スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島田荘司さん著 『透明人間の納屋』を読んだよ!!

2007年01月11日

名前はあちらこちらで見たことがあり、
一度読んでみたいと思っていた島田荘司さん。
「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の一冊を
図書館で見つけたのでお借りしてきました♪


主人公はある男性です。
ヨウちゃんと呼ばれていた子供のころのことを思い出す形で
話は進んでいきます。
母子家庭だったヨウちゃん。母は夜2時を過ぎたころに帰ってきます。
9歳だったころ、隣にある真鍋印刷の真鍋さんという大人と
四六時中一緒にすごしていました。
学校が終わるとすぐに印刷所に行き、
真鍋さんの仕事を手伝ったり、忙しいときはソファに座って待っていたり、
仕事が終わったら、一緒に食事をしたり散歩をしたりなどなど。
真鍋さんからいろんなことを教えてもらったりしていました。


真鍋さんがよくしてくれた話は透明人間の話でした。
透明人間というのは、ずっと昔から存在していて
透明になれる薬ももうすでに出来ていて
あちらこちらに透明人間はいる。でも透明だから気が付かないだけだと。


真鍋さんには真由美という妹がいました。
その真由美が婚約者の篠崎太一とエルシノアというホテルの401号室に
泊まったのですが、太一が眠り込んでいるうちに真由美が消えてしまったのです。
部屋のドアが見える位置にリネン室があって従業員が作業をしていて
2人が部屋に入ったあと、部屋から出たものは誰もいないというし、
部屋には小さな窓があるものの、部屋は4階で壁は足がかりもない垂直のタイル壁。
密室から一人の人間が消えうせてしまったのでした。
そして数日後、少し離れたところにある海から真由美と思われる死体が発見されるのです。
一体何が起こったのでしょう?
もしかして透明人間の仕業?とヨウちゃんは考えるのですが。。。


この本ではある社会問題に触れられていて、
こういった形で子供たちに興味を持ってもらうのも
いいんじゃないかしらなんて思いました。
透明インクで印刷された目次も内容に合っていていい感じでした。


↓応援よろしくお願いします♪(o*。_。)oペコッ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

まゆびちゃん遅くなりましたが・・・
明けましておめでとうございます^^;
今年もどうぞよろしくお願いしますね♪
ちょっと今年は読書を心がけてみようかと思っています!
親が本を読んでる姿をみせると子どもも本を読むようになるんですっえ^^;
なのでちょっと実践してみようかと・・・。

社会問題にも触れられているということなので
まずはこの本からスタートしてみようかな?
まゆびちゃんの本の紹介は興味をそそりますd(*'-^*)b♪
マミーさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
あけましておめでとうございます♪
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします♪(o*。_。)oペコッ
>ちょっと今年は読書を心がけてみようかと思っています!
>親が本を読んでる姿をみせると子どもも本を読むようになるんですっえ^^;
そうらしいですよね~。今年はラチェ君もいっぱい本を読んでくれるかも♪
ちょっとした時間でも読める本もたくさんありますので
ライフスタイルにあった本を選べばよいと思います。
短編集とかなら30分程度で1つ読めますしね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン

ミステリーランドは子供たち向けなのですが、
大人にも楽しめる本がいっぱいです。
ラチェくんと一緒に楽しむのもいいかもしれませんね♪(*^-^)ニコ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。