スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸さん著 『ネバーランド』を読んだよ!!

2007年11月14日
この作品を原作にして昼ドラやればいいのに。(笑)
読み終わってみてそんなことを思った作品でした。
舞台はある伝統のある男子高にある寮、松籟館(しょうらいかん)。
年末はほとんどの生徒たちが帰省するのですが
数人の生徒が寮に残ることになります。
一人目は語り手でもある美国(よしくに)。
彼がここに残ることのにしたのは特に大きな理由があったわけではないらしい。
この物語の登場人物の中では一番普通かな?
二人目の光浩は温和でとてもよく気の回るタイプの人間です。
でもある時、美国は光浩の氷のような表情を見てしまいました。
すさみ切った表情の理由は何なのか?
そして三人目の寛司は両親が今、離婚調停中ということで
帰省したくないとのことで居残りを決めていました。
美国が寮に残ろうと思った理由のひとつは
寛司の残留を知ったことでした。
そして通学組のひとり、統(おさむ)がこの三人の生活に乱入します。
四人で過ごす7日間。
初めの日に統がある秘密を懺悔し始めました。
ただし、重いものを背負いたくないという光浩は
ひとつだけその話の中に嘘を混ぜるように言うのですが。。。
一体どの部分が嘘なのか?
この後、他の者たちも自分の秘密を話していくのですが。。。

四人は初めから親しい友達というわけではなく、
むしろ探りあいながら一緒に生活しているという感じでしたが、
いろんな事件が起き、いろんな話をすることで
それぞれが成長し、最後には素敵な関係になるのがとても
よかったです。
きっとこの後の学生生活も楽しんだだろうなぁ♪
初めに昼ドラやればいいのに!!と書きましたが
光浩の話がすっごくドロドロでした。(^^;;
でも最後のこの四人の素敵な関係のおかげで
読後感はよかったです。
非常に面白いお話でした♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:最近読んだ本:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんはー。まゆびさん。
わーー。ネバーランド読みましたか!!!!
私も読みました♪
ああーーー。なるほど。昼ドラ。うんうん。
本来(?)爽やかであるはずの男子高校生の友情物語のはずが、なんかどろどろしてるんですよねー。
ここが恩田さんの世界って感じ。
冬の閉ざされた世界とか、男だけのクリスマスとか、なんか本当に不思議。
お酒とかもバンバン飲んじゃうし。あははーー。
私もたしかあっという間に読んじゃった記憶があります。
うーん。昼ドラ案賛成ー!!!
キャストは・・・。アハハハハーー・・。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
きのうまゆびの、一緒っぽい登場すればよかった?
enuさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!! enuさんも読まれていたのですね!!
中身がドロドロしていて、昼ドラにピッタリかと思ったんですよね~。
私も今日、教えてもらったんですけど、
なんとこのネバーランド数年前にドラマ化してたんですって!!
調べてみましたー。
ネバーランド (小説) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29
見てみたかったなー!!
enuさんの想像したキャストも気になります。('-'*)フフ

このネバーランドの世界ってなんだか不思議な雰囲気で、
とても面白かったです。
男子校の雰囲気も楽しめましたし♪
鍵コメさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
ドラマ、やってたんですねー!!
教えていただいてありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ
原作と違うところもあるようなので
ドラマも見てみたかったです。
うさびー。一緒に登場したいねー♪(゚-゚*)(。。*)ウンウン
今度うさびの家にお邪魔しちゃおうかしら?('-'*)フフ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。