スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸さん著 『木洩れ日に泳ぐ魚』を読んだよ!!

2007年12月02日
こちらも予約を入れておいた本です。
返却日までに読めるのか?と思ったのですが、
読み始めると緊迫した展開で続きが気になって仕方がなく、
あっという間に読めてしまいました♪

主人公となるのは一組の男女。
一緒に暮らしていたようですが、別れて暮らすという決断をし、
部屋の片づけをしています。
ほとんどのものが片付いてしまった部屋。
明日の朝には違う道を歩き出す二人の最後の夜。

この一組の男女の関係はどんなものだと思いますか?
初めの段階では彼らの関係は一緒に暮らしていたこと以外は
ほとんど分からず、いろいろ想像してしまいます。
そしてこの最後の夜。彼らは一緒に暮らせなくなった原因でもある
一年前の旅行で起きた事件についての真相を知るため、
お互いの腹の探りあいをするのです。
男、女の順で語り手が変わるため、
この二人の質問合戦が男の攻撃、女の反撃のようになっていて、
非常にスリリングな展開になっていました。

ネタバレになってしまうので細かく書くことは避けますが、
真相に近づくために彼らの過去をもう一度見つめなおし、
あるきっかけで、彼らが忘れていた事実がどんどん思い出されていくのが、
非常に面白かったです。
記憶って何がきっかけになって思い出すか分からないものですもんね。
高橋克彦さんの記憶シリーズが好きな私にはピッタリの本だったです。
個人的には最後の結末が、ややあっさりしすぎた気もするんですけどね。

ここから下はネタバレです♪
まゆびからのお願いです。コメントにてこのネタバレ部分について書きたい場合は
ぼかして書いてくださいね。ネタバレを好まない方への配慮をお願いします。
コメントは皆が読む可能性がありますからね♪

↓ここからドラッグしてね♪(*゚▽゚)ノ
私は初め、この二人の関係は夫婦だと思っていて、
きっと最後の夜は離婚届に判子を押すんだろうなぁなんて
思っていたのですが、実際には双子の兄妹でした。
ところが彼らの幼い頃の記憶にはどうも食い違いが。。。
ここで昔のことを調べたりして真相に達するところは
上に書いた高橋さんの記憶シリーズみたいで
本当に面白かったです♪
↑ネタバレ終了!!

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

最近めっきり本を読めなくなりました。時間の都合というよりただ怠惰なだけなんですけど。

>お互いの腹の探りあいをするのです

w(゜o゜)w恩田陸だーーー
面白そうですね。あぁ、借りた本も返してないのに・・・
ネタバレは晴れて読了できたらの楽しみにとっておきます、っていつだ~?!(笑)
ととろさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
>最近めっきり本を読めなくなりました。時間の都合というよりただ怠惰なだけなんですけど。
あらら。ととろさんが読んでいないなんて!!
なんだかここ2~3ヶ月は読書が楽しくて楽しくて、
時間があれば本を読んでいます。
活字中毒か?(笑)

この本は恩田さんらしい本でしたよー!!
ぜひぜひ機会があれば♪テンポのよい作品なので、
読み始めるとあっという間だと思いますよ♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。