スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北森鴻さん著 『深淵のガランス』を読んだよ!!

2008年01月24日
久しぶりに北森さんの作品♪
陶子シリーズを読むつもりだったのですが、
置いていなかったので、この本を借りてみました。
「深淵のガランス」「血色夢」の2作品が収録されています。

タイトルの「ガランス」という言葉の意味を知らなかったのですが、
フランス語で「植物の茜」「茜色」の意味だそうです。
主人公となるのは花師の佐月恭壱。
彼の仕立てた花は客を招き寄せる魅力があるそうです。
どんな風に花を飾るのか、見てみたいものです♪
実は彼にはもう一つの仕事がありました。
絵画修復師というちょっと変わった仕事です。

「深淵のガランス」の方のお話を少しご紹介。
恭壱のところに依頼を持ち込んだのはある女性。
(この女性って陶子ですよね。
北森さんの作品はこんな風にいろんなシリーズの人物が
絡み合ってくるので面白いです。
もちろん知らなくても楽しめるのですが、
知っていると、もっと面白い♪)
長谷川宗司という洋画家の三点の作品の修復を依頼されます。
まずはその作品を見に行った恭壱なのですが、
一枚の風景画を見て違和感を感じます。
それは、この風景画にワニスが塗られていたことでした。
(ワニスとは絵の上に塗る透明な膜だそうです。)
ワニスを塗ることによって得られる統一性のある光沢は
この絵には必要だと思えなかったのでした。
その上、何故か一部分だけワニスが塗られていない部分が。。。
釈然としないままに、恭壱は作業に入ります。
やがて、風景画以外の2点の作品の作業を先に仕上げた後、
恭壱の部屋に侵入者があった痕跡を発見します。
長谷川宗司の風景画を探していたのだと恭壱は確信します。
しかし、誰が何のために?
この絵にはどんな秘密が隠されているのか?
美術の裏の世界ということで、怪しい人物とのやりとりなど
とても面白く読むことが出来ました。

「夢見るととろ日記」ととろさん
深淵のガランスの記事もぜひどうぞ♪
もともと北森さんの作品を読んでみようと思ったのは
ととろさんのこのレビューを読んだからでした♪
面白い本を紹介してくださってありがとうございました♪ペコリ(o_ _)o))

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

まゆびさん、うさびちゃん、こんばんは

この本、「シリーズ化してほしいなあ。してくれなかたら蛇の生殺し」
と自分の感想に書いていましたが、そんなことはわすれていました。
って、続編も出てませんしね・・・・。

主人公が年下になるせいか、陶子をずいぶん「危険な女」的に書いてあったのが面白かったです。
大人の女性というのは、えてして年下からみると、危険な女になるのか(笑
おはようございます。
寒さのためなかなかネット復活できずにいるととろです(苦笑)
北森さんを読まれたのですね!ととろのかなり昔の記事へのリンクまで頂きありがとうございます。
北森さんは好きな作家の一人です。連作の達人ではないかと思ってます。ですから、作品同士のリンクも気にならずかえって楽しみでもある部分ですよね♪
最近、新刊チェックを怠っているので(っていうか本読んでない・・・)ととろもそろそろ穴(コタツ)から出ないといけないですね(笑)
只今久しぶりに北村薫さんを読んでいます♪
p.s.なほまるさん情報によればまだ続編は出ていないようですね。雑誌連載とか出来そうな作品なんだけどな(笑)
こんばんはー。まゆびさん☆
あーー。また本の紹介だわ☆しかも読んだことない作家さんの作品だわ☆しかもミステリータッチだわ☆
と来てそうそう興奮気味の私。
ほーーー。一見関係のなさそうな作品同士が繋がっていて、しかも、むふふ。これ知ってるぞ☆って思っちゃうのってなんか楽しいですよねー☆
読んでるぞ♪って感じがして。
むーーん。どんどん面白そうな作品が紹介されていて・・・。
私も偏った読み方じゃなくて、いろんな作家さんの作品が読みたいなぁと思いました☆
なほまるさん、こんばんは♪ヽ(*´∀`)ノ
>「シリーズ化してほしいなあ。してくれなかたら蛇の生殺し」
まったく同感です♪
が。。。やっぱり続編出てないのですねー。(´・ω・`)ションボリ
昨日、記事をアップしたあとで検索してみたのですが
見つけられなかったので。。。

>主人公が年下になるせいか、陶子をずいぶん「危険な女」的に書いてあったのが面白かったです。
あ、なるほど。年齢のせいか!!
私もなほまるさんと同じように、
陶子の描写が怖いイメージになっているなぁと感じていました。
他の作品とのつながりがあると、こうした楽しみがあっていいですよね♪
ととろさん、こんばんは♪(*・ω・)ノ
ほんと、毎日寒いですよねー。
私はとうとう寒さを我慢できず、
ノートパソコンをこたつまで移動してきました。
無線LANじゃないんですけど。(笑)

北森さんを読むきっかけとなったこの作品を読めてよかったです♪
>連作の達人ではないかと思ってます。
ですよね~。読めば読むほどはまっていってます。(笑)
2008年には全作品読みきりたいなぁ!!

北村薫さんを読まれているのですねー。
名前は聞いたことがあるのですが、未読の作家さんです。
また機会があったらチェックしてみようっと♪

続編出てないみたいですねー。
私も昨日検索してみたんですが、見つかりませんでした。
>雑誌連載とか出来そうな作品なんだけどな(笑)
ですよねー!!続編お願いしますー♪(笑)
enuさん、こんばんは♪(○´∀`○)ノ
北森さんの作品は本当に面白いですよー♪
>一見関係のなさそうな作品同士が繋がっていて、しかも、むふふ。これ知ってるぞ☆
そうそう!!これが本当に楽しくて♪
発見したときは嬉しいです♪(気付かなかったときもあったけど。(^^;;)
出来れば今年中に全作品を読みたいところです♪頑張ろうー♪

>私も偏った読み方じゃなくて、いろんな作家さんの作品が読みたいなぁと思いました☆
いろんな作家さんの作品を読むと世界が広がりますよー♪
ブログを始めてから、お友達の記事を読んでいろんな作家さんの作品に
触れるようになり、楽しみが増えたなぁと思います。
でもenuさんのようにはまった作家さんの本ばかりを読むというのも
楽しそうだなぁとも思いますよ。
伊坂さんとか恩田さんとか、全作品読みきりたいくらいですもの♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。