FC2ブログ

ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン2 若きバンパイア』を読んだよ!!

2006年11月26日

先日読んだダレン・シャンの第2巻です。
こちらの記事は1巻の衝撃的なラストのネタバレになっておりますので、
未読の方でネタバレを好まない方はご注意くださいね!!
1巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン 奇怪なサーカス』を読んだよ!!」
ご覧ください。


さてさて1巻の最後で主人公のダレンは毒蜘蛛に刺されて
命の危機にある親友のスティーブを救うため、
毒蜘蛛の飼い主でバンパイアのクレプスリーに毒を消す方法を教えてもらいに行き、
その方法を教えるにはダレンが半バンパイアになることだという条件を与えられ
悩んだ挙句、その条件を受けいれ半バンパイアとなり
クレプスリーと一緒に遠くへ行くというところで終わりました。


クレプスリーと一緒に旅をするようになったダレン。
バンパイアとなったからには血を飲まなければなりません。
それも人間の血を飲まなければ、死んでしまいます。
でも抵抗があって動物の血のみを飲んでいます。
人間の血は絶対に飲まないと誓うのですが。。。


ある町でダレンはホッケーをしている子供たちと話し、
負けている方のチームに入れてもらえることになりました。
半バンパイアになっていろんな能力が高まっているダレン。
あっという間に点数を稼ぎます。
すると相手チームの子が反則技を仕掛けてくるようになりました。
その上、急所をつねられてしまいあまりの痛さに逆上してしまったダレンは
普通の人間がやっても危ないタックルを仕掛けてしまったのでした。
なんと相手のむこうずねを両足とも折ってしまうのです。
この件で自分は怪物だと悩んでしまいます。
「もう友達は作れないの?」とのダレンの訴えにクレプスリーは
「シルク・ド・フリーク」へ行ってみないか?と誘ってみるのでした。


シルク・ド・フリークでダレンはエブラという蛇少年と友達になります。
そして2人でいろんな仕事をこなしていくのです。
シルク・ド・フリークに興味を持って近づいてくるサムという少年、
R・Vという環境戦士といわれ、道路建設をやめさせるために来ている男と
いろいろ話をしたり、遊んだりしながら毎日を過ごしますが、
ある日、それはそれは恐ろしい事件が起こってしまいます。
最後、ダレンはまたひとつの決断をしなければなりませんでした。
本当に児童書とは思えない作品でした。


ダレンを半バンパイアにしてしまったクレプスリーですが、
この巻では意外な顔を見せます。
実はとっても優しかったりするんですよね。
ダレンをバンパイアにしたことを後悔していたり、
ダレンのことを心配していたり。
人間の血を飲まないダレンを叱るのも、ダレンのことが心配だからですものね。
初めはクレプスリーを憎んでいたダレンの心も和らいできたようです。


いやー、本当にダークな本ですわ。(笑)
でもなんだか惹かれてしまいますねぇ。次の巻が楽しみです♪((o(^∇^)o))わくわく


このダレン・シャンシリーズをよむきっかけを与えてくださいました
「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
「『ダレン・シャン2 若きバンパイア』 ダレン・シャン」の記事も
ぜひ読んでみてくださいね♪(=´ω`)ノシ


↓応援よろしくお願いします。(^人^)
banner_02.gif

スポンサーサイト



スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

『ダレン・シャン2 若きバンパイア』 ダレン・シャン from KOROPPYの本棚
親友のためとはいえ、主人公が半分バンパイアになるという展開が驚きだった第1巻。 児童書らしからぬダークな要素を持ちつつも、どこか魅かれてしまうシリーズ第2弾です。 第2の人生を歩み始めたダレンは、現実の壁にぶち当たります。 半分とはいえバンパイアになったダレン [Read More]

コメント

こんにちは。
ご紹介ありがとうございます。

>実はとっても優しかったりするんですよね。
うんうん、クレプスリーの印象、随分変わりましたよね。
いちいち口に出すタイプではないですけれど、
ちゃんとダレンのことを心配してくれているし。

今はすっかり好きなキャラクターになってます♪

ブログがクリスマスデザインになってる!
聖夜の壁紙が撮っても素敵です。
もちろん一番気になっているのは、ブッシュ・ド・ノエルw
まゆびさん、うさびちゃん、こんにちは

これもいつか読もう と本文読まずに我慢してますが、
(うーん、少年陰陽師といい、きりがないかも)

「ダレン・シャン」なのですね!!
なほまるは今日まで「ダレン・『ジャ』ン」だと思っていました。

また数十年に続く過ちを訂正していただきました・・・。
こんなんばっかで、朝からテンション下がりました。

気晴らしにさらにうさびちゃんと遊んで帰りますわ(笑




まゆびさん、こんばんはー♪
2冊目ですね。半バンパイアになっちゃったダレンはどうなったのでしょうね。
o(*▼▼*)o ワクワク・・しながら飛んできましたよ♪
やっぱり人の血を飲まなきゃいけなくなったんですね。それでも動物の血しか飲まないようにしましたか♪相手に大怪我をさせてしまって怪物だと悩む・・・バンパイアにしたクレプスリーとのやりとりも殺伐としたものよりも、肉親の会話のような雰囲気もあるようですね。

>最後、ダレンはまたひとつの決断をしなければなりませんでした。
またまた、決断すべきことがあったとのこと。毎回毎回辛いことがおこるのですね。
生きていくことは決して楽ではありませんが、児童書らしからぬこーいうところも
なかなか読み応えがあって、おもしろそーですね。(*^-^)
KOROPPYさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
トラバありがとうございました♪(o*。_。)oペコッ

この巻でクレプスリーっていいバンパイアじゃんなんて思いました。
そもそもバンパイアって自分の好きなように人間を襲って
血を吸っているイメージだったのですが、
このシリーズではきちんと自分の必要な血だけをもらっていたりなど、
いいバンパイア(?)って感じです。(笑)

>ブログがクリスマスデザインになってる!
>聖夜の壁紙が撮っても素敵です。
ありがとうございます~♪あちらこちら検索して探しました~♪(笑)
>もちろん一番気になっているのは、ブッシュ・ド・ノエルw
もちろん私もです♪(爆)
なほまるさん、こんばんは♪(^▽^)/
ダレン・シャン面白いですよ~♪
ぜひぜひなほまるさんにも読んでいただきたいものです♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>なほまるは今日まで「ダレン・『ジャ』ン」だと思っていました。
私もそういう思い違いをよくしてますよ。
「ジャン」の方がよくありそうな名前ですしね。

>気晴らしにさらにうさびちゃんと遊んで帰りますわ(笑
おお♪ありがとうございます♪
うさびはちゃんとなほまるさんのお相手できましたか?
変なことばかり言ってなければいいのですが。(゜ー゜;Aアセアセ
yozoさん、こんばんは♪\(^▽^)/
前作で半バンパイアになるというすごい結末になっていて
正直かなりびっくりしたのですが、今回は人間の血を飲むかどうかの
決断を迫られてしまいます。やっぱりこれは抵抗ありますよね。
>バンパイアにしたクレプスリーとのやりとりも殺伐としたものよりも、
>肉親の会話のような雰囲気もあるようですね。
そうなんですよ。ダレンはクレプスリーを恨みながら、
ついて行くことになるのかなと思っていたのですが、
クレプスリーがすっごくいい感じのバンパイアで、
本当にダレンのことを心配しているところが印象的でした。

今回の決断も本当に切ないものでした。
本当にすごい展開に次の巻を読むのがすごく楽しみです♪o((=゜ェ^=))o''ワクワク♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->