スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎さん著 『オーデュボンの祈り』を読んだよ!!

2008年11月07日
伊坂さんも全作品を読む予定!!
ということで、まずはデビュー作を借りてきました。
「オーデュボンの祈り」というタイトルはよく目にしていたのですが、
オーデュボンってなんだろう???と思っていました。
読んでみると、アメリカの鳥類研究家だそうです。"φ(・ェ・o)~メモメモ

主人公の伊藤は警察から逃げる途中で気を失ってしまいました。
気が付いたときには見知らぬ島に。。。
そこは萩島というところで、なんと今も鎖国をしているのです。
鎖国といっても外国との交流を絶つだけはなく、
基本的には島以外の住人とは交流がありません。
唯一、外の世界と行き来しているのが轟。
そして、彼が伊藤をこの島に連れてきたのでした。
この島は非常に不思議な島でした。
一番奇妙なのは、しゃべるかかしがいること!!
そのかかしは未来のことを見通すことができます。
ところが、伊藤が島に来てから数日後に、
かかしは何者かに殺されてしまいます。
一体、誰がこんなことを?
そして、かかしは自分が殺されることは
知らなかったのでしょうか?
知っていて敢えて自分の死を受け入れたのでしょうか?
伊藤は島の人たちと交流しながら、かかしの死の真相に
たどり着くことになるのです。

余談ですが、この萩島に住んでいる住人もとても変わっていました。
銃を持っていて、自分の判断で殺人を繰り返す桜。
すっごく太っているため、市場からは動けないウサギ(人の名前)。
反対のことしか言わない画家などなど。。。
とても不思議な世界観でした。



↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

メイン

トラックバックURL


トラックバック

『オーデュボンの祈り』 from 観・読・聴・験 備忘録
伊坂幸太郎 『オーデュボンの祈り』(新潮文庫)、読了。 久々の伊坂作品。人気作家はなかなか100円で見つけられないんですよね~。 さて... [Read More]

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』 from 初心者のための読書ガイド
今回は伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』です。 伊坂 幸太郎は1971年うまれ、千葉県松戸市出身。宮城県仙台市在住。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部卒。システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年に『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽?... [Read More]

- from
管理人の承認後に表示されます [Read More]

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。