スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第3話 「闇に怯える声をきけ」

2006年10月21日

今回の感想はちょっと細かく書いてみたので
ネタバレと感じるかたもおられるかもしれません。
ネタバレを好まない方はアニメを見てから読んでいただけると嬉しいです!!


まず始まって早々前回の彰子との出会いで
ポーっとなっている昌浩に笑いました。(⌒▽⌒)アハハ!


今回はじい様もしっかり出てきましたよ♪
前回破られてしまった藤原邸の結界を
以前よりも丈夫なものにはりなおします。
道長や彰子とのやりとりもなかなか良かったですね♪


陰陽師の基本である星見が苦手な昌浩。
星図を見ながら勉強するものの途中で気分転換といって
場所を変えちゃいます。(笑)
このとき、もっくんが「俺も連れてけよー」とてくてく
ついていくところが可愛かった♪(^ー^* )フフ♪


もっくんに晴明に星見について聞きにいったらと言われた昌浩が
もしそうしたらじい様がどんな風に答えるかを
もっくんにしゃべっているところはナイスでした♪
「じい様は悲しいぞって出てもいない涙を拭ったりするんだぜ!!」
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ まさに狸じじいですね♪(笑)


昌浩が子供のころのエピソードもちょこっと出てきました。
池を覗き込んでいた昌浩が何者かに突き落とされそうになったことを
思い出したのです。
そのとき見鬼の才は封じられていたので、
何も見えなかったのですが、たちの悪い妖怪に突き飛ばされたのです。
そのとき助けてくれたのは実は紅蓮だったわけですが。
子供の昌浩と紅蓮の微笑ましいシーンもどんどん出してほしいなぁ♪


その後占術で前回昌浩だけが捕らえた不穏な気配を探るのですが、
「意味が分からない」という昌浩。
何かよくないもの、望まれざるものが都のどこかにいるような気がすると言います。
そこでそういったことをよく知っていると思われる
町にうじゃうじゃいる鬼たちに話を聞こうとします。
このいろんな鬼たちがなかなか可愛い♪(*'ー'*)ふふっ♪
今回は昌浩と鬼たちが話すところまで進みませんでしたが、
来週はそのあたりも楽しめそう♪


今回は十二神将の天一(てんいつ)が初めて登場しました。
が、ちょこっとだけ。本当に本当にちょっとでした。(笑)
夜の町に出ようとする昌浩たちのことを晴明に確認するためです。
「いかがなさいますか。」この一言だけだった。
でもとっても女性らしい声でピッタリだったわ♪


さて百鬼夜行たちに話を聞こうと歩いていますが、
探してみるとなかなか見つからず。。。
歩いているときに妖しい気配を感じます。
凄まじい化け物で昌浩の術も跳ね返してしまいます。
危ういところを紅蓮になったもっくんが助けてくれます。
紅蓮の炎で焼き尽くせないものはないはずなのに
化け物は燃え尽きない。
そしてその化け物は「子供をよこせ」と言います。
霊力を持っている昌浩はまたとない獲物なのだとか。
それも主に献上すると言います。主とは一体何者なのか?
最後は紅蓮に阻まれ、化け物は自分の身を献上します。


さて次回どうなるのか楽しみですねー♪ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪


↓ポチっとしてくれると嬉しいです♪わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:少年陰陽師:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 第3話「闇に怯える声を聞け」 from ミナモノカガミ
元服を終えた昌浩を待っていたのは、藤原道長の一の姫、彰子との出会い。そして謎めいた内裏の炎上であった。昌浩を待ち受けるものとは一体・・・感想参ります。 [Read More]

(アニメ感想) 少年陰陽師 第3話 「闇に怯える声をきけ」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
異邦の影を探しだせ―少年陰陽師内裏で起ったの火事の一件以来、もっくんの言葉にもどこか上の空な昌浩。そんな彼ですが、現在は火事の原因を調査中。しかし、星見や、占いを使ってもなかなかうまくいかずに、悩む昌浩を見かねてもっくんは、清明に教えを請うようにすす.... [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんはー♪
苦労して星見をしていた昌浩ともっくんのやりとり。とっても楽しかったですよ。

