スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆきさん著 『ブレイブ・ストーリー(下)』を読んだよ!!

2007年08月28日
ブレイブ・ストーリー読み終わりました!!
分厚いので、読みにくかった~。(^^;;

続き物ですので、上巻のネタバレになる部分がございます。
未読の方、ネタバレを好まない方はご注意くださいね。
上巻の感想はコチラです♪
宮部みゆきさん著 『ブレイブ・ストーリー(上)』を読んだよ!!

主人公の三谷亘(わたる)が、「幻界(ビジョン)」という場所で
見習い勇者として、運命の塔を目指して旅をしています。
何のためにかというと、現世での運命を変えるため!!
運命の塔にたどり着き、女神さまに会えたらひとつだけ
願いがかなえてもらえるのです。
亘は父が母以外の女の人のところに行ってしまい、
その上、母がガスによる自殺を図ったことで、
この人生を変えなければと思い、ビジョンへ旅立ちました。

ビジョンではキ・キーマ、ミーナたちと出会い、
仲間と一緒に力を合わせて、旅を続けています。
運命の塔に行くためには、剣につける5つの宝玉を集めなければなりません。
亘はいろんなことに悩みながらも
旅を続けていきます。

同じくビジョンで旅をしている亘の友達の芦川美鶴(みつる)。
彼も現世では悲惨な運命を背負っていました。
あまりにも壮絶な人生だったためか、
彼は目的のためには手段を選ばないところがありました。
運命の塔へ行くためなら、このビジョンがどうなってもいい。
だから簡単にビジョンの人を傷つけてしまうし、
町が壊れようが、全く気にもしません。

逆に亘はビジョンの人たちのことを考えながら
旅をしています。
ヒト柱、人種問題、貧富の差などなど
ビジョンにも大変な思いをしている人はたくさんいるのです。
でも運命の塔で叶えることができる願いはひとつだけ。
もしもこのビジョンのために願い事をつかってしまえば、
自分の家族を取り戻したいという願いが叶わなくなるのです。
亘は運命の塔にたどりつけるのでしょうか?
そしてどんな願いをするのでしょうか?
自分自身と向き合いながら旅をしている亘の成長に
力をもらった一冊でした。

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

「ブレイブ・ストーリー」 宮部みゆき from なほまる日記(離れ)
ブレイブ・ストーリー(上)宮部 みゆき / 角川書店(2003/03/05)Amazonランキング:37,233位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog映画化される本です。現在予告編が映画館で流れています。2006年夏の上映予定で、紹介HPは.... [Read More]

コメント

まゆびさん、こんにちは

最近テレビで放映されてましたよねー。結局見逃してしまいましたが・・・。

亘は今時の子供のようで、その少し前で踏みとどまっている子供のようで、
「こういう子供っていいなあ」 と親目線で元気をもらったなー という感じでした。
映画の方はどんな感じだったのでしょうか?
原作とどこか違うかなー と興味はあるのですが・・・(汗

トラバ送らせてもらいますねv-196

なほまるさん、こんばんは♪ヽ(*´∀`)ノ
オオーw(*゜o゜*)w なほまるさんもブレイブストーリー読まれていたのですね!!
トラバありがとうございます!!
後ほど、記事読ませていただきますね♪

>亘は今時の子供のようで、その少し前で踏みとどまっている子供のようで、
>「こういう子供っていいなあ」 と親目線で元気をもらったなー という感じでした。
なるほどー!!お母さんの立場で読まれたのですね!!
亘は優しい心を持った子ですもんね♪

私は映画を先に見たのですが、大まかなストーリーは同じなのですが、
やはり2時間では時間が短すぎて、
中身が薄い感じでした。
宝玉を集めるところもほとんど飛ばされてましたしね~。
面白かったのですが、ちょっと物足りない感じでした。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。