スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城光流さん著 『少年陰陽師 其(そ)はなよ竹の姫のごとく』を読んだよ!!

2006年10月08日

さてさて今回は短編集です♪
なのでほっと一息。のんびりと読むことができましたよ♪(^ー^* )フフ♪
こちらのタイトルも短編集らしく命令形じゃありません。
なんと「いま、祓いにいきます」というタイトルにしようかとも
話していたらしい。(爆)


まずは『窮奇編』

第1巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』を読んだよ!! 」
第2巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け』を読んだよ!! 」
第3巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ』を読んだよ!!」
この3巻で完結です。
(1冊ごとに細かいことは完結していますが、
大きく窮奇編として3巻にまたがっています。)


そして『風音編』は4巻からスタートしています。
第4巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 禍(まが)つ鎖を解き放て』を読んだよ!! 」
第5巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 六花(りっか)に抱かれて眠れ』を読んだよ!!」
第6巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 黄泉(よみ)に誘(いざな)う風を追え』を読んだよ!! 」
第7巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 焔(ほのお)の刃(やいば)を研ぎ澄ませ』を読んだよ!! 」
(こちらも一応一巻ごとに完結してますが、
6,7巻は続けて読むことをおすすめします♪)


こちらは番外編です。
第8巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 うつつの夢に鎮(しず)めの歌を』を読んだよ!!」


そして『天孤編』スタートです。
第9巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 真紅の空を翔けあがれ』を読んだよ!!」
第10巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 光の導(しるべ)を指し示せ』を読んだよ!!」
第11巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 冥夜(めいや)の帳(とばり)を切り開け』を読んだよ!!」
第12巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 羅刹(らせつ)の腕(かいな)を振りほどけ』を読んだよ!!」
第13巻「結城光流さん著 『少年陰陽師 儚(はかな)き運命(さだめ)をひるがえせ』を読んだよ!!」


前回の短編集のときも、もっくんの挿絵が可愛かったのですが、
こちらも可愛かったです♪(*^_^*)
機会がありましたら本屋などでご覧になってくださいね♪(^ー^* )フフ♪


こちらには4作収録されています。
なんと安倍家三兄弟にスポットが!!オオーw(*゜o゜*)w
長男の成親(なりちか)は今までにもたくさん出てきましたが、
次男の昌親(まさちか)はほとんど出てきませんでしたからね。
昌親はとっても穏やかな人物です♪


ではちょこっとずつですが感想にいってみよう♪
まずは「玄(くろ)の幻妖を討て」です。
こちらは左大臣である藤原道長の息子、鶴君(たずぎみ)が
魔物に狙われているため成親、昌親、昌浩の3兄弟で護衛をするというお話。
この鶴君が権力者の息子だけあってわがままでして。
安倍家の3兄弟は陰陽師としての力も十分持っているのですが、
「お前たちなんか役立たずだ!父上に言って、晴明を呼んでもらう!」なんて
言うのですから。(笑)
昌浩はありがとう、ごめんなさいをきちんと言える子なのですが、
それが出来るようになったある逸話がこちらでは紹介されています。
とっても微笑ましいエピソードでよかったわ~♪


「触らぬ神に祟りあり」は晴明にきた仕事を
次兄の昌親と一緒に引き受けるところから始まります。
少納言さまのご子息が霊障に悩まされているのだそうです。
2人で行って霊に立ち向かうのですが、
いつもとは勝手が違っており戸惑います。
一体霊の正体は何なのでしょうか?


次は「その理由は誰知らず」
陰陽寮で昌浩は仕事中に長兄の成親に声をかけられ、
帰りに昌親の家へ一緒に行くことになります。
嫌な予感がすることと、雑鬼たちの妙な報告を受けたためだとか。
昌親はその日、出仕のはずなのに連絡もなく休んでいたのでした。
昌親の家に行ってみると、なんと昌親の娘、小姫が
狒狒(ひひ)という妖に狙われていて大変なことになっていたのでした!!


