スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第8話 「貴船に響く怨磋を止めろ」

2006年11月27日

ネタバレになっておりますのでまだ見ていない方、
ネタバレを好まないかたはご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


前回彰子を目の前で異邦の妖異に連れ去られてしまった昌浩と紅蓮。
圭子姫の恨み、
昌浩自身が貴船の夢を見たこと、
貴船に鬼女が出て釘を打つ音が聞こえるという噂などから
彰子たちは貴船にいると判断します。
貴船には竜神がいるはずなのですが、
この2ヶ月もの間、雨が降っていないことから
竜神は封じ込められているのだと考え、
昌浩は傷ついているもっくんを抱え、貴船の方向へと走り出します。


実は彰子がさらわれたとき、その場には晴明の十二神将の青龍と太陰が
そばにいたのでした。
太陰は異邦の妖異の後を追い、
青龍は晴明のもとに報告に行きます。
昌浩を晴明の後継とは認めない青龍。
それならば孫の力を見届けてこいと晴明は言います。
六合(りくごう)も出てきましたね。今回はちょっと台詞も長め?(笑)


さて貴船まで走っている昌浩ですが、遠すぎるためなかなかたどり着けません。
戦闘で傷も負っています。
そこに現れたのが車之輔でした。
通りすがりの雑鬼たちから話を聞いて恩返しに
貴船まで乗せていってくれるために駆けつけたのでした。
優しい妖ですね。


車之輔のおかげで貴船にたどり着いた昌浩ともっくん。
結界があるのですが、その中に入ると蛍が一匹もいない異様な空間になっています。
そこに聞こえてくる釘の音。
昌浩は子供のころ、じい様に貴船に置き去りにされたことを思い出し、
しゃがみこんでしまいます。
もっくんはしっぽで昌浩を撫でてやりながら「俺がいる」と言ってくれたのでした。
子供のころ置き去りにされたときも紅蓮が昌浩の頭を撫でてあげていたのですね♪
とっても優しい紅蓮の声♪二人の絆を感じました。
殺されて操られている貴船の宮司や禰宜たちや異邦の化け物たちの
攻撃を紅蓮にまかせ、昌浩は先にすすみます。
圭子姫が釘を打ち付けているところへ駆けつけた昌浩。
圭子が「私など放っておいて彰子様のところへ行けば。」と言うと、
圭子を助けるのは彰子の願いだから出来ないといって
まずは圭子を助けるために術を施します。
紅蓮が化け物を退治し、昌浩のもとへ駆けつけたとき、
昌浩は紅蓮に彰子のところへ行ってくれるように頼みますが、
紅蓮はそんな状態の昌浩を置いてはいけないといいます。
どうすればいいのかと昌浩が叫んだときに現れたのが
離魂の術を使った若い姿の晴明でした。
「なんでもっと早く来てくれないのか?」という昌浩に対して
晴明は「人を頼るな。人事をつくして天命を待つ。
自分の力を出し切ればおのずと道は開かれる。」といいます。
若い晴明かっこいい~♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
圭子姫は晴明に任せて昌浩と紅蓮は彰子のもとへ。
晴明の命令で六合も行きます。


彰子はというと窮奇の手下に何か仕掛けをされてしまったようです。
手にバッテンの傷をつけられてしまいました。
一体あれはどういうことなんでしょうね?次回、激しい戦闘になりそうです!!


↓応援よろしくお願いします♪(o*。_。)oペコッ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:少年陰陽師:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

まゆびさん、こんにちはー♪
彰子を目の前で異邦の妖異に連れ去られてしまって苦境にたった昌浩たちでしたね。貴船の山をめざす二人のもとに車之輔がやってきたときは、画面に向かって『えらい!』って咲けんじゃいましたよ(^○^)

>六合(りくごう)も出てきましたね。今回はちょっと台詞も長め?(笑)
おお!六合(りくごう)しゃべった!って驚いたyozoでっす(*^-^)

