スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさのあつこさん著 『バッテリー』を読んだよ!!

2006年10月23日

お友達の「夢見るととろ日記」ととろさんのところで
よく目にするあさのあつこさん。
全く知らない作家さんでした。女優の浅野温子さんかしら?とか一瞬思ったり。(笑)


さてさてこちらのお話はバッテリーという言葉でも分かるように
野球のお話です。
主人公は原田巧(たくみ)。現在小学校6年生。
すごい球を投げるピッチャーです。
所属していた少年野球チームホワイトタイガースは
県大会で準優勝していたのでした。


始まりは原田一家が車で移動しているシーンから始まります。
父、広の転勤で広島と岡山の県境の新田(にった)市に引越しするところです。
母の真紀子、そして弟の青波(せいは)の4人家族。
青波はなかなか可愛い男の子ですよ♪(^ー^* )フフ♪
ただ、病気がちでいろんな病気をしているため
母の真紀子は心配で仕方がありません。


さて新田市は巧の母の真紀子の生まれ育ったところで
一家は真紀子の父、井岡洋三の家に住むことになります。
実はこの井岡洋三、つまり巧のじいちゃんは高校野球の監督をしていて
甲子園出場春四回、夏六回というすごい人だったのです。


さて引っ越してきた当日に巧はランニングに出るのですが、
そこで永倉豪という少年に出会います。
すごく大きな少年だったので中学生かと思うほどですが、
巧と同じ年でした。
豪も野球をやっていて去年県大会まで行っており(二回戦で負けた)、
そのときにすごいピッチャーがいるからと見たのが巧だったのでした。
豪という少年は非常に人気のある子で年下の子たちからも
「豪ちゃん」と呼ばれて慕われています。
そして別れるときにキャッチャーである豪に
球を受けてみるか?と言うのでした。


この二人の出会いによりいろんなことが変わっていきます。
病院の息子である豪は中学になったら野球をやめて
勉強に専念することになっていたのですが、
巧がいるのに野球をやらないのはもったいないといい、
母親を困らせます。
この母親が巧に「豪に野球をやめるように言ってくれない」と言うのですが、
それを巧に頼むのは間違ってるような。。。
病気がちだった青波も変わっていきます。
野球がしたいと。楽しい野球がしたいと言うのです。
巧は才能があるためか前の少年野球チームでも自分がいたから
県大会で準優勝できたと思っています。
野球は皆でやるものという考えではないんですよね。
豪のような明るく野球を楽しむ人間とバッテリーを組むことによって
この考え方がどう変化していくのかも見ものですね。


とりあえず図書館で検索してみたところ6冊あるようでした。
「夢見るととろ日記」ととろさん
「バッテリーⅤ」の記事を読むと
こう書かれていました。
あさのさんの登場人物はどれも「視線」にとても拘っている気がします。くどいくらい語り手の視線の行方や相手の視線を追っています。
登場人物が殆ど中学生なのに随分と大人っぽい、理屈っぽい思考をしています。

うんうん。読んでみてすごく頷きました!!
これで小学生って思いましたもの。
私、こんなに深く物事を考えないおばかさんだったような。。。(笑)

ととろさん面白い本を教えてくださってありがとうございました!!
ああ、続きが楽しみだ♪でもこの間図書館に行ったときには
2巻貸し出し中だったのでした。。。orz


↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

バッテリー? from 夢みるととろ日記
バッテリー?  あさの あつこ  角川文庫 ハードカバーで楽しんだ『バッテリー』 [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんは。
あさのさんの代表作「バッテリー」を読まれたのですね!
実は。てるひは、4巻めで挫折しました(苦笑)
あさのさんはすごい書き手ですが、ぎしぎし書きすぎるって言うか。
この物語のすごさは、野球を知らなくても楽しめることですよね。
巧と豪。ふたりの少年の生き方に、自分を映るし。
巧のように生きられたらいいなって思う事もあったけど、
今の世の中、いろいろな所にぶつかっちゃって、たいへんだろうね。
これ以上はないと思われる豪という女房役と、野球を楽しもうとする弟の青波、
このふたりが、すごく素敵に書かれていますよね。
記事からズレますが…あさのさんの公演を聞いた事があるのですが、
自己紹介の時に「女優ではありません」みたいに、ジョークを言われてました。
1年前に、バッテリーのレビューじゃなく、ⅠとⅡまとめたメモを書いてるので、
お暇な時にでものぞいてみてくださると、うれしいです。
てるひも、4巻から読み直そうかな…
こんばんは!
トラバの件ではご迷惑をおかけしています。理由が分からないのですが、もし出来ましたらまた混まない時期にでも挑戦していただけるとうれしいです。KOROPPYさまがよく「こちらで繋げる」って仰ってるけどどうやるのかな?ご存知でしたら教えてね。

