スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸さん著 『ねじの回転』を読んだよ!!

2007年04月17日

タイトルがねじの回転なのに英語が「February moment」
なんでだろう?と思っていたら、舞台は2.26事件なのですね!!
この時代のお話は苦手なんだよなぁ。( ̄(エ) ̄)ゞ クマッタナー
でも読み進めていくと、話の中に引き込まれていきました。
内容はSFで好きなタイプのものでしたしね♪


時は先ほどもいったように2.26事件。1936年のことです。
ある場所で国連職員たちがモニターをにらんでいます。
彼らは未来の人間。『シンデレラの靴』と呼ばれる機械で
歴史の修正を行うため、いろいろと謎の多い2.26事件を再生しています。
なぜ歴史の修正が必要になったかというと
HIDSという病気が発生したからでした。
HIDSとはAIDS(後天性免疫不全症候群)をもじったもので
歴史性免疫不全症候群というそうです。
この病気の発生する前に「聖なる暗殺者」と呼ばれる者が過去に行き、
人類の歴史上忌むべき汚点を修正し、無事に生還しました。
その成功に世界中が大興奮する中、奇妙な病気が流行り始めました。
これが先ほどのHIDSという病気。
この病気にかかると、数日で年老いてしまい、死に至るというものです。
初め、人々は子供なのに老人のような体になってしまう老人病のひとつだと
考えていたのですが、
医師たちは歴史の改変とその波及という、時間差の負荷が人体に影響しているのではないかという
仮説を立てました。(もちろんウイルス説もあったのですが。)
そこで国連は出来るだけ歴史を元に戻そうとします。
日本の修正すべき点は2.26事件であるとみなし、
この時代に国連スタッフを送り込んだのです。


2.26事件の再生のためにいるメインスタッフは
ジョン、マツモト、アリス、アルベルトの4人。
そして2.26事件に関わっている人物たちも協力させられています。
3人の軍人が懐中連絡機を持たされています。
そして2度目の2.26事件を体験しているのです。
史実と違うと不一致になり、やり直しをさせられてしまう。。。
ところがここでは死なないはずの人物が死んでも不一致にならなかったり。。。
『シンデレラの靴』は一体どんな基準で不一致とみなすのか?
そこにハッカーと思われるものまで侵入してきた!!
一体ハッカーは何のために侵入してきたのか。
時間内にこの大規模なプロジェクトを終わらせることができるのか。
他にもいろんな予想外の問題が起こり。。。
初めはなかなかページが進まなかったものの、
ハラハラドキドキしながら読むことができました!!


↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんはー。
今度は2.26事件のお話しなのですね。
あー私もこの時代は苦手です(汗)
で、近代史が苦手だから私は世界史履修しました。。
あ、でも内容はSFなんですね。
なら読みやすそうだ(笑)

でも、フィクションでこうやって楽しみながら読めると
今まで苦手だなーと思ってた分野にも
興味を持つきっかけになったりしません?(笑)
事件いいかもー♪
ばばるさん、こんにちは♪(^▽^)/
ばばるさんもこの時代、苦手ですかぁ。
歴史は苦手なのですが、このあたりは特に。。。(;^_^A アセアセ・・・
>で、近代史が苦手だから私は世界史履修しました。。
オオーw(*゜o゜*)w 私も世界史でしたよ~。(笑)
そうそう、中身はSFだったので初めの部分がなかなか進まなかったものの
どんどん読み進めることが出来ました♪('-'*)フフ

>でも、フィクションでこうやって楽しみながら読めると
>今まで苦手だなーと思ってた分野にも
>興味を持つきっかけになったりしません?(笑)
そうそう!!歴史大嫌いだったまゆびが、最近は楽しめるようになりました。
戦国時代のお話とかも苦手で、織田信長などなどの中学校の教科書に
出てくるような人物しか知らなかったのですけど、
最近はこんな人物もいたんだ~などなど楽しんで勉強しています♪
もっと早く興味を持っていれば社会の成績も上がったのになぁ。(笑)
うさび!!事件はよくないっ!!(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。