スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野不由美さん著 『屍鬼(上)』を読んだよ!!

2007年04月24日

「webでお絵かき」まこさんより
小野不由美さんの本を何点かおすすめしていただいたのですが、
そのうちの一冊。
初挑戦にはちときつかったか。(^^;;
ボリュームがすごいんですよ。上巻だけで550ページです。Σ(・ω・ノ)ノ!
それも字が小さいし、漢字も難しいし。。。
というか、私の頭が退化しているのか。。。ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ


気を取り直して、本の内容へ。(笑)
外場という名の村があります。
この名前は樅(もみ)を育てて、卒塔婆を作って生きてきた村だからだそうです。
田舎の村で人と人との繋がりが残っているこの村で
ある年の夏、死人が相次ぎます。
村にある尾崎医院の医師、尾崎敏夫は悩みます。
どんどん同じような症状でなくなっていくのですが、
これは伝染病なのか?
でも一般的な伝染病には当てはまらないのです。
伝染病だとしても一体どうやって感染しているのか?
死んだ者たちに共通点があれば分かりやすいのですが、
どこにも接点が見つからず。
敏夫の友人で寺の副住職の室井静信も檀家の方などから
話を聞いて情報収集をします。
その話で死んだ者たちに、ある共通点が見つかったのですが、
とても死に関係あるものとは思えず。。。
その上、謎の転居も相次ぎ。。それも何故か夜中に引越し!!
一体村に何が起こっているのでしょうか?


この本には本当にいろんな人たちが出てきます。
正直名前を覚えるのに苦労した。(笑)
尾崎医院の職員たち、そして村人たち。
田舎であるこの外場村を愛しているものもいれば、
早く都会に出たいと思っている若者もいます。
余所者に子供を殺されるのではという強迫観念を持った母親や、
家の仕事を手伝わされ不満に思っている長男など。
それぞれの人物の描写が素晴らしいなぁと思います。
村の団結。そして余所者への強い不信感なども上手く表現されていてよかったです。


ここから下、ネタバレ注意!!
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪


↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ

静信が発見した病死した者たちの共通点というのは
なぜか死ぬ数日前に仕事をやめていたことでした。
それも家族には何の相談もなくです。
とても辞めると思わなかったような人たちばかりでした。
これはこの病気に関係があるのでしょうか?
医師である敏夫はどんどん死んでいく人が増えることにいらだちます。
この病気はちょっとだるいくらいの症状しか出ないため
本人も家族も寝ていれば治ると思うのです。
いや本人は無気力といったらいいのでしょうか?
そんな症状で医師を呼ぶという行為が憚られるのも分かりますものね。


↑ネタバレ終了!!

非常に厚くて読みきれるか?と思ったのですが、
読み始めると続きが気になって仕方がないです。
次の巻も借りてこなければ!!
まこさん、面白い本をご紹介していただきありがとうございました!!(*- -)(*_ _)ペコリ


↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

「屍鬼」を読まれたのねっ!
ボリュームはあるけどそれを感じさせない読後感!
きっと既に下巻に入っていることと思いますが、ととろにはラストも気になる終わり方で余韻に浸った作品でした。
閉ざされた村を村人の生活など上手く描きこんで、思わず村の中にともにいるような錯覚をしそうでした。
ポイントはやっぱり静信だと思うのですが、彼の側にいけるかどうかで感想は大きく違う気がする。
下巻の感想も楽しみにしています!
小野さんが好きといいながら「十二国記」に手を付けられないよわよわなととろです(笑)
ととろさん、こんにちは♪(o^∇^o)ノ
やっと読むことが出来ましたよ~!!
実は大分前に借りてきていたのですが、
ちょっと時間がなくって毎日少しずつ読んでいました。
続きが気になって気になって仕方がなかったです。(笑)
>ととろにはラストも気になる終わり方で余韻に浸った作品でした。
オオーw(*゜o゜*)w 楽しみです~♪
大分読み進めましたよ~♪(^ー^* )フフ♪
>閉ざされた村を村人の生活など上手く描きこんで、思わず村の中にともにいるような錯覚をしそうでした。
(*゜ー゜)(*。_。)ウンウン♪(゜ー゜*)(。_。*)ウンウン♪
分かります!!本当にすごい作家さんだなぁと思いました。
ポイントはやっぱり静信ですか!!
彼はどんな決断をするのかなぁ。すっごく楽しみです♪
>小野さんが好きといいながら「十二国記」に手を付けられないよわよわなととろです(笑)
KOROPPYさんも読まれていますし、すっごく気になっています。
でもバッテリーも途中で止まっているし、
(ずっと続きが貸し出し中。。。orz)
他にも読みたい本があるし。次は何を読もうかなぁ。(笑)
初めまして。私も今「屍鬼」を熱読中です!!!!!!
昨日下巻を読み始めました。

おもしろいですよねw
私は静信や敏夫よりもかおりや夏野のほうが好きだったりするんですが…。
とりあえず今寝る間を惜しんで読んでます。読みふけってます(笑

いろいろな人にスポットライトが当てられているので登場人物に感情移入してしまってます。小野不由美先生ってやっぱすごいや☆

乱文乱筆失礼しましたorz
tuvakiさん、はじめまして。
tuvakiさんも今読まれているところなのですね!!
私は今下巻の半分くらいかな?
続きが気になって仕方がないです。

>私は静信や敏夫よりもかおりや夏野のほうが好きだったりするんですが…。
いろんな人物がそれぞれ魅力的に書かれていますよね!!
私もかおりや夏野、好きですよ~♪

小野不由美さんの本はこれが初めてなのですが、
この屍鬼を読み終わったらまた他にも読んでみたいと思っています♪

コメントありがとうございました。ペコリ(o_ _)o))

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。