スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹村健一さん・齋藤孝さん著 『英語より日本語を学べ』を読んだよ!!

2007年02月18日
読んでいて頷くところがいっぱいの本でした。
今の教育問題、テレビについてなどなどいろんなことに
触れられているのですが、全く同感でした。

子供が読書をしなくなったのは
小学校の国語の教科書が驚くほど薄いことが原因だと
齋藤さんがおっしゃっています。
確かに私も小学生のころ、教科書をもらったその日に
中身を読み終えた覚えがあります。
あっという間に読み終わっちゃって、
授業をやるころにはつまらなくてぼーっとしていたことも
ありました。(笑)
そして小学一年生から六年生まで同じ厚さであることも
あげておられました。
そういえば確かに~。
内容が難しくなっているんでしょうけど、
年が上がるにつれてもっと読み物を増やしてもいいですよね。

そういえば小学六年のときの担任の先生は
給食の時間に自分は食事を先に食べて、
私たちが食べているときに本を読み聞かせるということを
してくれました。
長い話だと続きは明日ということになるので
給食の時間が楽しみだったりしました。
本嫌いの子も喜んでいたような気がします。
読み聞かせってすごくいいと思うんですよね。
幼稚園くらいのお子様がいる方はされている方も多いと思うのですが、
子供が大きくなると続けられないことも多いですよね。
でも耳から話を聞いて理解するのって必要な力だと思うので
できれば続けてほしいなぁと思います。
この本でも齋藤さんがおっしゃってるのですが
「ぎょうしゅくされた密度をもって」などと言っても、
「ぎょうしゅく」の感じが思い浮かばない。
凝縮の漢字を思い浮かべることによって、
語感や込められた意味が加わり、私たちは密度の濃い会話をしているのだと思います。
との言葉に納得。
今はテレビでも字幕が出るので頭の中で漢字に変換する力が
欠けているんじゃないかしらなんて思います。
私自身もそうなのですが。(^^;;
漢字の勉強が足りないのも原因でしょうね。
今はメールのやりとりが多いですが、
実際に会って話すときにコミュニケーションがきちんととれない人が多いのも
相手の話の内容をきちんと理解できないからかななんて思いました。
日本語の勉強、すごく大事だなぁと思った本でした。
お子様がいる方にぜひ読んでいただきたい本でした!!
私も日本語の勉強、頑張ろうー!!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんにちはぁー♪まゆびさん♪
うんうん。と思って読ませてもらいました。
なるほど。確かに今の人ってあんまり本を読まないかもしれませんね。
私もまゆびさんのお陰で随分本を読むようになりましたが、以前は全然読まない時期もありましたもん。うん。
教科書も随分薄くなってきているのかしら??
私は遠い記憶で思い出せないけれど、読む力って小学生くらいに養われるものですもんね。
読み聞かせをしてくれた先生素敵ですねー。大事ですよね♪うんうん。
それにしても、もらったその日に全部読んじゃったなんてやっぱりすごーーい♪
enuさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
>今の人ってあんまり本を読まないかもしれませんね。
図書館に行っても、以前ほど人が多くないような気がするんですよね。
子供たちも少ないし。
といっても私も本なんて見向きもしないころがありましたからね。
読むのは漫画のみみたいな感じのころもあったし。(^^;;
>教科書も随分薄くなってきているのかしら??
今はどうなんでしょうね?数年前に小学生の国語の教科書を見たときに、
こんなに薄かったっけ?って思ったのです。
>読み聞かせをしてくれた先生素敵ですねー。大事ですよね♪うんうん。
給食を食べながらわくわくしたのを今でも思い出すことができます。
本当に楽しい時間でした♪

教科書をもらったときって、白紙ページがないかどうか確かめる時間があって、
そのときに早めに(適当に)ぱらぱらと白紙ページを確認して
余った時間で教科書を読んでいた記憶があります。(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。