スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ少年陰陽師 第25話 「禍気の渦に伊吹舞う」

2007年03月22日

ネタバレになっておりますのでまだ見ていない方、
ネタバレを好まないかたはご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


洞穴の中に入った晴明や昌浩たち。
そこに待ち構えていたのは榎笠斎。
いや笠斎の骸を利用している智鋪の宮司といったほうがいいでしょうか?
第一の扉は風音の力によって開かれてしまいました。
第二の扉の鍵となる紅蓮はそちらへ先に行かせ、
智鋪の宮司は晴明たちを奥へ進ませないように待ち伏せしていたのです。


今回は戦いのシーンがメインとなっていました。
智鋪の宮司は黄泉の鬼たちをどんどん呼び寄せ、
晴明や十二神将たちはそれをどんどんやっつけていきます。
青龍や白虎は今まであまり出てこなかったので
こんな戦い方をするんだなぁ♪などと思いながら見ておりました♪
次から次へと鬼が出てくるので晴明は勾陣と青龍に命じて
昌浩を第二の扉の場所へと進ませます。
昌浩が不安な顔をして晴明の衣をつかんだのを見て
晴明がデコピンするところがよかったです♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン


智鋪の宮司は鬼たちを洞穴の下を通らせて、
外の世界へ出そうとします。
白虎、太陰、玄武に外に鬼たちが出ないように命じた晴明。
玄武は晴明を守るのが役目だと言って、
命令に従おうとしませんでしたが、
晴明のまだ天命ではないとの言葉に頷き、
洞穴の入り口まで戻ります。


晴明と智鋪の宮司との対決も見事でした。
智鋪の宮司は自分が不利となると榎笠斎の声と姿を利用して、
逃れようとしますが、晴明はそれに惑わされませんでした。
しかし晴明は今、離魂の術を使っています。
この術は体に負担をかけるもの。
智鋪の宮司の力に負けそうになるところに現われたのが六合。
首にかけられた勾玉を見て、晴明も風音の死を悟ったようです。
いつもは寡黙な六合の「こいつは俺にやらせろ」という言葉が
彼の深い悲しみと怒りを感じさせてくれたシーンでした。
2人で智鋪の宮司をやっつけたところに太陰が
道反の巫女が眠っているのを見つけたと知らせにきました!!
晴明は巫女を眠りから覚まさせます。
目覚めた巫女が風音の安否を尋ねたときに、
六合が黙って勾玉を渡したシーンも
なんとも切なかったです。


第二の扉に到着した昌浩は勾陣に
神殺しの力、軻遇突智の焔が宿る朱雀の太刀を出してもらいます。
勾陣の「覚悟は出来たか?」に頷く昌浩でした。
覚悟を決めた顔がかっこよかったです。


さて次回が最終話だそうです。
昌浩は紅蓮を取り戻せるでしょうか!!


↓応援よろしくお願いします♪ペコリ(o_ _)o))
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:少年陰陽師:アニメ・コミック

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

まゆびさん、こんばんはー♪
今回は晴明と智鋪の宮司との対決がメインでしたね。晴明の友を思う気持ち、
六合の風音を思う気持ちの強さがとても心を打ちましたよ。(*^-゚)vィェィ♪

>六合が黙って勾玉を渡したシーン
六合の心がよく伝わるシーンでしたね。六合に人気があるのが本当によくわかりますよ。(*^-^)

>勾陣の「覚悟は出来たか?」に頷く昌浩でした。
このシーンもとても印象的でした。勾陣の静かなる闘志に
応えるかのような昌浩の表情も素敵でしたね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 次週の最終回、いよいよ昌浩と紅蓮の対決です!
どんな結末が待ち受けるのか!とても楽しみですよ。
凸ぽちっとね ((o(^∇^)o))わくわく
yozoさん、こんにちは♪(o・ω・)ノ
>今回は晴明と智鋪の宮司との対決がメインでしたね。
戦闘シーンがすごかったですよね!!
さすが晴明!!最強の陰陽師だわ!!と思いながら見ておりました♪
>晴明の友を思う気持ち、
>六合の風音を思う気持ちの強さがとても心を打ちましたよ。(*^-゚)vィェィ♪
そうですね~!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
彼らの気持ちが伝わってきました!!

この風音編では六合のファンがきっと増えたんだろうなぁ♪
とっても素敵なシーンがいっぱいでしたよね♪(*'ー'*)ふふっ♪

最後の勾陣と昌浩の会話は言葉は少なかったですが、
とってもいいシーンでした。
来週は凄まじい戦いシーンになりそうです。
なんと次回で少年陰陽師最終回なんですね!!
すごく楽しみです♪o((=゜ェ^=))o''ワクワク♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。