>「俺も連れてけよー」とてくてく
ここはyozoとしてもしびれましたね(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

>「じい様は悲しいぞって出てもいない涙を拭ったりするんだぜ!!」
ここは、昌浩にもちょっぴり同情しましたよ。( ̄∀ ̄*)イヒッ

>昌浩が子供のころのエピソード
ここはとってもキレイなシーンでしたね。紅蓮が助けたところは「あっ」という感じでしたよ。そして紅蓮は幼子の昌浩から「★をもらった」とのつぶやきもよかったですね。(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪

とっても可愛い鬼たちに可憐な天一。登場人物も増えてきました。そして物語もシリアスに進行中って感じで目が離せなくなってきましたね。楽しみですよ((o(*^^*)o))
yozoさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
星見の勉強中の昌浩ともっくんの会話は面白かったですね♪
本当に仲良しだなぁって思いました♪

お♪yozoさんもテクテクとついていくもっくんにしびれましたか!!
本当に可愛かったですよね♪(^ー^* )フフ♪

じい様VS昌浩は当然じい様の勝ちなんですよねー。(笑)
昌浩頑張れって言いたくなります♪

>紅蓮が助けたところは「あっ」という感じでしたよ。
紅蓮とちび昌浩のエピソードは本当に微笑ましいものが多いのですよ♪
アニメでもいっぱい見たいなぁー♪
>紅蓮は幼子の昌浩から「★をもらった」とのつぶやきもよかったですね。
Σ(゜Δ゜*) ウォッ! 書き忘れた!!
このシーンも良かったですよねー♪
アニメのみの方には何のことやらまだ分からないかと思いますが、
このことがどのように描かれるのかもすごく楽しみにしています♪

本当にますます楽しくなってきましたね♪o(^o^)o ワクワク
まゆびさん、こんばんは。
都には、害をなすかどうか…は別として、普通の人たちには見えないものたちが、
うじゃうじゃしてるンですね~
あの小鬼たち?てるひも好き。かわいいですよね~
あの牛の化物に食われちゃったのかしら?
あやかし、物の怪の気配を感じる力にたけている昌浩が、
陰陽師の基本の星見が苦手…というのも、なんかおかしいですね。
水は。それでなくても怖い場所。良くないものが潜む事もあるしね。
子どもの頃の昌浩、かわいい♪小さい頃から、紅蓮が近くで守っていたのですね
牛の化物の主って。ものすごい力の持ち主なのでしょうね。
昌浩を献上できなくて、手ぶらでは帰れないんだろうね。自分をね…こわ。
そっか。紅蓮は、子どもの頃の昌浩にかり?があるのね??
てるひさん、こんばんは♪(^▽^)/
小鬼たちを作者の結城さんは雑鬼たちの集まりということで「ざっきーず」と
呼ばれています♪(笑)
害をなさない鬼たちも多く、彼らと話せる陰陽師たちは
いろんな噂を教えてもらうようですよ♪
>あの牛の化物に食われちゃったのかしら?
本当に怖いですよねー、あの牛!!

>水は。それでなくても怖い場所。良くないものが潜む事もあるしね。
引きずり込まれちゃうかもしれませんものね。

>子どもの頃の昌浩、かわいい♪小さい頃から、紅蓮が近くで守っていたのですね
可愛いですよねー♪子供のころのエピソードが大好きなんですよ!!
アニメでも見られることを楽しみにしてます♪

>牛の化物の主って。ものすごい力の持ち主なのでしょうね。
>昌浩を献上できなくて、手ぶらでは帰れないんだろうね。自分をね…こわ。
そうですよね。自分を献上だなんて。。。

>紅蓮は、子どもの頃の昌浩にかり?があるのね??
そうそう。とっても大好きなところです♪
この部分がどう描かれるかすごく楽しみにしてるの。((o(^∇^)o))わくわく

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。