スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第17話 「六花に抱(いだ)かれて眠れ」

2007年02月06日

ネタバレになっておりますのでまだ見ていない方、
ネタバレを好まないかたはご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


昌浩のところに防人の霊が現れたのは
タカオカミノカミが昌浩のところに行けば、
何とかしてくれると無責任(?)に導いたからだったのですね。
六合をタカオカミノカミのところに遣わし、
その事実を聞いた晴明は、もっくんにも伝えますが、
それを聞いたもっくんは怒り心頭といった感じ。(笑)
昌浩を連れて貴船に乗り込むことになりました。
このとき、寒いからといって、昌浩に服を出してくれた彰子はとても優しいですね♪(^ー^* )フフ♪
さて、貴船に到着すると、そこにはまたまた得体の知れぬ化け物が。
紅蓮の炎も昌浩の術も弾き返してしまいます。
心配して後を追ってきた若い姿の晴明と六合、玄武、太陰も
また別の化け物に襲われていました。
どうもその化け物の中には誰かがいる様子。
みんなでその化け物を倒し、中を確認してみると、いたのは風音でした。
風音は敵ですが、晴明は見捨てるわけにもいかないと言い、
安全なところに寝かせてあげるのでした。


さて昌浩は化け物に飲み込まれ、意識を失ってしまいました。
でも、そのとき、昌浩は心の中で防人の願いを聞いてあげていたのです。
防人の願いは妻、そして子供のもとに帰ることでした。
その願いを聞き届け、連れて帰ってあげるのです。
そして昌浩も彰子のもとへ帰るため、力を振り絞り、
化け物の体内から脱出するのでした。
意識が戻らない昌浩の名前を呼び続ける紅蓮。
パニックになった紅蓮は「この晴明の孫ーー!!」と叫びます。
それに呼応して昌浩はいつも「孫言うな!!」と言い、
眼を覚ますのでした。2人の絆を感じるシーンですね♪


昌浩は紅蓮の昔のことを気にしていました。
「血塗られた神将、騰蛇」と言われたことを。
昌浩は昔のことは言ってくれなきゃ分からないといいます。
そして紅蓮はもっくんの姿に戻り、昔のことをとっても辛い様子で語ります。
神将は人間を傷つけてはいけないのに、
昔、晴明の命を奪いかけたと。
それを聞いた昌浩は「じい様は生きてる。だからもう悩まなくていい。」と
言いながら頭を撫でてあげるのでした。
紅蓮の心の傷を癒してあげられるのは昌浩だけですものね。


さて次の日、昌浩が目を覚ますと、
太陰と玄武が顕現します。
ついに太陰と玄武の言い合いを見ることができましたね。(^ー^* )フフ♪
わいわいと騒いでいると、もっくんが「昌浩は目覚めたところなんだぞ!!」と
怒り始めます。(笑)
太陰は騰蛇が恐いので玄武の後ろに隠れてしまいますが、
アニメではその恐がりがイマイチ表現できていなかったような気がします。
昌浩はいつものもっくんになってほっとするのでした♪


さて予告を見てみるとなんと!!勾陣が出てくるようですよっ!!
楽しみだ♪どんな声かな?ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪


↓応援よろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:感想:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

きょううさびが注意したかも。
きょうまゆびが注意されたかも。(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。