スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第22話 「すべては巫女の御為に」

2007年03月01日

ネタバレになっておりますのでまだ見ていない方、
ネタバレを好まないかたはご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


瘴穴の中で縛魂の術にかかっている紅蓮の攻撃は続いています。
風音が紅蓮の封印の金冠を砕いてしまったので、全力で攻撃してくる紅蓮の前に
誰も太刀打ちできず、防御するのが精一杯。
昌浩はまだ目を覚ましません。


智鋪の宮司に自分の下へ戻れと言われた風音。
歩き出した風音に、脩子(ながこ)姫が一緒に帰ろうと言います。
六合も「お前はだまされているんだ!!」と説得しようとしますが、
風音は智鋪の宮司のもとへ歩いていきます。
六合は烏の左側の顔(智鋪の宮司が烏の体を借りている)を攻撃します。
その烏は風音にとっては大事な存在でした。
「嵬(烏の名前)!!」叫んだ風音の体からはすごい霊力がっ!!


そのときタカオノカミのところにいた、道反の守護妖たちは
その霊力に反応します。
今までどこにいるかわからなかった道反の巫女の気配だと思い
駆けつけてみるとそこにいたのは巫女の娘である風音でした。
「姫か!!」という守護妖の言葉には深い思いが籠められているような気がしました。
守護妖が瘴穴を閉じたため、晴明たちもそこを出ることが出来ました。
晴明はタカオノカミに瘴穴で起こったことを説明し、
黄泉への2つの扉のかぎを智鋪の宮司が手に入れてしまったことを知るのでした。


脩子(ながこ)姫は無事お母さんのところへ戻ってよかったですね。
お母さんに抱きつくシーンは非常に微笑ましいものでした♪


屋敷で目を覚ました昌浩。
紅蓮に傷つけられたことは夢じゃなかったことを知り。。。
腑抜けた顔をしている昌浩を見て、
太陰は「泣きたいときは泣けばいいのよ!!」と言いますが、
勾陣は的を得た言葉で昌浩の状態を説明します。
「泣かないのではなく泣けない」のだと。
昌浩の顔がとっても切なかったです。
最後の六合の顔も印象的でしたね。


↓応援よろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:少年陰陽師:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

少年陰陽師 第22話「すべては巫女の御為に」 from MAGI☆の日記
少年陰陽師の第22話を見ました。第22話 すべては巫女の御為に「黄泉の瘴気か、鬱陶しい。この高淤の膝下を穢すとは全く恐れいる」高淤の神のもとに道反の守護妖達がやって来る。「高淤の神、限りある時を削って我らは耐えてきた」「しかし、我らの力ではもはや黄泉の扉を.. [Read More]

少年陰陽師 第22話 「全ては巫女の御為に」 from ばーむぅーすの徒然日記
うわ~ん 戻って来てぐれ~ん!敏次の一声が聞けたのは嬉しいけど、もっくんがいない!いつも当たり前のようにいたもっくん。いなくなってみて初めてその大切さに気づいております。彼がいないと萌えに愛に和みに・・・色んな要素が不足してしまうのです。もっくんあってこ [Read More]

コメント

まゆびさん、こんばんはー♪
ここ連続で、もっくんが見られなくて悲しいyozoでっす。(゚m゚*)プッ
そんなことをいってられないくらい、シリアスなシーンの連続になってきましたね。
風音を思っての六合の一撃には、yozoも驚きました。それでも、脩子姫は無事母親のもとに戻ってよかったですね。もちろん、昌浩が目覚めたのもよかったのですが、こちらは、天一がどうなったのか心配でっす。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

>「泣かないのではなく泣けない」
勾陣の名セリフでしたね。その前のシーンの恐ろしいセリフとは違っていましたよ。
なんだか放送時間が短いのでは・・・といいたいくらい、あっというまに終了した感じです。
次がめちゃくちゃ気になるyozoでした。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪
yozoさん、こんにちは♪(^ー^)ノ
確かにもっくんファンとしては寂しいですよね~。
しばらくあの姿が見られそうにないのは寂しい。(´・ω・`)
>そんなことをいってられないくらい、シリアスなシーンの連続になってきましたね。
ここから先はしばらくこんな感じになりそうですね。
六合の一撃は凄まじかったですね。いいシーンでした。
脩子姫もお母様の愛情に気がついてよかったですよね♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
>こちらは、天一がどうなったのか心配でっす。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
あの大怪我を引き受けてしまったんですものね。
勾陣の死ぬかもしれないという台詞が重かったです。

勾陣の「泣かないのではなく泣けない」は本当にピッタリくる言葉だと思います。
>なんだか放送時間が短いのでは・・・といいたいくらい、あっというまに終了した感じです。
確かに集中してみちゃいましたね~。
原作を読んでいるまゆびも続きが気になりますから、
yozoさんはもっと気になりますよね!!放送が楽しみです♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。