スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北森鴻さん著 『狐闇』を読んだよ!!

2006年12月25日

北森鴻さんの宇佐見陶子シリーズの第2弾です。
第1弾は「狐罠」です。
興味のある方は「北森鴻さん著 『狐罠』を読んだよ!!」の記事もご覧くださいね♪*'ー')ノ
北森さんのお話ってすごく難しい内容のものが多いのですが、
今回のこのお話もなかなか難しいものでした。
宇佐見陶子という女性は店舗を持たない古美術品のバイヤーをしています。
いろんな市で古美術を競り落としたりするのですが、
ある競り市で青銅鏡を手に入れたことからある事件に巻き込まれます。
あるお客から頼まれて競り落とした青銅鏡。2枚を手に入れたのですが、
家に届けられたうち一枚は「三角縁神獣鏡」だったのでした。
リンク先にもありますようにこの神獣鏡は謎の多い青銅鏡で未だに
議論が続いているようです。
普通ならこんなものが売買されるなんてありえない。
陶子はいろいろと考えをめぐらせます。


この鏡を手に入れてから陶子の周りではいろんなことが起こります。
まずこの鏡を手に入れた市で見かけた怪しい人物が死んでしまいます。
この鏡となんらかの関係が???
また家に置いてあった絵が盗まれたり。
挙句に飲酒運転で事故を起こしたかのように細工をされてしまい、
最後には古美術商にとって必要な鑑札(古美術の扱いをするために必要)を
剥奪されてしまいます。陶子にとってこれはショックでした。
でも陶子は負けずに、真実を知るため、動き出します。
前回の「狐罠」といい、この話といい、本当にすごいトラブルに巻き込まれますね。
それに立ち向かう陶子という女性がすごいなぁと思います。


さて、こちらには他のシリーズのキャラが出てきます。
私が初めに読んだ『触身仏』で出てくる大学教授の蓮丈那智です。
こちらで読んだ作品とリンクしているんですよね。
蓮丈那智のシリーズは3冊あって、どの本だったか忘れちゃったのですが、
(私の記憶では『触身仏』なんですけど。)
蓮丈那智とその助手の内藤三國からの目線でこの「狐闇」の一部分が描かれています。
実は陶子と那智との間でこんな話し合いがあったんだなぁ♪
とっても楽しい仕掛けでした。
この関係を知った上でもう一度蓮丈那智の方を読んでみたいなぁと思います♪



↓応援よろしくお願いします♪よ(^0^)ろ(^◇^)し(^▽^)く(^ο^)ね(^ー^)
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

陶子のシリーズを楽しまれたようですね。リンクもしっかりチェックしてる(笑)
三國の目線の部分は気付かなかったです。それは図書館にてチェックせねば!
いつもながら、まゆびさまの記憶力には脱帽ですわ。
このままどんどん北森氏の作品を読みましょう!是非是非!
そしてととろの気づかなかったリンクネタを教えてね(笑)
ととろさん、こんばんは♪(^▽^)/
北森さんを教えていただいて本当に感謝ですよ。陶子シリーズも面白いです~♪
>三國の目線の部分は気付かなかったです。
読んでからそんなに日がたっていませんでしたので。
覚えていてよかった~。(笑)
ちょっとしたリンクが嬉しいですよね♪(*'ー'*)ふふっ♪
>このままどんどん北森氏の作品を読みましょう!是非是非!
(*^▽^*)ノハーイ 次は何を読もうかなとワクワクしております♪
陶子シリーズを先に読破すべきか、それとも出版順に読むべきか悩むわ~。
まゆびさん、うさびちゃん、こんばんは

蓮杖さんのシリーズ、大分後になってから読んだので、
「あー、あのときの話かも」 と読んだ時は一瞬思いましたが、
私もどの本だったのか忘れてしまいました。

そういう点では出版順に読んでいった方がいいのかもしれませんね。
(記憶力がある方はそうでもないでしょうけど・・・)

ちなみにこのお話の中に出てくるお坊さんをメインにしたお話で
「暁の密使」がありますよー♪
ただ、「狐闇」を読んでいるので少しネタが割れている部分もでてきてしまうのですが、
それを補ってなお の長編になってると思います。
陶子や蓮杖さんのシリーズとはちょっと違う感じもして面白いですよ。

それにしても、そろそろ陶子シリーズの新作を書いてくれればいいんですけどね・・・。

なほまるさん、こんばんは♪\(^▽^)/
やっぱり時間がたってしまうと細かいことは忘れてしまって
どこがリンクしていたのかなど分からないですよね。
記憶力がいいとは言いがたいので順番に読んでいったほうがいいかな?(^^;;

>ちなみにこのお話の中に出てくるお坊さんをメインにしたお話で
>「暁の密使」がありますよー♪
(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
情報ありがとうございます~。そっか少しネタバレなのですね。
でもどんなお話なのかしら?すごく興味津々です♪
>陶子や蓮杖さんのシリーズとはちょっと違う感じもして面白いですよ。
ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪ますます楽しみです♪
今度図書館に行ったときにチェックします。
忘れないといいけどなぁ。(゜ー゜;Aアセアセ

陶子シリーズは新作がしばらく出ていないのですね。
すごく面白いのでファンとしてはどんどん出して欲しいものですよね♪
横入り失礼します。
「暁の密使」はとても面白い長編でした。でも、ここでもととろはネタバレな部分に気がついてない!(笑)
「暁の密使」を随分と後に読んだからでしょうか?なんだか非常にもったいない読みをしているととろ。
なほまるさまにも教えられっぱなしです。
・・・そんなに再読できないよぉ(汗)(激爆)
ととろさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
>「暁の密使」はとても面白い長編でした。
おお♪そうなのですね~♪ますます楽しみです♪((o(^∇^)o))わくわく
>ここでもととろはネタバレな部分に気がついてない!(笑)
>なんだか非常にもったいない読みをしているととろ。
そうそう、リンクの部分って気が付いたらすごく嬉しいですけど、
気づかなかったらもったいないですよね。
私は皆様に情報をいただいて本当に幸せ者です♪
恩田さんの作品も皆様にお世話になってますものね~。
>・・・そんなに再読できないよぉ(汗)(激爆)
確かに~。新しい本がどんどん出ちゃいますものね~。(^^;;

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。