スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本推理作家協会編 『不思議の足跡』を読んだよ!!

2008年11月14日
ミステリーアンソロジーです。
収録されているのは
伊坂幸太郎 吹雪に死神
石持浅海  酬い
恩田 陸  あなたの善良なる教え子より
鯨 統一郎 ナスカの地上絵の秘密
桜庭一樹  暴君
柴田よしき 隠されていたもの
朱川湊人  東京しあわせクラブ
高橋克彦  とまどい
畠中 恵  八百万
平山夢明  オペラントの肖像
松尾由美  ロボットと俳句の問題
道尾秀介  箱詰めの文字
宮部みゆき チヨ子
山田正紀  悪魔の辞典
米澤穂信  Do you love me?

好きな作家、知っている作家さんの作品が多いので
どこから読もうか悩みながら読みました。(笑)
今回はじめてだったのは、
鯨 統一郎さん、桜庭一樹さん、畠中恵さん、平山夢明さん、道尾秀介さん、山田正紀さん。
桜庭一樹さん、畠中恵さんは以前から気になっていた作家さんだったので
今回ちょっとでも触れることが出来てよかったです。
畠中恵さんの「八百万」は探偵となるのが稲荷の神様という設定でした。
神様らしくない言動が気に入りました。(笑)

鯨 統一郎さんの「ナスカの地上絵の秘密」はタイトルで分かるように
ナスカの地上絵の秘密に迫ります。
何のために描かれたのか、いろんな説がありますものねー。
私もこの謎にはすごく興味があったので、
新たな説が読めてよかったです。
鯨 統一郎さんのデビュー作は「邪馬台国はどこですか?」なのですねー。
この謎にも興味津々なので、読んでみたいリストに入れておこうと思います。


(↑amazonアソシエイトプログラムに参加しています。(*- -)(*_ _)ペコリ)

↓応援よろしくお願いします♪(*- -)(*_ _)ペコリ
banner_02.gif

スポンサーサイト

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

トラックバックURL


トラックバック

コメント

とってもご無沙汰しております。<(_ _)>
ブログ更新サボり中のshowryです(笑)
この本は以前借りて読んだ覚えがあるのですが、
すっかり忘れているような気がします。
私も好きな作家さんの作品が多いのでチョイスしたはず。
個人的には、桜庭一樹さんや道尾秀介さんの本が好きです。
特に米澤穂信さんははずせませんっ!

「ナスカの地上絵の秘密」はなんとなく読んだ覚えがあるんだよな。
また、借りてきて読んでみようかなぁ。
読書の秋ですから読書熱も上昇中の今日この頃です。
ではでは。
きょううさびは、邪馬台国は統一しなかった。
showryさん、こんばんは♪
こちらこそご無沙汰しております!!
お元気そうでよかったです♪

showryさんも既読なんですねー。
>すっかり忘れているような気がします。
私もブログで記事を書かなければ忘れてると思います。
そのとき思ったことを残しておくと後で思い出せるかなと思って
書いているんですが、どうだろう?(笑)
>個人的には、桜庭一樹さんや道尾秀介さんの本が好きです。
桜庭さん、道尾さん、米澤さんはshowryさんのおすすめと。"φ(・ェ・o)~メモメモ
米澤さんの本はどんどん読もうと思っていたのに止まってるなぁ。
同じ本を再読するというのもいいですよね!!
読むときの気分によっても感想が変わることもありますし。
私ももっともっと本読もうっと♪
邪馬台国統一って。(笑)
タイムマシンでも手に入れたのかな?

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。