スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻原浩さん著 『明日の記憶』を読んだよ!!

2007年05月24日
タイトルは大分前から聞いたことがあったので
いつかは読んでみようと思っていたのですが、
やっと読むことができました♪
映画の方をご覧になった方もいるのではないでしょうか?

広告代理店に勤める佐伯雅行。
バリバリ働いているのですが、最近物忘れが激しい。
人の名前を忘れてしまったり、家の鍵をかけたかどうか気になったり。
頭痛がしたり、めまいがしたりなど
今までになかった不調も起こります。
ある日、クライアントの課長さんから今日、打ち合わせのはずなのに
何故来ないのかという怒りの電話が入ります。
佐伯はその打ち合わせは明日のはずだと思っていたのですが、
クライアントはその打ち合わせは前倒しにするようにお願いしたというのです。
しかし、まるで覚えていません。
初めは相手の思い違いだと思っていたのですが、
部下に打ち合わせは今日で、佐伯自身が一人で行くと言ったと
聞かされるのです。。。
病院に行ってみると、若年性アルツハイマー病という診断が下されました。。。
この診断をされたときの雅行の気持ちは想像も出来ません。
記憶がなくなるなんて恐ろしいですよね。
そして一緒にいた妻の枝実子のショックも。。。

雅行は会社には病気のことを隠して仕事を続けます。
忘れないようにメモをたくさん取って。
でも次第に周りにも様子がおかしいことに気付かれていき。。。
枝実子も雅行のために料理に魚料理を必ず出すようにしたり
浄水器をつけたりなどなど病を進行させないために
いろんな努力をしようとします。
夫婦の頑張りを読んでいて、涙が出てきました。
会社の人やプライベートで付き合いのある人、そして家族たちの
対応などなど、本当にいろいろ考えさせられたお話でした。

読み終わってみて、渡辺謙さんが雅行をどう演じられているのか
すごく興味が湧きました。
また機会があれば見てみたいです♪


amazonアソシエイトプログラムに参加させていただいています。(*- -)(*_ _)ペコリ

↓ポチっとよろしくお願いします♪(=´ー`)ノ ヨロシク
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんはー。
これ、私は映画も本も全く知りませんでした(汗)
でも、こういう系統の小説って結構好きなんです!!
アルツハイマーか。。
ついさっきのことも忘れてしまうことを自覚しながら生きるって
すっごく怖いだろうし辛いんでしょうね。
ぜひとも読んでみたいです。
今読んでる小説が結構暗い話なのでこの週末にでも
本屋さんに探しに行こうと思います!

あ、作詞家の秋本康が書いた「象の背中」って本もおもしろいですよー。
癌で余命半年を宣告された男性の話なんですがめちゃめちゃ泣けます!
何と言っても文体が素晴らしいです。
ま、題名で買ったということは言うまでもありませんが(笑)
まゆびさん、こんにちは。
この本は、渡辺謙さんが映画化するって話を聞いてから、ずっと気になっています。
記憶が消えてしまう。大好きなひとの事もわからなくなっていくんですよね。
時間を共有したひとが覚えてることを、自分は忘れてる。
ものすごい恐怖だと思います。
お魚。もっと食べなきゃ!やっぱり有効なのですか?
主人公は、どんな思いだったのでしょう。
そして。カレを演じた渡辺謙さんは?
まゆびさんのレビューを拝見して、ますます読んでみたくなりました。
mixbabarさんがおすすめしてる「象の背中」もおもしろそうですね。
あ・・・横からすいません。
まゆびたちが、打ち合わせなどをお話しなかったの?


ばばるさん、こんにちは♪(o・ω・)ノ
私も先日まで「明日の記憶」のことは知らなかったのですが、
荻原浩さんという作家さんの記事をお友達のところで見て、
面白そうなのでいろいろ見ていると
この作品の名前があちらこちらで出ていてすっごく気になっていたのです!!
ばばるさんの好きなタイプの小説ですか♪
>ついさっきのことも忘れてしまうことを自覚しながら生きるって
>すっごく怖いだろうし辛いんでしょうね。
メモを必死で取っているところが、忘れる怖さを感じさせました。
ぜひぜひ機会がありましたら読んでみてください♪
おすすめです♪
>今読んでる小説が結構暗い話なので
あらま~。このお話、テーマがテーマなだけに
暗い部分も多いのですが、心温まるエピソードもありますし、
本当にいろいろ考えちゃいました。

>あ、作詞家の秋本康が書いた「象の背中」って本もおもしろいですよー。
>癌で余命半年を宣告された男性の話なんですがめちゃめちゃ泣けます!
うぉぉ!!これは読んでみたいす!!
読書リストに入れておきます♪
>何と言っても文体が素晴らしいです。
(*'▽'*)わぁ♪それも楽しみです♪
>ま、題名で買ったということは言うまでもありませんが(笑)
(⌒▽⌒)アハハ!やっぱり象と言われたら
チェックしないとね~♪(*'ー'*)ふふっ♪
てるひさん、こんにちは♪(○´ω`○)ノ
てるひさんも気になっていた本だったのですね~!!
>記憶が消えてしまう。大好きなひとの事もわからなくなっていくんですよね。
そうそう。これがすっごく寂しいですよね。
>時間を共有したひとが覚えてることを、自分は忘れてる。
>ものすごい恐怖だと思います。
自分の覚えていない行動を他人から聞かされるところがあるのですが、
そのときのショックはどんなものなんでしょうね。
もう想像も付かないです。
この部分とかを渡辺さんがどう演じているんだろう???見てみたい!!
>お魚。もっと食べなきゃ!やっぱり有効なのですか?
脳に効くっていいますよね!!
私もお魚は苦手でめったに食べないので
食べなきゃって思いました。(^^;;
ぜひぜひてるひさんも機会がありましたら読んでみてくださいね!!

象の背中、気になりますよね!!
面白そうな本を教えてもらっちゃった♪('-'*)フフ
あぁぁ、時間が欲しい!!(笑)
(゜ロ゜;)エェッ!?打ち合わせなんてあったっけ???
ごめんね、忘れてたよ。。。orz

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。