スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城光流さん著 『少年陰陽師 儚(はかな)き運命(さだめ)をひるがえせ』を読んだよ!!

2006年10月04日

前の巻でもうとんでもないことが起こり、
気になって気になって仕方がない展開になりました。
こちらを読んでやっとほっと一息です!!


まずは『窮奇編』

第1巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』を読んだよ!! 」
第2巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け』を読んだよ!! 」
第3巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ』を読んだよ!!」
この3巻で完結です。
(1冊ごとに細かいことは完結していますが、
大きく窮奇編として3巻にまたがっています。)


そして『風音編』は4巻からスタートしています。
第4巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 禍(まが)つ鎖を解き放て』を読んだよ!! 」
第5巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 六花(りっか)に抱かれて眠れ』を読んだよ!!」
第6巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 黄泉(よみ)に誘(いざな)う風を追え』を読んだよ!! 」
第7巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 焔(ほのお)の刃(やいば)を研ぎ澄ませ』を読んだよ!! 」
(こちらも一応一巻ごとに完結してますが、
6,7巻は続けて読むことをおすすめします♪)


こちらは番外編です。
第8巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 うつつの夢に鎮(しず)めの歌を』を読んだよ!!」


そして『天孤編』スタートです。
第9巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 真紅の空を翔けあがれ』を読んだよ!!」
第10巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 光の導(しるべ)を指し示せ』を読んだよ!!」
第11巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 冥夜(めいや)の帳(とばり)を切り開け』を読んだよ!!」
第12巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 羅刹(らせつ)の腕(かいな)を振りほどけ』を読んだよ!!」


天狐編のクライマックスなだけに
ネタバレせずに書けるところは非常に少ないのですが。(^^;;
行方不明になっている中宮章子(しょうこ)を探し出すため
昌浩ともっくんは必死です。
陰陽寮の先輩である藤原敏次(としつぐ)が
昌浩の顔を見て「探し物の気が出ている。」
「探し物の在り処は足跡を確かめよ。」との言葉をもらい、
ヒントを得ます。さて昌浩は中宮を助けられるのでしょうか?


ちょっと話がそれますが、
藤原敏次は昌浩の先輩でいろいろ注意をしてくれるのですが、
もっくんはそれが気に入らないらしく、
(実際の能力は昌浩の方が上なので。)
完全に天敵状態。(笑)
敏次を見ると横で悪態をついているのです。
昌浩と敏次が話していると横でごちゃごちゃ言っているのだから
昌浩も大変だよねー。(爆)
私も初めのころは敏次って嫌な先輩だわって思っていましたが、
巻を重ねるごとに、彼の言っていることは正論だし、
ちょっとした一言がとっても優しかったりするので
今ではかなり好きなキャラです♪=^-^=うふっ♪


敏次といえば、十二神将の天一(てんいつ)の美しさに一目ぼれし、
天女と呼んでいるのですが、
今回もちょこっと天一を見てぼーっとなってました。(笑)
そして天一の恋人である朱雀(すざく)の怒りの言葉が面白かったです。
天貴(天一のこと)の方が天女よりも優しくたおやかで美しいのに!!って
怒ってるのですもの!!(爆)(爆)(爆)


今回は晴明がかっこよかったですね~。
安倍邸は強固な結界の中にあるためそう簡単には破れないため
どうしても晴明の血が欲しい天狐の凌壽(りょうじゅ)は
外におびき出すことにします。
他のものたちに危害が及んでいるのを見て
十二神将の反対を押し切って自ら結界の外に出ていきます。
こちらの話もはらはらドキドキでした!!


さてすっかり恒例になってしまったネタバレです♪
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪


↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ


勾陣は紅蓮が取り戻してくれました!!
本当によかったですわー♪
十二神将ナンバー1と2の戦いですからすごいですね。
紅蓮は勾陣に傷をつけるわけにはいかないし、
相手のことを思いながら戦っている様子が痛々しかったです。


晶霞(しょうか)は晴明のお母様だったのですね。
母と呼んでもらえた晶霞の喜びが伝わってきて
暖かい気持ちになりました。


最後は章子も彰子(しょうこ)と呼んでもらえるようになったわけですし、
よかったですね♪(´▽`) ホッ


↑ネタバレ終了!!

