スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆきさん著 『ブレイブ・ストーリー(上)』を読んだよ!!

2007年08月09日
小学校5年生の三谷亘(わたる)。
お父さん、お母さんの3人暮らし。普通の小学生です。
最近近くにあるビルに、幽霊が出るとの噂が。
友達のかっちゃんと夜、調べに行くことにします。
ただ、亘の家は夜に外へ出るのは至難の技。
どうしようか部屋で悩んでいるところに、
「今夜、出かけられるわよ。今のうちに眠っておいたほうがいいんじゃない?」という
女の子の声が!!でも姿は見えず!!亘は大パニック!!
確かに、その女の子の言葉通り、
お母さんがソファで眠ってしまい、
らくらくと家を抜け出すことに成功するのでした。
残念ながらその日は幽霊には会えず。。。
ビルのオーナーさんに出会って冒険終了でした。

後日、伯父さんと一緒にそのビルへ行くと、
ビルに変な扉が出現していました。
その扉のところで出会ったのは隣のクラスに転校してきた芦川美鶴(みつる)でした。
彼は「ここで何しているんだ?」と叫んでから、
その扉の中へ入っていきました。
それを追いかけて中に入った亘は奇妙な世界に迷い込みます。
空から落ちた亘は砂漠の中にいました。
そこで頭がねじのようにになっているドーベルマンのような動物に
襲われてたところを、喋る朱い鳥に助けられて。。。
朱い鳥はここが「幻界(ビジョン)」というところであり、
扉の番人に認められた旅人でなければこの世界にはいられないことを
教えられ、無理やり戻されます。

そして後日、みつるから「幻界(ビジョン)」のどこかにある「運命の塔」に
たどり着くことが出来れば運命を変えられると聞いた亘は
「幻界(ビジョン)」へと旅立つ決心をするのでした。

「幻界(ビジョン)」では見習い勇者として旅をすることになります。
剣につけるための宝玉を探す旅へ。
「幻界(ビジョン)」の世界も私たちの世界のような
宗教問題、人種差別問題などなどいろいろあるようです。
旅をしていると、現世でも聞こえたあの少女の声も聞こえる!!
一体誰なんでしょうか?
水人族のキ・キーマ(とかげ?)、ネ族のミーナ(ねこ?)などと一緒に
旅をしながらいろんな人物に出会い、助けられ、亘は成長していきます。
亘は宝玉を集めて、運命の塔を探し出すことが出来るでしょうか?

上巻の半分は現世でのお話。
亘のお父さんが他の女の人のところへ行ってしまったり、
その女の人は実は亘のお父さん、お母さんが結婚する前に
付き合っていた女性だったり。。。
このドロドロ関係でひとつの昼ドラになりそうな感じでした。(笑)
そして後半が「幻界(ビジョン)」での冒険です。
下巻では宝玉をどんどん集めていくんでしょうね。
亘の冒険が楽しみです♪

アニメ映画『ブレイブストーリー』で書いたように
先にアニメの方を見たのですが、
今のところ、基本的な流れは同じだなぁと感じました。
ただ、アニメでは時間の関係で省かれている部分があまりにも多いので
アニメを楽しめた方はぜひ原作を読んでみてほしいなぁと思いました。
さて下巻、借りに行って来ます!!

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

初めまして、†黒蝶†です☆"

私も本はよく読むんですけど、ブレイブ・ストーリーはまだなんですよねぇ。
いや、読みたいとは思ってるんですけどね!?
あの厚さ見ると、家でしか読めないな、なんて思って後回し状態なんです。
映画が上映されたとき、観ようと思ったんですけど原作を読んでから!!なんて
意地張って見逃しました(´・艸・`;)

でも、日記読ませていただきましたが、やはり魅力的な内容です!!!
これを機に今度読もうと思います!!
あ、ちなみに私は最近乙一にはまってて中毒になりかけですw

長文、失礼いたしました┏○〃ペコッ
†黒蝶†さん、はじめまして。
コメントありがとうございます♪
そうそう。ブレイブストーリーは
厚さにちょっと尻込みしちゃいますよね~。(笑)
確かに家で読むのが一番です♪
>映画が上映されたとき、観ようと思ったんですけど原作を読んでから!!なんて
>意地張って見逃しました(´・艸・`;)
(⌒▽⌒)アハハ!どちらが先の方がいいかは
人にもよるでしょうが、何にしても原作を読んだほうが
楽しめるなぁと思っています。
ってまだ上巻しか読んでないんですけど。(笑)
また機会がありましたら読んでみてくださいね♪

>あ、ちなみに私は最近乙一にはまってて中毒になりかけですw
おお。私はあまり読んだことがないのですよ。
短編を2作ほど読んだだけなのですが、
ちょっと衝撃的なお話だったので。(笑)
でも読んでみたい作家さんの一人です♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。