>もっくんはしっぽで昌浩を撫でてやりながら「俺がいる」と言ってくれたのでした。
もっくんと昌浩のこのシーンも、回想シーンもとってもよかったですね。深い絆で結ばれているのでしょうね。(このあたりは小説を読んでいないのでとても新鮮ですよ。)

>若い晴明かっこいい~♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
いい感じでしたね。昌浩甘えんな!ってついつい思っちゃいますね。
まぁ♪その甘さが昌浩のいいところだし、強さでもあるのでしょうけどね。(*^-^)
それでも、昌浩の優しさの本質が見えてよかったですよ。
「昌浩のおかげで・・・」という晴明のセリフどおりですね。v(*'-^*)bぶいっ♪

>手にバッテンの傷をつけられてしまいました。一体あれはどういうことなんでしょうね?
もしかして、これが・・・次の放送が楽しみでっす。(まだビデオを見てないんですよ(^○^) )
凸ぽちっとね☆d(o⌒∇⌒o)b ★イエーイ★ d(o⌒∇⌒o)b☆
yozoさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
彰子のところへたどり着くまで本当に大変でしたね。
車之輔は本当に優しいですね~♪
おかげで体力を温存することが出来ましたものね♪

六合はめったに言葉を発しませんからね。貴重なシーンです♪
六合ファンのKOROPPYさんも満足かしら?(*'ー'*)ふふっ♪

>もっくんと昌浩のこのシーンも、回想シーンもとってもよかったですね。
>深い絆で結ばれているのでしょうね。
このあたりは本当にいいシーンですね♪
子供昌浩もとっても可愛らしいし、
それを見守る紅蓮の優しい表情と顔がとっても大好きです♪

若い晴明は本当にかっこよかったでしょ♪
ついつい不満を言ってしまう昌浩の気持ちも分からないではないですが。
じい様は本当にすごい人だなぁと思えるシーンでした♪
>「昌浩のおかげで・・・」という晴明のセリフどおりですね。v(*'-^*)bぶいっ♪
ですね♪昌浩の優しい心が圭子姫を救ったんですものね♪

次回の放送は原作を見ていない方にはすごい展開になると思います。
シュンとガクがつけたバッテンの傷は何だったのか、分かりますよ♪
私はお先に見させていただきました♪
記事も書かなきゃね~♪(*'ー'*)ふふっ♪
まゆびさん、こんばんは。
実は、この回は録画に失敗しちゃって、見られないの。
彰子がさらわれて、昌浩が助けに行く・・・という見逃しちゃいけない回だったのにね。
昌浩と紅蓮の絆。うんうん、みたかったなぁ。
車之輔は、ほんとうに優しいあやかしですね。でも、妖として生きて(?)いくのは、つらいかも?
もっくん、はらってしまえ~とか言ってたのに、乗せてもらうのね(爆)
じいさまは、また離魂の術を使ったのですね?大丈夫なのかな
彰子の手につけられたバッテン。ものすごく気になります。
でも。今週のは撮れてるから♪見てから、記事を読みにきますね。
てるひさん、こんにちは♪(^▽^)/
あらら、この回を逃しちゃったのですね。
でもこの次じゃなくてよかったですわ!!すごいことが起こりますから!!

確かにとっても素敵な回でした。
昌浩が彰子を思う気持ちがとても現れていましたし、
小さい頃の昌浩とじい様の微笑ましいやりとりもありましたしね。
>車之輔は、ほんとうに優しいあやかしですね。
本当にね~。律儀に恩を返すだなんて素晴らしい~♪
>もっくん、はらってしまえ~とか言ってたのに、乗せてもらうのね(爆)
(⌒▽⌒)アハハ! 運んでもらったあとにはもっくんも「感謝する」って
言ってましたよ♪

>じいさまは、また離魂の術を使ったのですね?大丈夫なのかな
十二神将たちは気が気ではないようですね。
きっとすごく体力や気力を使うのでしょうね!!
>彰子の手につけられたバッテン。ものすごく気になります。
見てのお楽しみということで♪てるひさんの感想も楽しみにしてます!!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。