FC2ブログ

ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン 奇怪なサーカス』を読んだよ!!

2006年11月09日

「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
「『ダレン・シャン 奇怪なサーカス』 ダレン・シャン」の記事を読んで
興味を持ったこの本。
児童書なのにダークだという言葉に魅かれて読みました。
大人になった今は童話にも恐ろしい部分があることも知っていますが、
やっぱり子供用の本というのは最後にはハッピーエンドでほのぼのするものが
多いなぁと思うので、どんなお話なんだろうと興味津々でした。


まず初めの導入部分ですごく引き込まれます。
この本はダレン・シャン(本当の名前ではないらしい。
理由は最後まで読めば分かるとのこと。)という人物が
壮絶な経験をした後でつづるという形になっています。
「これから話すことはひとつ残らず、本当に起きたことだと信じてほしいからだ。」との言葉で
どんなすごい話なんだろうと興味が湧きますよね!!
ダレン・シャンが少年ですので、子供のころに読んだらもっとはまったかもなんて思いました。


ダレンの親友はスティーブ・レパード、トミー・ジョーンズ、アラン・モリスの3人。
アランが持ってきたある紙のためにダレンの人生は大きく変わります。
その紙は「シルク・ド・フリーク」のチラシでした。
シルクはフランス語でサーカスの意味、そしてフリークは異形のことなのだそうです。
蛇少年、狼人間、ひげ女などなど。
「おくびょうなお客様はお断り」なんて書いてあるところが興味をそそりますよね。
チケットを2枚だけしか入手出来なかったので、
スティーブとダレンの二人で行くことになりました。


ここで見たものは本当に凄まじい異形のものたちで
恐いながらも2人は楽しみます。
ところがある出演者が出てきてから
スティーブの様子がおかしいのです。
そしてショーが終わった後、スティーブはダレンに先に帰るように言います。
ダレンは悩んだ挙句スティーブだけ残すわけにはいかないと思い、劇場に残ったのですが、
スティーブとある者の恐ろしい話を聞いてしまうのでした。


この後もいろいろ起こります。
そしてKOROPPYさんも書かれていますが
最後ですごい衝撃的な展開が!!(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
そしてダレンの決断に泣きました。私なら絶対出来ないわ。
この後ダレンがどうなっていくのか気になります。
続きがあるみたいですので(12巻までかな?)、のんびりと読んでいこうと思います。
KOROPPYさん、面白い本を紹介してくださってありがとうございました!!ペコリ(o_ _)o))


↓応援してくれると嬉しいです♪( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪
banner_02.gif

スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

『ダレン・シャン 奇怪なサーカス』 ダレン・シャン from KOROPPYの本棚
スリルのある冒険に、涙。 意外性もあって、早く続きを読みたくなる、そんな児童書でした。 異形の見世物、フリークショーをするシルク・ド・フリークが街にやってきた。 秘密めいたチケットをなんとか入手したダレンとスティーブは、土曜日の夜、会場の古い劇場に潜り込ん [Read More]

コメント

こんにちは。

ダレン・シャンを読み始めたのですね!

やっぱりあのラストは衝撃ですよねぇ...。
うさびちゃんも印象に残ったようで、

>あのさいご だれんされたる ほんとうに

って詠んでますねw

特にサーカスのシーンが怖かったので、
どきどきしながら読みました。
子どもだったら読めなかったかもw
ちょっと前から週刊少年サンデーに連載されていますね。
(今週号は巻頭カラー)
わたしは、漫画本でしか知らなかったのですが、
そんな本もあったのですね。

コミック版も読んでみると面白いですよ。
ちなみに単行本の第1巻が11/17日に発売されるみたい。
まゆびさん、こんにちはー♪
ダレン・シャン?っていうyozoでっすヾ( ̄o ̄;)オイオイ
まぁ~、これはいつものことなんですけどね・・・(^○^)

 回想からはじまる物語ですか♪これは、ワクワクさせられちゃいますよね。どんな体験談なのでしょうかね♪(*^-^)

>この後ダレンがどうなっていくのか気になります。
どんな決断だったのでしょうね。それがスタートなのでしょうか♪
次回のレビューも楽しみにしておきまっす( ̄∀ ̄*)イヒッ

