スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾さん著 『魔球』を読んだよ!!

2008年01月20日
これはかなり古い作品のようですね。1988年発行ですって。
お話は開陽高校のエースである須田武志が春の選抜高校野球大会で
9回二死満塁のピンチに立ち向かうところから始まります。
捕手の北岡に「好きにしていい」と言われた武志が投げた球は
北岡のミットの前で地に落ち、気が付いたときにはバックネット付近を転がっていました。
その間に三塁ランナーが生還し、試合には負けてしまいました。

試合の終わった数日後。開陽高校の付近で死体が発見されました。
朝から学校中は大騒ぎ。
武志の弟の勇樹のクラスでもいろんな噂が飛び交っていました。
被害者はこの学校の生徒だとのこと。
野球部の顧問の森川先生が刑事に呼ばれていたことを知った勇樹のクラスメイトは
勇樹に兄の武志に話を聞いてくるように言います。
その兄から聞いたのは、殺されたのは捕手の北岡でした。

勇樹が刑事さんに聞いた話では、北岡は愛犬と一緒に刺殺されたとのこと。
今の段階では暴漢のしわざの可能性が高いのですが。。。

この高校の話とは別にある会社に爆発物が仕掛けられるという
事件も挿入されています。
ある会社のトイレに爆発物が仕掛けられていたのですが、
時限装置が付けられていました。ドライアイスを入れておけば
時間調節ができるという装置なのですが、
実際に入れられていたのはボロ布。
つまり放っておいても爆発しないものだったのです。
一体犯人は何故こんなことをしたのか?
この事件がどう絡んでくるのか?
ドキドキしながら読み進めていきました。

この話も非常に東野さんらしい作品と言えると思います。
正直、読後感はよくありません。(^^;;
ですが、ミステリとして非常に面白い作品だと思います。

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:最近読んだ本:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

先日は、桜の折り方教えて頂き、ありがとうございました。
たくさん作ってみたいものがあったので、
時間のある時に作りたいと思います。
お守りづくりもがんばりますね。

東野圭吾さんお本、とてもおもしろいですよね。
私も大好きです。
私は今、手紙という本読んでいます。
これまでには、分身・変身・放課後を読みました。
よかったら読んでみてください。

では・・・本当にありがとうございました。
あずきさん、こんばんは♪(^ー^)ノ
お役に立てたようでよかったです。
折り紙のページはわりとあちらこちらにありますので、
また時間があるときにでも探してみるといいかもしれません。
折り紙、楽しんでくださいね♪

あずきさんも東野さんファンですか♪♪ナカマ♪(((*゜▽゜))八(゜▽゜*)))♪ナカマ♪
図書館へ行ったときには必ずチェックしています♪
手紙は私も読みました♪好きな作品のひとつです。
放課後も読みましたよー。
分身、変身はお友達も面白いと言っていました♪
読むのが楽しみです♪
おすすめしていただきありがとうございました♪(*- -)(*_ _)ペコリ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。