ラストの「其はなよ竹の姫のごとく」は成親とその奥様の結婚秘話が!!
成親の祖父(晴明)ゆずりの狸キャラ(?)ぶりが、すごく大好きなのですが、
こちらの話ではとってもかっこよかったですよ♪=^-^=うふっ♪


さて次の巻から新章ですね。
残念ながら予約が入っていたので一旦、図書館に返却しましたが、
こちらの方は現在進行中の話のようですからのんびりと
読もうかなぁと思っています♪


↓ポチっとよろしくお願いします♪(=´ー`)ノ ヨロシク
banner_02.gif



10/09 18:20 追記
書き忘れたことがありました!!
最後の「其はなよ竹の姫のごとく」で
今まで名前くらいしか出てこなかった十二神将太裳(たいじょう)が
出てきます!!挿絵もあったのですが、
これがすごくかっこいい~!!惚れました!!(笑)
スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 14「其はなよ竹の姫のごとく」 from 夢みるととろ日記
少年陰陽師 14「其はなよ竹の姫のごとく」 結城 光流  角川ビーンズ文庫 [Read More]

コメント

まぁ!あの大忙しの間にもちゃんと本をこなしているなんて、すごいですね!
ととろは短編集なので銀行持込用としていつも持って歩いてますがまだ1話を読んだのみ。流石にまとめて読みたくなってきた。
だから1話のみコメントです(笑)
ホントに鶴は(呼捨て~)お坊ちゃまだから、でも最後に泣くとこなんかはまあ許せるか。途中は昌浩、殴ってやれ!ぐらいの気持ちで読んでました(それは出来ない!)
あの時の僧って天狐編の僧ですよね?
>とっても微笑ましいエピソード
なんかねー、すごくもっくんが好きになるんだ。好きなのは紅蓮なんだけど(笑)
アニメでますます面白くなりましたか?

でも、実は別の分厚い本に掛かっているのに(取り寄せたのに)今だ冒頭20Pほどしか読んでいない。
連休中に読むと決めていたのにもう2日も終わっちゃったよ。これは非常にヤバイです。でも、他にもやりたいことがあってどうしても読む時間が取れない!(T_T)
まゆびさん、こんにちはー♪
少年陰陽師となるとやってくるyozoでっす(*^-^)
(別件でも、きてたりします(ノ∇≦*)キャハッッッ♪ )

>昌浩はありがとう、ごめんなさいをきちんと言える子
(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪ これはおもしろかったですね♪
昌浩に一体だれが教えたのでしょうね(゚m゚*)プッ

>成親の祖父(晴明)ゆずりの狸キャラ(?)ぶり
yozoは初めて読んだのが昌浩が出雲で静養中のものでしたからね。成親の狸ぶり(?)は普通だったりしますよ。(^○^)
これもとってもおもしろかったですね。
新章もとっても楽しみにしてますよ!v(=∩_∩=) ブイブイ!!
きょう、完結したかった。
さて晴明に完結したよ♪
ととろさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
最近ね、興奮しすぎなのか寒いからなのかなんだかよく分からないのですが、
すごく寝付きが悪くて。(ノ_・。)
なので夜に本をどんどん読んでおります。
でも記事にする時間が足りない~。(笑)
そして予約本が届いたり、偶然読みたかった本を発見したりで
家に本がいっぱいなの。でもうさびも気になるし、ちょっと困った。(笑)

鶴!!呼捨てOKですよね♪(笑)
私も横にいたら殴りたくなるかも。(笑)
>あの時の僧って天狐編の僧ですよね?
うんうん。そうですよね!!
昌浩がありがとう、ごめんなさいが言えるようになったという
あのエピソードは本当によかった~♪
アニメは。。。もっくんが~!!(笑)
KOROPPYさんのアニメの記事と同じ印象でした!!
そういえばこちらの記事も書かなければ!!
書きたいことがいっぱいでございます!!

お。別の本に取り掛かってるのですね。
次は何を読んでいるのかしら?
また感想を楽しみにしていますね♪(⌒-⌒)ニコニコ...
yozoさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
ふふ。少年陰陽師の記事にいつもコメントありがとうございます!!

第一話のエピソードは本当に素敵で面白いお話でしたよね♪
2度も読んでしまいました。(笑)

成親は普段は飄々としていてかなり大好きなキャラなのですが、
本当は陰陽師としての能力もピカイチだし、
顔もかっこいいし、素敵なキャラなんですよね。
かっこいい成親の姿を見ることができて楽しいお話でした。

新章はどんな話なんだろうなぁ。
10月1日に新刊が出ているようなので、
それも合わせてあと3冊かな?
さすがに最新刊はそんなに早く手に入らないと思いますが。(^^;;
今まであまり活躍しなかった神将たちが出てくるのでしょうか?
あ、この巻で初登場の太裳のこと書くの忘れちゃった~!!
後で追記しようっと♪
うさび!!コメントありがとうね♪
でもさ、少年陰陽師とっても楽しいし、
完結されると寂しいからやめてね。(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。