スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎さん著 『ラッシュライフ』を読んだよ!!

2007年07月18日
日本推理作家協会編 『殺人の教室』を読んだよ!!にて
初挑戦だった伊坂幸太郎さん。
この作者もあちらこちらでお名前を見かける方で、
長編を読んでみたいなぁと思っていました。
ある日、図書館をぶらついてたら、
伊坂幸太郎さんの本がいっぱい並んでるじゃないですか!!
しかし。。。どの本から読めばいいのか???(・_・?)
悩んだ挙句、お友達のブログで名前を見た
「ラッシュライフ」にしてみました。
「夢見るととろ日記」ととろさん
ラッシュライフ
「KOROPPYの本棚」KOROPPYさん
『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎の記事を見て
すっごく引かれた本だったので♪

ラッシュといえばラッシュアワーのラッシュしか
思いつかなかったのですが、
英語ではlash、lush、rash、rushとあるんですって!!
ほほぉ♪勉強になるわ。"φ(・ェ・o)~メモメモ

しかし。。。この本。レビューがすっごく書きづらい。(^^;;
ちょっとしたことがネタバレになりそうな予感。。。
5人の人物の物語が並行して進んでいくんですが、
その絡み合いがすごい!!
書籍紹介には
バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。ミステリを読む快感と醍醐味がここに!
と書かれていました。
表紙もエッシャーの絵ですしね♪

仙台がこのお話の舞台となっています。
金さえあれば何でもできるという考えの戸田。
彼は有望な画家の作品の売買する権利を手に入れて
相場が上がるのを待って売っていました。
その戸田についてきている画家の志奈子。
2人は貸切のグリーン車に乗って仙台に向かっています。

そして泥棒の黒澤。きちんと下調べをして
盗みに入るすごい泥棒さんです。
黒澤がマンションの部屋を出ようとしたところで
隣の住人が友人を担いで出てきます。
ドアが閉まらないようにするのを手伝ってあげます♪
彼らが去った後、見慣れない文字で書かれた紙きれが。
とりあえず、財布に入れておきます。

河原崎は高橋という男性を崇拝しています。
この高橋という男は新興宗教の教祖のような人物。
2~3年前にとある場所のビジネスホテルで、連続殺人が起きたとき
事件はなんの手がかりもなく、解決の見通しも暗かったのですが、
高橋の言葉をきっかけにして、見事事件が解決したのです。
たくさんの人たちがこれをきっかけに高橋のもとへ
集まってきました。
(河原崎はこのことで高橋のもとへ来たわけではないですが。)
さて、河原崎は高橋の側近である塚本から
呼び出しを受けています。
幹部クラスの方からお声がかかるなんて。。。
河原崎は信じられない思いです。

京子は青山というサッカー選手と不倫の関係にありました。
なかなか別れてくれなかった夫から突然別れるとの言葉。
実は京子は青山と一緒になるため2人で
京子の夫と青山の妻を殺害する予定でした。
これで京子の夫を殺害する必要はなくなったわけですが、
青山の妻を殺害する予定はまだ消えたわけではありません。。。

豊田は勤めていた会社でリストラにあい
再就職先を探すものの、なかなかうまくいかない日々を過ごしています。
とうとう車を手放さないと生活できないところまで
きていました。
そして今朝、40社目の会社から不採用の通知。。。
条件をさげて応募したはずの会社だったのに。。。

この5人の動きが絡み合って非常に面白いお話になっています。
わりと長いお話なのですが、あっと言う間に読めました。
この記事を書くために、パラパラと前のページをめくったんですけど、
最後まで読んだ後で見てみると細かい伏線がきいているなぁと
改めて感じました。
気付いていない部分もあったので、出来ればもう一度読んでみたいなと思います。

ととろさん、KOROPPYさん、面白い本を教えていただき
ありがとうございました♪(*- -)(*_ _)ペコリ

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんはー。まゆびさん。
あ・・。この作家さん・・・。
こっちでは地元が舞台になった映画が本当に評判になっていますよー。
全国的にはどうなんだろう・・・。
ほーー。この話も仙台が舞台なのですねー♪わーー。興味津々♪
最近どの本借りようかなぁと、迷い始めていたところだったので、ちょうど良かったです♪
明日は図書館の日♪
おいてるかなぁ・・・。今・・・。結構話題の作家さんだし。
借りられたら是非読んで見たいです☆
enuさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
>こっちでは地元が舞台になった映画が本当に評判になっていますよー。
オオーw(*゜o゜*)w そうなんですかっ!!
実はあまり知らない作家さんなので
よく分からないのですが。(;^_^A アセアセ・・・
この「ラッシュライフ」も仙台のお話で、
私自身も一度だけですが、仙台に行ったことがあったので
懐かしいなぁなんて思い出しながら読んでいました。
知っている土地が小説とかに出てくると
すっごく嬉しいですよね~♪('-'*)フフ
図書館に置いてあったらいいですね~♪
私も他の作品をどんどん読んでみたいなぁと思っています!!
こんばんはーv-222

伊坂さん、私もいろんなブログで拝見してて
とっても興味ある作家さんなのですが、なかなか・・・
本も多すぎてどれから手をつければいいのか迷ってしまいます。
結局「魔王」しか読んでないです。

この本、緻密なつくりのようで面白そうですね。
次はこれにしようかなあとメモメモ(笑
なほまるさん、こんにちは♪ヾ(=^▽^=)ノ
伊坂さんの本の記事、よくアップされてますよね~。
なかなか読みにいけずにいますが。(笑)
なほまるさんも一冊のみかぁ。
この「ラッシュライフ」は本当におすすめ!!
読み終わったあとに細かい部分が気になって
もう一度前からパラパラと読んじゃいましたよ~!!
落ち着いてもう一度読みたいです!!

また機会がありましたらぜひ♪
魔王も面白そうだなぁ♪(o^-^o)
こんにちは。
ものすごく遅ればせながらのコメントで、すみません<(_ _)>

>ちょっとしたことがネタバレになりそうな予感。。。
ほんと、ネタバレせずにレビューするのが難しい作品ですね。
細かい伏線がたくさん張られていて、
しかもラストに自然とそれらが思い出される。

これほど完成度の高い作品は、なかなかお目にかかれないですよね。
伊坂作品の中で、私的には未だにNo.1です。
KOROPPYさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
伊坂さんの名前は、KOROPPYさんとかととろさんのブログで
見ていて、ずっと気になっていたのですが、
どこから読んだらいいかわからなかったんですよね。(笑)
で、予約も入れそびれてて、今回たまたま目に付いた
この作品を借りてきたわけなんですが、
それがたまたますごい作品だったんですね♪
KOROPPYさんの中でNO.1だなんて♪♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
でもそう仰るのも納得な作品でした。
>細かい伏線がたくさん張られていて、
>しかもラストに自然とそれらが思い出される。
うんうん!!読み終わったときに、
なんだかぞくっとしたんですよね~。
細かい伏線に感動でした!!
私にとってもこの作品がNO.1になるかな?('-'*)フフ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。