スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらももこさん著 『焼きそば うえだ』を読んだよ!!

2007年12月10日
な、なんだ、このタイトル???
有名な焼きそば店の名前なんだろうか?
たくさんのハテナマークを頭に浮かべながら読み進めていくうちに納得!!(笑)
さくらさんが「男子の会」というものを作ったそうなのですが、
(男子の会とは小学生男子レベルのくだらない話で
盛り上がる会なんだとか!!(笑)
なんとバッヂまで用意されているようです。すごい!!)
そのメンバーの一人に植田さんという方がいるようです。
ある日、男子の会で植田さんがいないときに、
植田さんについての話で盛り上がったようなんですが、
さくらさんが「植田さんは会社を辞めて、バリでやきそば屋でも
開いたほうが幸せかもね」とつぶやいたそうです。
それで、メンバーみんなで、そうだそうだと盛り上がってしまって、
本当にパリにやきそば屋を作るため、メンバーたちが色々と奔走したそうです。
もちろん、やきそば屋の店名が「焼きそば うえだ」なのは言うまでもありません!!

こういった思いつきって、普通は口だけで終わってしまうものだと思うのですが、
さくらさんたちは実際にバリにやきそば屋を作ったそうで、
ちょっと感動してしまいました。
バリのことはほとんど知らなかったので、
あちらの生活や人についても読めたので面白かったです♪

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

こんばんはー。
ご無沙汰しております。。。
若干復活の兆しでございます(笑)

おっと今回はさくらももこさんの本ですか。
読書のジャンルが幅広いんですねー☆
しかし他愛のない世間話を発端に、
バリのヤキソバ屋さんを実現するなんて素晴らしいですよねぇ。
話の触りを聞いただけでも感動しました(笑)
その過程をぜひ私も読んでみたい気がします!
ばばるさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
私の方こそ、ご無沙汰しちゃって。(^^;;
もうしばらくばたばたしそうなのですが、
必ず復活したいと思います!!

さくらももこさんの本は気楽に読めるので、
図書館で未読のものを見つけると、
必ず借りてきます。
>しかし他愛のない世間話を発端に、
>バリのヤキソバ屋さんを実現するなんて素晴らしいですよねぇ。
口では簡単にいろんなことを言えますけど、
実際にやるのは大変ですよねー。
それも今回はバリまで行ってるんですからすごいですよね!!(笑)
焼きそばのことについて勉強したり、
(美味しい焼きそばの作り方など)
焼きそばをつくるための鉄板や食材などを探したりなどなど、
いろいろやらなければいけないことがあって大変そうでしたよ!!
はじめましてv-238私の学校では、市立図書館から貸し出され、一ヶ月間文庫本としてクラスにおいていて、今月はさくらももこの「焼きそばうえだ」がきました。ちびまる子やエッセイは買うこともありますが、大半は市立図書館で借りてます。記憶力いいですよね~((*゚Д゚)ゞ
朝読書の時間に読んでると噴出しそうになります・・・三角定規となら交換してもいいよ・・・という場面が。さくらももこの本音も面白いです。空港の、植田さんの旅行バッグが見当たらないところなんか笑
バリに焼きそばをつくるなんて行動力もスゴイですよね。
ぴぴぴ。さん、はじめまして!!
コメントありがとうございます。
へぇぇ!!ぴぴぴ。さんの学校では毎月いろんな本が置いてあるのですねー!!
うらやましー♪どんな本が来るのか、毎月楽しみですね♪
読書の時間があるというのもうらやましいです♪(*´ω`*)
さくらさんの本はほんと、声を出して笑いたくなるところがありますよね♪
でも周りに人がいるとちょっと恥ずかしいかも。
なのでお互いに外で読むときは気をつけましょう!!(笑)
>バリに焼きそばをつくるなんて行動力もスゴイですよね。
ですよね~。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
普通の人なら話だけで終わるところをきちんと実現したところが
素晴らしいですよね♪

それ本気で言ってますか??

うえださんのその後の人生とか考えた事ありますか?
妻子がある身で勝手にいろいろやられて人生狂わされたんですよ?
もし、自分だったら…と考えてみてください。
やっぱりさくらさんはすごいなぁって感謝しなきゃって思えますか?

私は胸くそ悪かったです。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。