スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結城光流さん著 『少年陰陽師 いにしえの魂(たま)を呼び覚ませ』を読んだよ!!

2007年01月15日

やっと届きました。少年陰陽師の新章です!!
いつもは『窮奇編』『風音編』とかの名前が付いているのに
この本の段階ではまだ新章でした。(笑)
次の巻では名前が決まっているのかしら?



こちらの本は風音編を読んでからじゃないと分からないことが多いかと思われます。
「結城光流さん著 『少年陰陽師 儚(はかな)き運命(さだめ)をひるがえせ』を読んだよ!!」の続きになるわけですが、
このときに重症を負ってしまった十二神将の勾陣。
その傷を癒すために出雲の地にある道反(ちがえし)の聖域へと赴きます。
昌浩も前回天狐編でいろいろと道反の巫女のお世話になっていて
御礼をしたいので出来れば勾陣に同行したかったのですが、
今は陰陽寮も多忙な時期のためまとまった休みがもらえず。


勾陣たちが到着する前に道反は
真鉄(まがね)という謎の術者と狼のたゆらともゆらに攻撃され
あるものを奪われてしまいます。
その上、そこに安置されていた道反の巫女の娘の風音の体まで
奪われてしまいました。
風音の体は魂がなくてもすごく霊力を秘めているのです。


休みのもらえなかった昌浩でしたが、
陰陽寮の先輩の藤原敏次と一緒のときに
ものすごい数の妖怪に囲まれてしまい、
急遽物忌みに入ったため、勾陣たちと一緒に道反の地へ。
今回もすごいバトルが勃発です!!
すいません、これでもちょっとネタバレしてます?(o*。_。)oペコッ


ちょっと書き足りないのでネタバレです♪
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪


↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ


晴明がタカオノカミに呼ばれるという
珍しいことが起こりましたね。
そこで明かされた道反の神は
タカオノカミの弟だったとは。(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
六合が身に着けている勾玉。
あれの正体にも驚きました。
六合のいつもとは違う一面が見られるかもしれませんね。


↑ネタバレ終了!!

今回、登場人物紹介の部分で天空以外の十二神将がすべて
出ていましたね~。
前回の短編集でちょこっと出てきた太裳(たいじょう)の絵もありました♪
ほんのちょこっとしか出てこなかったのに、
今回のキャラランキングでは三位だったとか!!(= ̄▽ ̄=)V やったね
今回、出てくるかと期待しておりましたが、
初めのちょっとだけでした。(´・ω・`)ションボリ


そうそう、あとがきでウケたのが、
作者の結城さんが狼のもゆらを「まゆら」と何度も間違えたとのエピソード。
まゆらって。(*≧m≦*)ププッ


先を進まれていますお友達の「夢見るととろ日記」ととろさん
「少年陰陽師 15「いにしえの魂(たま)を呼び覚ませ」」の記事も
ぜひご覧くださいね♪(*'-')
あ、新章の名前は「珂神(かがみ)編」ですって♪
ととろさん、情報ありがとうございます~♪(o*。_。)oペコッ


↓ポチっとよろしくお願いします♪(=´ー`)ノ ヨロシク
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 15「いにしえの魂(たま)を呼び覚ませ」 from 夢みるととろ日記
少年陰陽師 15「いにしえの魂(たま)を呼び覚ませ」  結城 光流  角川ビーン [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんはー♪
 テレビの風音編を見ながら、この新章を読んでいくので、
yozoも未読部分がカバーされそうでっす。(*^-^)
 上手い具合(?)に敏次と一緒に妖怪に襲われて、休みがとれたところはシリアスなのにおもしろかったですよ。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪
 ネタバレ部分は本当にびっくりでしたね。後のほうはなんとなく納得でしたが、前のほうは、本当に「そうだったんだ!」って感じでしたね。(^○^)

>太裳(たいじょう)の絵もありました♪
すっごいですね。いきなりの3位ですね。でも次はきっと六合が
巻き返しそーですが・・・(*^-^)
これも楽しみですよね。○(^-^)oイエイ♪ o(^-^)○ イエイ♪
yozoさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
>テレビの風音編を見ながら、この新章を読んでいくので、
>yozoも未読部分がカバーされそうでっす。(*^-^)
そうそう、テレビアニメが風音編をやってくれてよかったですよね!!
原作どおりに話も進んでいますし♪(^ー^* )フフ♪

>上手い具合(?)に敏次と一緒に妖怪に襲われて、
>休みがとれたところはシリアスなのにおもしろかったですよ。
ですね~。昌浩にとっては妖怪たちに会うたびに物忌みなんて
してられませんしね~。(笑)
今回は敏次という証人もいることですし、よかったですね。(笑)

ネタバレの前半部分は本当にびっくりでしたよね。
タカオカミノカミが出雲を気にかけるのも納得です。
後半部分は後で納得したものの、読んだときは本当に驚きました。

太裳はいきなりの3位ですごいですね!!
でも絵がすごくよかったの♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>でも次はきっと六合が巻き返しそーですが・・・(*^-^)
そうですね~♪次回の巻での六合の活躍に期待です!!o(^-^)o ワクワクッ
おはよう!
こちらの記事に気づかなくてごめんなさい。
そしてリンクとトラバもありがとうございました。
そうそう、次の巻までゲットして見えるのですよね♪
ってことは、ととろのリアル読了と(*^o^)/\(^-^*)となりますね。
今回は新展開への道としてとても上手く描かれていると思いました。この新たな戦地が昌浩、十二神将にはかなりの障害になっている、どう戦況を切り開くか!すごく楽しみですね。

>作者の結城さんが狼のもゆらを「まゆら」と何度も間違えたとのエピソード

ヾ(@^▽^@)ノ★ここにも「まゆび教」が・・・!って事?!恐るべしまゆび教。

六合、次巻に炸裂ですよ!!!!!
もう、次で絶対に1位奪取では?って予想するくらいのかっこよさです。どうかな?ドキドキ。
ととろさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
いえいえお気になさらないでくださいね。
お返しのトラバをありがとうございました♪(*- -)(*_ _)ペコリ
>そうそう、次の巻までゲットして見えるのですよね♪
そうなんです。記事が遅れているのですが読み終わってます。
なんだかやることが山積してる~。・・・(゜_゜i)タラー・・・
この巻は新章の始まりということでワクワクしながら読みましたが、
本当に上手く描かれていますね!!
次の巻がすっごく楽しみでしたもの♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>ヾ(@^▽^@)ノ★ここにも「まゆび教」が・・・!って事?!恐るべしまゆび教。
ぬぉぉ!!なんとまゆび教の影響だったのか。(笑)

>六合、次巻に炸裂ですよ!!!!!
確かにかっこよかったですね~!!
KOROPPYさんも大喜びしそう!!
1位獲得なるか。そんなところも楽しみですね♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。