スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第16話 「古き影は夜に迷い」

2007年01月27日

ネタバレになっておりますのでまだ見ていない方、
ネタバレを好まないかたはご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


前回見逃しちゃった部分。とりあえず
「少年陰陽師 OFFICIAL WEB SITE」へ行って
内容説明を読んできました!!
行成が悩まされていた怨霊は冤罪で大宰府に流された穂積諸尚だったようです。
敏次も怨霊に取り付かれてしまっているため、昌浩は怨霊を探しに行ったようですね。
そして晴明と謎の女術師の風音が戦った模様。
いやー、このシーン見たかったなぁ。六合と風音との顔合わせだし。。。


さて今回のお話に。またまた昌浩にタカオカミノカミが降臨してしまいました。
神に体を使われるというのは体力を消耗されるらしく、
もっくんはタカオカミノカミに抗議しますが、まったく無視。(笑)
ま、神さまというのはこんな感じなのかもしれません。
さてそのタカオカミノカミが残していった
「都で何かが起こりそう。」との言葉が気にかかるもっくんでした。


さていつものように夜の巡回に出たもっくんと昌浩。
何かの気配に気が付きます。
六合も顕現しますが、何か気になることがあるようで、
いったん別行動をとります。
昌浩たちが発見したのは防人の姿をした霊でした。
手がかりになるかもしれないと後をつけようとすると、
何か得体のしれない化け物が現れます。
そこに登場したのが藤原敏次。
昌浩は夜の巡回のことを敏次に知られたくないので隠れていますが、
敏次には敵いそうもありません。
しかし、昌浩の顔を敏次に見せるわけにはいかないので、
ちょうど戻ってきた六合のマントを借りて顔を隠します。
しかしその姿はかなり怪しい術者でした。(笑)
すごい力で化け物を倒した昌浩に対して、敏次は怪しいやつと追いかけてきます。
そして攻撃をしかけてきます。昌浩は防人の霊を庇って負傷してしまいます。
昌浩は攻撃を受けたときに霊の方へ倒れたのですが、
そのときに霊に取り憑かれてしまったらしいのです。
昌浩やもっくんには見えないのですが、
類まれなる見鬼の彰子にはその人物が見えたのでした。


その防人の思いを夢に見た昌浩は、なぜだか涙が止まりません。
その理由を調べるため、この人物の情報を集めようとするのです。
陰陽寮にて昔の資料などを探していたら、
どこかでまた怪しい気配が。
なんと女の子(風音なのですが、昌浩ともっくんは初対面のため分からず。)が
化け物に襲われています。その化け物を祓った昌浩。
そしてその凄まじい力、そして昌浩の名前に驚愕します。
「お前は私が10年前殺したはず。」と。。。
以前に子供のころに池に落とされそうになったところを
紅蓮が助けたエピソードが出ていたのですが、
実はその攻撃を仕掛けたのは風音だったのでした。
風音は昌浩に攻撃を仕掛けてきますが、そこに現れたのがまたまた敏次。
何があったか問いただす敏次に、ただ分かりませんとしかいえない昌浩でした。


屋敷に戻ってきた昌浩ともっくん。
入り口で待っていたのはじい様と六合でした。
そしてじい様は紅蓮に話があるといい、連れて行きます。
昌浩はさっきの戦いの際に風音がもっくんのことを
「血塗られた神将、騰蛇」と呼んだことを気にしています。
六合に紅蓮の昔のことをたずねますが、
六合は自分の口から言うことではなく、騰蛇自身が語るべきことだと言います。
軽々しく口には出せない話題だということですよね。


さて晴明ともっくん、六合の話はというと
六合が別行動をしていたときに見た情報でした。
何かの気配を感じて近くの廃屋にいくと風音と烏が向かいあっていました。
そして烏から顔が出てきたのです!!(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
風音は「宗主さま」と呼んでいました。
その宗主さまの声に聞き覚えがあるようで、、
六合には珍しく、驚愕の顔を隠せませんでした。
その人物は榎りゅう斎(漢字が分からないのでひらがなですみません。)。
まだどんな人物かは明らかになっていませんが、
死んだはずの人間らしい。さてこの人物は何者なのか?
そして何を企んでいるのか?盛り上がってきました!!


↓応援よろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:少年陰陽師:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

>まゆびさん、こんばんはー♪

>ちょうど戻ってきた六合のマントを借りて顔を隠します。
ここはおもしろかったですよ。六合のマントで変装したのはびっくりでしたよ。それでも敏次になんとかバレなくてよかったですよ。昌浩は怪我しちゃいましたけどね。┐(´-`)┌

>「お前は私が10年前殺したはず。」と。。。
あのとき落とそうとしたのが風音だったんですね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
次第にいろいろなことがわかってきましたよ。(*^-^)

>「血塗られた神将、騰蛇」と呼んだことを気にしています。
ちょっと物騒な呼び方ですよね。いったい何をやらかしたんでしょうか。神将たちのことも含めて謎だらけですからね♪
これから次第に戦いは激しくなってくるのでしょうね。
次も楽しみですね。V(○⌒∇⌒○) イエーイ
yozoさん、こんばんは♪(^▽^)/
>六合のマントで変装したのはびっくりでしたよ。
敏次にばれたら困るけど、助けなきゃいけないですものね~。
でもマントの色が黒いのでかなり怪しい人。(笑)
昌浩は怪我をしちゃいましたけど、敏次を助けることもできましたし、
よかったですね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>あのとき落とそうとしたのが風音だったんですね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
そうなんです。だんだんいろんなことが分かってきて面白くなってきましたね♪

騰蛇の昔のことは次回の放送で分かりますよ。
昨日、やっとこの続きの放送を見ることができました。
>神将たちのことも含めて謎だらけですからね♪
原作を読んでいるまゆびでもまだまだ分からないことだらけですからね。
アニメではどんな風になるのか楽しみです。
戦闘シーンも激しくなりそうですし、本当に楽しみですね♪o((=゜ェ^=))o''ワクワク♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。