スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさのあつこさん著 『バッテリー4』を読んだよ!!

2007年06月03日

前の巻までのネタバレになっていますので
未読の方、ネタバレを好まない方はご注意ください。ペコリ(o_ _)o))


少し間があいてしまいましたが
やっと4巻ゲットです。うふ♪(* ̄ー ̄)v

全国大会ベスト4にまで入っている横手二中と試合が出来たら。
ある事件のため試合に出られなかった新田東中の3年生たちは
こんな希望を持っていました。
キャプテンの海音寺は横手二中のキャプテンの門脇に
巧の投げる球を実際に見せれば試合をやりたくなるはず!!と
巧と豪のバッテリーと共に会いに行き、
そしてこの夢を実現させました。

さてこの実現した試合ですが、
結局、横手には負けてしまいました。
門脇がバッターボックスに立ったとき、
巧は最高の球を投げました。
門脇と巧、豪バッテリーの初対戦のとき、
1球目で手がしびれてしまった豪を見て、
巧は2球目の力を抜いたのです。
そのことに対して激しいショックを受けた豪。
豪にとってこれは耐え難いことでした。
だからこの試合で巧が全力で投げてきたことに
喜びを感じたことでしょう。
が、しかし。。。豪は巧の全力の球を捕れませんでした。
門脇を三振に打ち取ったものの、
その後はぐだぐだに。。。そしてバッテリー交代。。。

どんなに速い球を投げることが出来ても
受ける人間がいなければどうしようもありません。
監督のオトムライに巧には7割の力で投げさせ、
相手打線をかわすピッチングを覚えさせるといいます。
それなら豪でなくてもキャッチャーはつとまると。
チームのためを考えればその方がいい。
しかし、豪は巧が全力投球をしない姿なんて見たくないのです。
オトムライに「おまえ、やめるか?」と言われた豪。
巧のことを忘れてしまったほうが豪にとっては楽なのかもしれません。

巧は巧で自分のことを見つめなおします。
今まで球を打たれたことなんてない巧。
横手での試合ではどんどん打たれてしまい、
マウンドが怖いと感じてしまいました。
今まで、野球をやることが当たり前だと思ってきた巧ですが、
今回のことでいろいろ考えたようです。
いろいろ考えてやっぱり豪に向かって
マウンドで球を投げたいと思った。
でも。豪は応えてくれません。この一ヶ月、豪は巧の球を受けようとしないのでした。
さてこのバッテリーは一体どうなるのでしょうか?

この巻では気になる少年たちがいっぱい!!
優等生の門脇。でも巧とどうしても試合がしたくて
今までなら大人に反対されて諦めていたのに、
今回は諦めませんでした。

また、その門脇の幼馴染の瑞垣。彼は会話に百人一首を混ぜ込む
ある意味変な人です。(笑) そして口が達者!!
彼は、親友である門脇に複雑な思いを持っています。
この2人の関係も気になるところです。

そしてこの瑞垣に口で対抗するのが巧と同じチームの吉貞。
ただのお調子者かと思ったら、結構よく考えてるなぁなんて思います。

最後の方に門脇、瑞垣、そして巧、吉貞、豪たち新田東中の数人と
巧の弟の青波で野球をするシーンがあるのですが、
これがもう笑えますっ!!
だってだって。門脇くん、青波に「おじちゃん」って言われてるんですもの!!(*≧m≦*)ププッ
それも青波は全く悪気なし!!(笑)
みんなが笑い転げるところも中学生らしくていい感じでした♪

さて新田東の野球部はどうなるのでしょうね?
次巻が楽しみです♪




amazonアソシエイトプログラムに参加させていただいています。(o*。_。)oペコッ

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

まゆびさん、(*^・ェ・)ノ コンチャ♪
この間、本屋さんのコミックコーナーをなにげに(((( ̄ェ ̄)ウローン(((( ̄ェ ̄)ウローン
していたら・・・はたと目に留まったコーナーが・・・
『ボーイズラブ』と書いてあった書棚。
何気に見ると・・・【バッテリー】・・・・( ̄ェ ̄;) エッ?
バッテリーってそんな話だったっけ???(´゚ω゚):;*.':;ブッ
危ない本屋でした。       ぅεε= κ( ` ▽´)κケケケ
凸ねこさん、こんばんは♪(○´ω`○)ノ
コミックコーナーを(((( ̄ェ ̄)ウローン(((( ̄ェ ̄)ウローンするのは
本当に楽しいですよね~♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
本屋に入ると時間を忘れてしまいます。
。。。なんと???バッテリーがボーイズラブに分類???
(*≧m≦*)ププッ なんでそんなところに???(笑)
分類した人は一体何を想像してたんでしょうね~。(爆)
分岐点後のバッテリーは如何でしたでしょうか?
ととろは全巻通じて好きなのですが、この回はますます脇役キャラも生き生きとしてますよね。
でもやっぱり巧なんだな。豪と巧の関係。
どうぞラストまで堪能してね。そして、その後瑞垣のサイドストーリー「ラストイニング」も絶対に読んでね!

>ボーイズラブ
笑!いや最近その付近に立ち入ってないので知らなかったけれど、この作品は絶対にあの手の触手にいじられそうだわ!
きっとその手の出版社のコミックスだったんじゃぁ・・・
横いりレス失礼~。
ととろさん。σ(・_・)も最初その手の物かと思ったのですが・・・
きちんと、某雑誌で連載中の真面目な方のコミックス単行本でした。
5巻まで、きちんと並んでいたので、圧巻でしたよ。゚( ゚^∀^゚)゚。ブワッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ととろさん、こんにちは♪(○´ω`○)ノ
非常に面白い巻でした~♪
>この回はますます脇役キャラも生き生きとしてますよね。
(*゜ー゜)(*。_。)ウンウン♪(゜ー゜*)(。_。*)ウンウン♪
門脇くんと瑞垣くんが妙に気に入ってしまいました♪(笑)
でもやっぱり一番気になるのは巧&豪ですよね!!
続きも予約を入れてあるのでそのうち届くと思います♪ワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワク
>そして、その後瑞垣のサイドストーリー「ラストイニング」も絶対に読んでね!
(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
瑞垣ファンとしてはこれもチェックですね~♪(笑)
絶対読みます!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン

凸ねこさんのコメントが入ってますが、
普通のコミックがボーイズラブに入れられていたようですね~。(^^;;
>この作品は絶対にあの手の触手にいじられそうだわ!
確かに~♪(*≧m≦*)ププッ
凸ねこさん、こんにちは♪(o・ω・)ノ
そっか。普通のバージョンのコミックだったのですね~。
しかし。。。ボーイズラブだと思って読んだ人は、
逆になんだこれ???ってなりますよね。。。
うむー。書店でいろんなPOPを見ますが、
信用できるのか見極めないと駄目ですね~。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。