですよ。
まゆびさんと同じに、えらい難しいマンガだ!って思ったらヤンジャンでしたね。
そりゃ難しいのありかな?今は、色々なマンガ雑誌があるようですが、当時としては、難しいマンガは、これでしたからね。
って、歳がばれるじゃん(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
yozoさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
おぉ。なんとyozoさんも読まれたのですね!!
>yozoは黄泉の国の話がとても興味深かったです。
とても不思議なお話でしたよね!!
そしてとても難しいお話だった!!
一回しか読めなかったのでもう一度しっかり読み直したいです。
きっと二回目は印象が変わりそうな気がします。
というよりも一回目には気付かなかったことに気付いて
理解が深まるかも!!
>今は、色々なマンガ雑誌があるようですが、
>当時としては、難しいマンガは、これでしたからね。
そうなんですか。ヤンジャンはあまり読んだことがなくて。
他にも興味深い漫画が見つかりそうですね!!
今度チェックしてみます♪(*^-^)ニコ
まゆびさん。こんばんはー。
ほーー。漫画!!!
私あんまり漫画って読まないんだけど・・・。
これって。。。面白そうかも・・・。
日本の昔話が題材になっているんだねー♪
私・・・。あんまり日本の昔話って詳しくないの・・・。
漫画だったら手軽に読めていいかもしれないなぁーと思ったよー!!!
しかも図書館に置いていたって言うがすごい!!!
それだけでも勉強になって、楽しめる本なのかも知れないですねー!!!
機会があったら手にとって見たいなぁー・・。
でも・・・。
すごい絵だ!!ってどんな絵なんだろう・・・。
これも想像が膨らんじゃう♪
うふふ☆
enuさん、こんばんは♪(*゚▽゚)ノ
あら、enuさんはあまり漫画読まないのですね。
私はかなり漫画好きでして。。。
家にもいっぱい置いてあります。(笑)

こちらの本は漫画のわりには難しいです。
日本の昔話や、いろんな言い伝えなどなどについて
柔軟な考え方で描かれています。
こんな解釈もあるんだなぁって思いましたよ!!
そっか。enuさんはあまり昔話知らないのですね。
私は大人になってから、いろいろと本を読む機会があったので、
覚えているだけですが。
あのとき読み直してなかったら知らない話も多かっただろうなぁ。

うちの図書館にはわりと漫画が置いてあります。
ほとんどが予約しないとダメみたいですけどね。
もしも機会があったら見てみてくださいね♪
絵はとりあえず可愛い系ではありません。(笑)
でも民俗学の雰囲気にはふさわしいなぁって思います。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。