スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸さん著 『光の帝国ー常野物語』を読んだよ!!

2007年10月01日
常野とかいてトコノと読みます。
常野シリーズとして、現在、
「光の帝国」「蒲公英草子」「エンド・ゲーム」の3冊が出ています。
実は昨年、何も分からず「エンド・ゲーム」を借りてきて、
シリーズものの最新作と知り、即返却したという思い出が。(笑)
ただ常野だよりを見てみると
シリーズとはいうのものの、それぞれ独立した作品とのことなので
どこから読んでも問題ないようです。

常野というのはある一族の名前。
不思議な力を持っている人たちなのです。
遠くのものが見えたり、聞こえたり、
まるで人間コンピューターのようにいろんなものを
頭に入れることができたり。
シリーズの一作目となる光の帝国は短編集になっていて
たくさんの常野一族が出てきます。
200年も生きている人までいるんですよ。
そんな不思議な力を持っているため、
一族の中には、非常に辛い思いをした人たちが多くいて、
そのエピソードには、思わず涙を流してしまったものもありました。
また、普通の人には見えないモノと戦っているという一族のエピソードは
非常にスリリングでした。
読み進めるうちに、この不思議な一族にすっかり魅了されてしまいましたよ。
不思議な一族のエピソードは、この本だけではちょっと物足りない。(笑)
すかさず2作目、3作目も読みたいと思っています。
そして続きが出るのも楽しみだなー!!って、気が早すぎかも・・・(^^;;

余談ですけど、Wikiをチェックしていて初めて知ったのですが、
なんとこの常野物語、ドラマになってたんですね!!
見たかったです!!
光の帝国 - Wikipedia

↓応援よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

きょううさびは小学生時代受験したかったの♪
BlogPet界にもお受験があるんだ!!
憧れのお嬢様学校でもあるのかな?(笑)
まゆびさん、こんにちは

続きが読みたーい と思わされる、なかなか良い短編集ですよね。
決して派手ではないんですけど、そこも常野の人達の人柄が出ているように思いました。

なほまるは3作目の「エンドゲーム」を読んで「作者のおばかー」と絶叫したのですが(笑
まゆびさんはどうでしょうね。 感想が楽しみです。


なほまるさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
>続きが読みたーい と思わされる、なかなか良い短編集ですよね。
うんうん。常野の人たちの紹介がいい感じで出来ていますよねー。
まだまだ謎が多いんですけど、きっとこれからの作品で
そのあたりも読めるんじゃないかなーと期待しております♪

>なほまるは3作目の「エンドゲーム」を読んで「作者のおばかー」と絶叫した
(゜ロ゜;)エェッ!?何が起こるんでしょう?
気になる気になるー!!(笑)
今2作目を読んでいるところです。
今日中には読み終わるかな?

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。