そうそう、バッテリー♪まゆびさまも嵌りましたか?
ハードカバー6巻です。文庫は今5巻まで出てるのかな?ととろのエントリがⅤだもんね。これは文庫版再読のものです。まゆびさまは図書館だからハードカバーだよね?手触りはこっちが断然上です。児童書として出されているのでやはりハードカバーで読みたいよね。ただ、文庫版は書下ろしがついている巻があるの。
短いのでもし書店で見かけたら手にとってみてね。

たっぷり、聞かせていただいたので再びお話を思い出して、再読したくなっちゃった♪
リンクもして頂きありがとうございます。
こちらで再びお話ができることがうれしいです。
てるひさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
>実は。てるひは、4巻めで挫折しました(苦笑)
あららー。何かすごいことが起こっちゃうのでしょうか?
気になります!!
>あさのさんはすごい書き手ですが、ぎしぎし書きすぎるって言うか。
ふむふむ。ぎしぎしかぁ。なんとなく分かる気もします。
巧と豪は本当に全く違ったタイプの人間ですよね。
巧の生き方って本当にしんどいんじゃないかしらって思います。
豪と出会ってどう変化していくのかがすごく気になります。
>これ以上はないと思われる豪という女房役と、野球を楽しもうとする弟の青波、
>このふたりが、すごく素敵に書かれていますよね。
本当♪2巻以降がすごく楽しみなの。
楽しんで物事に取り組んでいる人ってとっても素敵だなって思うのです。
私はどうも真剣にひとつに打ち込めるものが見つからなかったもので。

>記事からズレますが…あさのさんの公演を聞いた事があるのですが、
>自己紹介の時に「女優ではありません」みたいに、ジョークを言われてました。
やっぱりよく間違えられちゃうのかしら?

>1年前に、バッテリーのレビューじゃなく、ⅠとⅡまとめたメモを書いてるので、
>お暇な時にでものぞいてみてくださると、うれしいです。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ! ありがとうございます!!
ちょっと今日は遅くなっちゃったので明日にでも覗かせていただきますね♪
楽しみだ♪ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
>てるひも、4巻から読み直そうかな…
もしも読まれたらまたお話しましょうね♪('-'*)フフ
ととろさん、こんばんは♪(^▽^)/
トラバが入らないのは重いからかなぁ。。。
何度もトライしてみましたが今日は無理でした。また明日に挑戦しますね♪
>KOROPPYさまがよく「こちらで繋げる」って仰ってるけどどうやるのかな?
私もKOROPPYさんに教えていただいたのですが、ぶろっぐぴんぴんを使います。
確かぶろっぐぴんぴんはととろさんもご存知ですよね?
あれを使えばお友達のブログの記事アドレス、名前などを入れればトラバを
自分のところに入れることができますよ♪
ただ今回は私自身がぶろっぐぴんぴんを使ってトライして駄目だったので、
残念ながら通信が重くないときを狙うしかないですが。(苦笑)

私が借りたのはハードカバーでした♪
ととろさんは文庫って書いてあったので探したけど、ないみたい。
そのうち購入してくれるといいんだけど。書下ろし読みたいもの♪
>短いのでもし書店で見かけたら手にとってみてね。
立ち読みできそうかしら?('-'*)フフ

2巻が貸し出し中で続けて読めないことが残念でした。
今度行ったときにはあるといいな♪
そしてまたいっぱいお話できるとうれしいです♪(*´∇`*)