>続きがあるみたいですので(12巻までかな?)、のんびりと読んでいこうと思います。
げっ!そんなにあるのですか・・・、「のんびり読む」なぁ~るほど♪確かに力まずのんびり読書を楽しむのがいいですね。1本とられたましたよ。凸ぽちっとね(*^-゚)vィェィ♪
KOROPPYさん、こんにちは♪(^▽^)/
図書館でダレン・シャンの本が置いてあることは確認できたものの、
1巻が何故か見つからず、予約を入れておいたのがやっと届きました!!
ラストはもうすごすぎ!!
KOROPPYさんの記事で衝撃的だと聞いていましたが
まさかあんな展開になるとはね!!

うさびの俳句はとってもナイスですね♪
いつの間にダレン・シャンを読んだんだろう?(笑)

そうそう、サーカスのシーンは怖かったですよね~。
>子どもだったら読めなかったかもw
あ、私は多分子供でも大喜びで読んでいたかも。(爆)
iserinさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
そうそう、漫画もあるそうですね。
私は全く見たことがないのですが。(^^;;
あのお話、どんな絵で表現されているんだろう?
今度チェックしてみますね♪

>ちなみに単行本の第1巻が11/17日に発売されるみたい。
おお!!そうなんですか!!知らなかったです!!
どんな本になるか楽しみですね~♪((o(^∇^)o))わくわく
yozoさん、こんにちは♪(*゜▽゜)ノ
私もKOROPPYさんの記事を読むまではダレン・シャン?誰?でしたよ。(笑)
いつもあちらこちらのブログで情報をいただいてます♪

初めの導入部分が上手いなぁって思いました。
子供だったら自分も怖いながらも冒険に出る感じでワクワクしながら
読んだんじゃないかな?なんて思います!!
>どんな体験談なのでしょうかね♪(*^-^)
いやー、もうとんでもないお話ですよ!!

そうそう、ダレンの最後に下した決断を書いてしまうと
全く面白くないのですが次回からはその部分も書かないとね。
一応ネタバレ注意報を出すようにします。

12巻は私も調べてビックリ!!児童書ですし、すぐに読めますけどね。
>確かに力まずのんびり読書を楽しむのがいいですね。
読みたいときに読むのが一番ですよね♪
最近は読みたい欲が高まっているのですごく読書を楽しんでいます♪
ととろも1巻が出たときかなりファンタジー物として話題だったのでこれのみ読了。
(゚-゚*)(。。*)衝撃的なラストで次巻に引っ張る物でしたね。何故次を読んでないのか?違う方へいっちゃったの~
次男は全部読んでます。若い巻はちょこちょこっと除いた見たのですがダークになっていってました。
ととろにとってこの設定がすごくツボ。ととろの同年代の女性にはかなりターニングポイントだと思います。同じ意味で小野不由美『屍鬼』もツボでした(笑)
以降、ととろは未読ですがまゆびさまの感想を楽しみにしてますね。
ととろさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
やっぱり出たときから話題の本だったのですね!!
>衝撃的なラストで次巻に引っ張る物でしたね。
ですよね!!早速2巻を借りちゃいましたよ。(笑)
次男さんは全部読んでいるのですか!!すごい!!
息子さんの感想も聞いてみたいものです♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
しかしこれがもっとダークになるのですか!!ついていけるかしら?
私が今まで読んできた本にはないタイプのお話なので、
存分に楽しみたいと思います!!
>同じ意味で小野不由美『屍鬼』もツボでした(笑)
ああ、これまた気になる!!(笑)読みたいリスト入りさせとこう!!(爆)
感想楽しみにしてくださるなんて、本当に嬉しいです!!
2巻借りてきたものの、他の本を読み始めてしまったので
大分記事は大分先になりそうですが。(^^;;
はじめまして。よろしくお願いします。
これからダレン・シャンのついて深く語りましょうよ。ダレン・シャンが映画になるって知ってます?ダレン役は皆川さん?でクレさん役は井上さん?らしいですよ。
はじめまして!!
レスが遅くなりましてすみません。
ダレン・シャンが映画化ですか?
知らなかったです。
激しいシーンも多いのでどんな風に映像化されるか
楽しみですね♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->