スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン11 闇の帝王』を読んだよ!!

2007年08月20日

ダレン・シャンの第11巻です。
続き物ですので前の巻までのネタばれになる部分がございます。
未読の方はご注意くださいね!!
1巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン 奇怪なサーカス』を読んだよ!!」
2巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン2 若きバンパイア』を読んだよ!!」
3巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン3 バンパイア・クリスマス』を読んだよ!!」
4巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン4 バンパイア・マウンテン』を読んだよ!!」
5巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン5 バンパイアの試練』を読んだよ!!」
6巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン6 バンパイアの運命』を読んだよ!!」
7巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン7 黄昏のハンター』を読んだよ!!」
8巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン8 真夜中の同志』を読んだよ!!」
9巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン9 夜明けの覇者』を読んだよ!!」
10巻の感想は「ダレン・シャンさん著 『ダレン・シャン10 精霊の湖』を読んだよ!!」
をご覧ください。


ダレン・シャンシリーズは続き物なので
初めの部分で、前の巻の復習があり、新しい巻の予告(?)があるのですが、
この導入部分がすごく上手く書かれていて、
いつも先が気になって仕方がありません。
「あのとき、ぼくの運命がシルク・ド・フリークの仲間の運命を
くるわせることになるとわかっていたら。
たえがたい苦しみをあたえてしまうとわかっていたら、
ぼくはそくざにサーカスを飛びだし、
地のはてまで逃げるだろう。

この記述がこれから起こる壮絶な出来事を想像させます。

ダレンとハーキャットは前回の旅の後、
シルク・ド・フリークに戻っていました。
シルク・ド・フリークの一員として、いろんな雑用などをこなしていました。
ある日、シルク・ド・フリークのオーナーであるミスター・トールが
ダレンにわざわざ次の公演場所を教えてきたのです。
いつもは団員たちに次の場所を伝えることなんてないのですが。。。
不思議に思っていたダレンですが、次の公演先の場所を見て納得します。
そこは、ダレンの生まれ故郷だったのでした。
ダレンは町を出るとき、死んだことにして、
クレプスリーと一緒に旅に出ました。
父と母、そして妹のアニーはどうしているんでしょうか?
ハーキャットはこの町は何か危険なにおいがする。
でもさけては通れない場所であるといいます。
ここで、何か大きなことが起こる予感です。

子どものころ、友達だったトミー・ジョーンズとの再会。
彼は有名なサッカー選手になっていたのですが、
ある日、シルク・ド・フリークに現われたのです。
もちろんトミーは昔とほとんど変わらないダレンの姿を見て
驚愕します。
そのとき「スティーブについてはなしあわなければならないことがある」と
トミーは言うのですが、時間がなかったため、次の日まわしになりました。
次の日、トミーはサッカーの試合に出ていたのですが、
そこで、殺されてしまいます。一体なんのために?

シルク・ド・フリークに現われる謎の子ども、ダリウス、
そして今もこの町にいるという妹のアニー。
気になることがいっぱいでした!!
次の12巻が最終巻になります。
いよいよって感じだなーー!!
そうそう。図書館でリストを見ていたら、
外伝もあるようです。
そちらも気になります!!

下の部分はネタバレです。
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪


↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ

ミスター・トールがミスター・タイニーの息子で、
エバンナの弟だったのですね。
未来を見通す力を持っているんだから
血のつながりがあっても不思議じゃないよね。納得。
ただ、ミスター・タイニーは非常に残酷なのに対し、
ミスター・トールは非常に優しいイメージでした。
「バンパイア一族のことに首をつっこんで、
手を貸してもかまわないのなら、とっくにそうしている。
さがって見ているほうが、はるかにつらいのだぞ」という言葉が
彼の過酷な人生を思わせました。

ダレンの親友、蛇男のエブラの息子、シャンカスが
あっさり殺されたのも驚きでした。
本当に児童書とは思えない展開です。

ダリウスの正体も驚愕でしたね。
まさかスティーブの息子とは!!
そして母親がダレンの妹のアニーであるという事実。
一体どういうことなのか?
次の巻が気になります。


↑ネタバレ終了!!

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。