トラバありがとうございましたー♪(*- -)(*_ _)ペコリ
こんにちはー。まゆびさん。
私も!!!あさのあつこさんってあの女優のって思いました。
これ野球の話なんですねー!!!!
今まさに野球にはまっている私たち夫婦には楽しく読める作品かもしれないなぁ・・・。なんて思いながら、記事読ませていただきました♪
ほーー。小学生なのにきちんと理屈立てて考えているのですね・・・。
うーん・・・。気になるなぁ・・・。
確かに本屋さんとかでも良く目にする作家さんですよね。
うんうん。素朴な表紙が結構印象に残っています。
野球かぁ・・・。面白そうだなぁ・・・。
まゆびさん、こんにちは

「バッテリー」どこのブログにお邪魔しても評判いいのですが、
ついつい手が出ないままになってるんですよね。
読みたい気持ちもあるくせに、「今ごろ・・・」
みたいな部分もあって、ちょっと恥ずかしいわ(爆

でも実際図書館でまとめて借りようと思っても「貸し出し中」が多くて
もう少し文庫が沢山出たら、分散されるかなあなんて待っております。
enuさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
>私も!!!あさのあつこさんってあの女優のって思いました。
お♪ナカマ ヽ(゜◇゜ )∧( ゜◇゜)ノ ナカマ
でもととろさんの記事を読んでみるとどうも違うなぁと思って
調べてみたら、やっぱり違いました!!(笑)

そっか。enuさんは今野球にはまってますものね!!
1巻ではまだ野球についてはそんなに細かく出てこなかったので、
2巻ではどんどん練習シーンなどが出てくるのだろうなぁと楽しみにしています。

あさのあつこさんという作家さんに出会えてよかったです。
もともと新しい作家さんに手を出すということをあまりしなかったのに
ブログを始めてからはどんどん面白そうな記事のおかげで
どんどん興味が湧いて、いろいろ読みたくなっちゃいますわ。('-'*)フフ
なほまるさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
>「バッテリー」どこのブログにお邪魔しても評判いいのです
おお!!そうなんですね!!
それは続きを読むのがますます楽しみですわ♪(*'ー'*)ふふっ♪

>でも実際図書館でまとめて借りようと思っても「貸し出し中」が多くて
そうなんですか!!
やっぱりうちの図書館は本が借りやすいのですね。
たまたま2巻は貸し出し中だったのですが、
他の巻は置いてありましたし。
うちの市は本を読む人が少ないのかしら?
なほまるさんもまとめてゲットできるといいですね♪
まゆびさん、こんばんはー♪
あさのあつこさんですね。yozoも当然浅野温子さんなの?って思いましたよ。(*^-^)
バッテリーというタイトルどおりの野球少年たちの物語なのですね。もっちろん野球大好きのyozoは興味津々ですよ。(未読ですけど・・・ヾ( ̄o ̄;)マタカイ )
巧と豪のバッテリー!巧がチームプレーに目覚めたとき、大きく前進するのでしょうね。
でも基本的に野球の勝敗は投手が8割握っているといわれています。小学生の巧が天狗になっちゃうのも無理はないんですけどね。およそ子どもらしくないところもあるようですが、それはそれ。きっとおもしろいのでしょうね。φ(^∇^ ) メモナノラしときまっす♪
yozoさん、こんばんは♪(^▽^)/
>yozoも当然浅野温子さんなの?って思いましたよ。(*^-^)
お!!yozoさんもお仲間ですね~♪('-'*)フフ
yozoさんは野球大好きなんですね!!
1巻ではまだ野球自体のお話はほとんど出てこなかったですが、
2巻ではそのあたりも楽しめるかもしれませんね♪
>巧と豪のバッテリー!巧がチームプレーに目覚めたとき、大きく前進するのでしょうね。
そうですね♪巧がどう変わっていくのかが楽しみです。
>でも基本的に野球の勝敗は投手が8割握っているといわれています。
>小学生の巧が天狗になっちゃうのも無理はないんですけどね。
確かに絶対に打たれないピッチャーがいれば後ろの人たちがミスをすることも
ないんですものね。

野球だけではなくそれぞれの人間関係がとっても楽しめると思います。
親と子の関係、友達の関係、兄弟の関係などなど見所はいっぱいですよ。
yozoさんも機会がありましたらぜひ手に取ってみてくださいね!!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。