「夢見るととろ日記」ととろさん
「少年陰陽師 13「儚き運命(さだめ)をひるがえせ」」
ぜひぜひどうぞ♪=*^-^*=にこっ♪
今回の巻でのととろさんランキングは晴明が一位だったそうですよ♪


↓応援よろしくお願いします♪★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読書メモ:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 13「儚き運命(さだめ)をひるがえせ」 from 夢みるととろ日記
少年陰陽師 13「儚き運命(さだめ)をひるがえせ」 結城 光流  角川ビーンズ文 [Read More]

『少年陰陽師 儚き運命をひるがえせ』 結城光流 from KOROPPYの本棚
天狐編、ついに完結。 親子の絆というものを改めて感じさせるストーリーで、しっかり [Read More]

コメント

流石、まゆびさまのレビューは冷静でしっかりしているわ。ととろなんて殆ど萌えモードで何を言ってるんだかって感じだものねぇ。
だけどそこがライトノベルの魅力、何でもありで許される懐の深さがある。間口が広いです。一つの作品を、シリアスありコメディありどんな読み方をしても自由。
この章はこの作品の一つの転換期って感じがしました。シリーズの奥行もまして、キャラもそれぞれの魅力がハッキリしてきたしね。
今後がますます楽しみです。いったい彼らは何処へ行くのでしょう。
ととろの方へのリンク&トラバ、ありがとう!もう、きっとまゆびさまが先を進まれることでしょうから、次巻のレビューを楽しみにお待ちしてますね♪
ととろさん、こんばんは♪(^▽^)/
しっかりしてます?というかネタバレでないと書けない部分が多くて
ちょっとごまかした感じですが。(笑)
いろいろ書きたいことがあってまとまらないんですよね。
たくさんの魅力的なキャラがいますから、
それぞれに語りたいことがたくさんあったり。(笑)
本当にこれからどうなるのか楽しみですよね!!
とりあえず今次の短編集はあるんですが、
次の巻からは予約が入っていたため再び返さなければなりませんでした。(ノ_・。)
でもこの巻を読んですっきりしたのでいいです!!

こちらこそトラバありがとうございました♪ペコリ(o_ _)o))
まゆびさん、こんばんはー♪

>陰陽寮の先輩である藤原敏次(としつぐ)
途中から読み始めたyozoにとっては、敏次くんは、
いいキャラだと思いますよ♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
もっくんの大人げない態度もおもいっきり笑えます。(^○^)

>朱雀(すざく)の怒りの言葉が面白かったです。
確かに、「そうじゃないだろ?」ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
って感じで面白かったですね♪(^○^)

勾陣、晶霞、晴明、章子、彰子・・・
たくさんのキーパーソンの動向がとても気になるところですね♪(*^-^)
yozoさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
>途中から読み始めたyozoにとっては、敏次くんは、
>いいキャラだと思いますよ♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
そっか。確かに嫌なやつって思ったのは前半の方ですものねー。
天狐編ではとってもいい人でしたわ♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>もっくんの大人げない態度もおもいっきり笑えます。(^○^)
そうですよね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
まさに天敵といった感じで楽しませてもらってます♪

朱雀の怒りはちょっと違うだろうとツッコミたいところですが、
天一のことを本当に大切に思っているんだなぁと思いました♪

この巻は本当にいろんなことがありましたね。
でもすっきりしてほっと一安心の一冊でした。
こんにちはー。まゆびさん。
もう13巻なのですねー!!!
おう!!!すごい!!!
私も早く読みたいです♪

この間のテレビ放送は見れましたか??
イメージとかどうだったのかしらとちょっと気になってたりして・・・。

で・・・。さらに気になったんですが・・・。
この本って・・・。どの位・・・。続くのかしら・・・。
今回でいったん完結(?)したようですが、みなさんのコメント見てると、まだ続きそうな感じだし・・・。

まぁ・☆早く読んでネタバレもみちゃいたいなぁーと思ってるenuでしたぁー♪
enuさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
あっという間にもう13巻。
自分でもビックリしています。
図書館からどさっと本を渡された日には
こんなに読めるかなぁ?って思いましたけど。(笑)

そうそう、アニメはきちんと見ることが出来ました。
記事にもさせていただくつもりです♪
POCになったり、誕生日があったりで
いろいろパニックになっておりまして。ポリポリ (・・*)ゞ

そうそう、実はこのあとも続いているのですよ。
天狐編のあとに一冊短編集があるんですが、
その後はまた新しいストーリーに入っていて
こちらはまだ途中です。(笑)
なので次の短編集を読んだら一旦休憩するのもいいかもしれませんね。
こんにちは。

>私も初めのころは敏次って嫌な先輩だわって思っていましたが、
今のアニメがまさに嫌な奴状態ですよねw
映像で見ると、なんてねちっこい男なんだろうと、
改めて思っちゃいました。

ねたばれの章子の件、よかったですよね。
最後ほっとしました。
KOROPPYさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
トラバありがとうございました♪(o*。_。)oペコッ

そうそうアニメで今、敏次がすごく嫌な先輩ですね~。
原作では敏次もいいやつだと思えていたので、
アニメで見て、初めに持った印象を思い出しました。
確かに映像で見ると表情といい、話し方といいねちっこい。(笑)

章子、全体的にかわいそうな役回りなのですが、
この件はよかったですよね~♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。