スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾さん著 『どちらかが彼女を殺した』を読んだよ!!

2007年08月16日
タイトルにありますように、容疑者は2人。
登場人物は少ないお話でした。
和泉康正は愛知県警の交通課に勤務しています。
東京に妹の園子が住んでいます。
園子からの電話でいつものように「元気でやってるか」と
訊ねた康正。
いつもなら元気と答えるはずの妹ですが、
あまり元気じゃないとの答え。
そして「裏切られちゃったんだ。信じていた相手に」
「お兄ちゃん以外、誰も信じられなくなっちゃった」という言葉。
さらに「あたしが死んだら一番いいんだと思う。」とまで。。。
明日、愛知に帰ってくると約束した妹は
結局帰ってきませんでした。
電話も繋がらないし、翌週の月曜日、園子の職場へ電話してみると
連絡もなく、休んでいるとのこと。
心配になった康正は即、東京へ行くことを決心します。
そこで見つけたのは妹の死体でした。。。

康正は警察へ届ける前に部屋を捜索してみました。
明らかに自殺とは思えない点が出てきて。。。
最愛の妹を殺された復讐を果たすため、
部屋にあった証拠品を集め、
警察に自殺と判断してもらうためにいろいろな細工を施します。
上手くいったかのように思えましたが、
加賀という刑事だけは自殺ではないと思っているようで。。。
容疑者は園子の付き合っていた男性と、園子の友人。
どちらが犯人であるかという推理も楽しめましたが、
加賀刑事との対決も面白かったです。

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

お久しぶりです。
しばし、復活は出来そうにありませんが、巡回だけはそろそろ始めたいと思ってます。
ガシガシ本を攻略してますね!この暑さですものね。涼しい屋内での読書がピッタリかも。
この作品はトリッキーで加賀刑事の魅力もいかされていて佳作ですよね。
この頃の東野さんのお得意のラストの形だったなぁと思い出してます。
付箋を貼りながら読みませんでしたか?
ととろさん、こんにちは♪ヽ(*´∀`)ノ
私も最近は本の記事をアップしているだけで、
巡回は全く出来ていない状態です。
ペットたちとも遊びたいんですが、
残念ながら時間が足りない~。(´・ω・`)ションボリ

>ガシガシ本を攻略してますね!この暑さですものね。涼しい屋内での読書がピッタリかも。
本当に毎日毎日暑いですよね!!
出来るだけ外に出たくないというのが本音です。(笑)
私はクーラーを出来る限り使わない人なので、
屋内が涼しいかというと、そうでもなかったりするんですけど。(笑)
部屋で冷たいものを飲みながら、ごろごろと本を読み進めています♪

>この作品はトリッキーで加賀刑事の魅力もいかされていて佳作ですよね。
(*゜ー゜)(*。_。)ウンウン♪(゜ー゜*)(。_。*)ウンウン♪
加賀刑事というのは、よく出てくる方なのかな?
私は多分初めて。。。だと思うのですが。。。自信はない。(笑)
加賀刑事とのやりとりが非常に楽しい作品でした♪
>付箋を貼りながら読みませんでしたか?
うぉぉ!!そんな読み方されてるんですか?
でも確かに気になるところに貼っておくのはいいかも!!"φ(・ェ・o)~メモメモ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。